諸葛孔明は本当に天才軍師だったのか調べてみた

諸葛孔明は本当に天才軍師だったのか


葛孔明といえば、中国の歴史書『三国志』に登場する天才軍師。

『三国志』は、現代日本では映画やアニメ、ゲームなどのさまざまなメディアで取り上げられているので、諸葛孔明という名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。

スポンサードリンク

おそらく私たちのイメージでは、諸葛孔明はのちに「蜀」の王となる劉備を支えた天才軍師として、軍事や政治のすべての面において、その力を発揮した人物。

そして、映画『REDCLIFFでも描かれているように、100万といわれる曹操の軍を、神がかり的な計略で打ち破った「無敵」な人物ととらえている人が多いように思う。

しかし、詳しく調べてみると『三国志』にはいくつかの種類があり、我々がよく知っている諸葛孔明のイメージは中国の明の時代、日本でいえば室町時代の頃に記された『三国志演義』という時代小説によって創られたようだ。

では、正史の三国志では、諸葛孔明はどうだったのか?

正史三国志』と『三国志演義』に書かれた諸葛孔明像について調べてみよう。

 

『三国志演義』では、諸葛孔明は「諸葛亮」という名前で登場している。

裕福な家に生まれ、学問ばかりしており、様相は顔が色白く、唇は赤みがかっており、頭巾をかぶり、羽扇を持ち、身長は185cmほどあったという。

一方『正史三国志』では「身長185cm」とあるだけで、「素性のわからぬ者」と書かれており、かなり相違がみられる。

100万の曹操軍を破った赤壁の戦いについては、『三国志演義』では「諸葛孔明の奇策をもって曹操軍を撃退した」とあり、『正史三国志』では「諸葛孔明のそれらの功績はすべて周瑜のもの」となっており、

「諸葛孔明は劉備と孫権との同盟の使者として呉にいった」

としか書かれていない。

曹操軍が撤退した原因も火計によるものではなく、曹操陣営内に疫病が蔓延し、とても戦えるような状態ではなくなり撤退したようである。

極めつけは、『正史三国志』の作者である「陳寿」の諸葛孔明に対する評価。

劉備と孫権の同盟を成立させたことでからもわかるように、政治家としての手腕は高く評価しているものの、軍事においては、

「奇計を用いず思ったような成果は出せなかった」

と手厳しい評価をしている。

つまり、諸葛孔明は、政治家としては天才的な力を発揮してはいたものの、軍事に関しては素人であったようである。

日本の戦国武将でたとえると、石田三成を想起させる。


  • 本当の諸葛孔明の姿とは?

「諸葛孔明の本当の姿」とは、どのようなものだったのだろうか。

諸葛孔明は、蜀の丞相として贅沢を一切せず、劉備が存命のうちは内政、外交面において蜀を支えていた。

しかし、蜀は僻地にあるため、深刻な人材不足に苦しみ、劉備の死後は苦手な軍事業務も兼務しなければならなくなる。

諸葛孔明は軍事には素人ながらも果敢に戦い、なんとか蜀の地を守り切ったというのが真相に近いようである。

その後、23454歳で寿命が尽き、この世を去っている。

諸葛孔明の死後、蜀は汚職など政治の腐敗が顕著になり、やがて滅亡へと突き進んでいく。

このことからも、諸葛孔明の政治家としての手腕の凄さがわかる。


  • 諸葛孔明 が作った意外なもの

諸葛孔明の意外な一面にも触れておこう。

諸葛孔明は、さまざまなものを発明しており「三国時代の発明王」としての顔があった。

代表的なものを3つ紹介しよう。

 

冬になるとコンビニにある「肉まん」

蜀軍が南方の蛮族を攻めたとき、この地域では祭壇に人の生首を置き祈祷するという習慣が当たり前に行われていたという。

それを見た諸葛孔明は、

「こんなことをするのは残酷だ」

とその儀式を禁止し、代わりに豚や羊の肉を小麦粉で包み、それを供えることにしたのである。

これが現在の肉まんの原型となったという。

 

「紙芝居

最近はあまり見られなくなったが、「絵本」としてそのルーツは受け継がれている。

諸葛孔明が蛮族を攻めたとき、蛮族の民は満足な教育を受けておらず、字を読むことができなかった。

そこで諸葛孔明は、絵を描いてそれを蛮族の民たちの教育に用いたという。

 

「天灯」(てんとう)

天灯とは、竹の骨組みに紙を貼ってそこに火を灯したもので、中国やタイなどの祭で使用されている。

skylanternrichy01-1

諸葛孔明が司馬仲達軍医に包囲された折、近くの軍に援軍を求めるため、この天灯を大量に作り通信手段として使用したのが始まりといわれている。


  • まとめ

諸葛孔明は、天才軍師ではなかったものの「天才政治家」ならびに「天才発明家」として三国時代を駆け抜けていったということがイメージできたのではないだろうか。

正史としての諸葛孔明は具体的な戦果をあげることはできなかったが、当時の魏との国力差を考えればどのような天才軍師であったとしても逆転は難しく、守ることだけでも大変なことだったのではないかと推測する。

たとえ天才軍師ではなくとも、それに準ずる働きをしたのではないだろうか。

スポンサードリンク

諸葛孔明 人間力を伸ばす7つの教え (中国ビジネス思想の源流を知る)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

相互RSS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載漫画&サイト

Twitter でフォロー

おすすめ記事

Ninja Tools

ページ上部へ戻る