投稿者の記事一覧

鈴蘭

鈴蘭

ライターをしている鈴蘭です。
自身の失敗から学んだことを記事にしたいと思います。
一緒に頑張りましょう!

  1. トマトの栽培の方法 について調べてみた

    幼稚園や小学校で植物を栽培する授業があるが、ミニトマトの栽培も盛んに行われている。それだけ育てやすい野菜ということだろう。スポンサーリンク【用意するもの】トマトの苗。苗を入れる植木鉢。ペットボトルの底などに水通し穴を…

  2. 傘袋ロケットの作り方 「ロケットの翼の役割とは何か?」

    ※イラスト Peaceful life 20「ねえパパ、ママ、翼ってなんのためにあるの?なんで…

  3. 現役中学生に聞いてみた「現代っ子に忘れ去られた昔の遊び」

    ※Σ64 - ベーゴマ(尾県郷土資料館で撮影)「中学生のコミュニケーションにはスマホが必須!…

  4. 日本人が間違いやすいネイティブ英語⑦【飲み物、お酒、食事処のサービス編】

    近年は日本にも外国人の観光客が来るようになり、「日本にいるから、英語はわからなくても大丈夫!」と…

  5. 日本人が間違いやすいネイティブ英語⑥【食べ物・アイス、飲み物編】

    「ネイティブが聞くと微妙…かもしれない英語【食べ物・アイス、飲み物編】」をまとめてみた。必ずしもお…

  6. 日本人が間違いやすいネイティブ英語⑤【食べ物・果物、おやつ編】

  7. 日本人が間違いやすいネイティブ英語④【食べ物 スープ 小麦 ナッツ編】

  8. 日本人が間違いやすいネイティブ英語③【食べ物・おかず、主食編】

  9. 日本人が間違いやすいネイティブ英語②【食べ物・野菜編】

  10. 知らなきゃ大恥!日本人が覚えておきたい英語を調べてみた【汚い言葉】

  11. 日本人が間違いやすいネイティブ英語①

おすすめ記事

新撰組誕生秘話【近藤と清河 二人の男たち】

幕末の京都を駆け抜けた熱き男たち。局長・近藤勇を筆頭とする新撰組である。誠の一文字を旗に染め…

細川忠興 「天下一気が短いと言われたイケメン武将」と美人妻ガラシャ(光秀娘)

細川忠興とは細川忠興(ほそかわ ただおき)は足利将軍家に仕えた細川藤孝の息子で、織田信長…

【国際】アルメニアとアゼルバイジャンが軍事衝突!両国が争い続ける理由とは

2020年9月27日、アルメニア軍がアゼルバイジャンのヘリコプター2機を撃墜したことをキッカケに両国…

菅原孝標女はオタク女子だった?『更級日記の作者』

菅原孝標女とは菅原孝標女(すがはらのたかすえのむすめ・1008~1059?)は、平安時代…

フリードリヒ大王(プロイセンの父)を支えた友人【カッテ】

フリードリヒ大王フリードリヒ2世、フリードリヒ大王とも呼ばれる第3代プロイセン王である。…

中国の超巨大な関羽像の建設は規定違反だった=着工から完成までの2年間、当局はノータッチ

「三国志」ゆかりの中国湖北省荊州市内に2016年にオープンした観光スポット「関公義園」内…

もう中華系だからとは言わせない!HUAWEI端末の本気

家電に詳しい人でも「HUAWEI(ファーウェイ)」の名前は聞いたことはないかもしれない。しかし、…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP