ニュース

次なるあだ名は「錯覚メガネ」…岸田首相、賃上げも定額減税も「効果が出ている」発言で批判殺到「異次元の過大評価」

Published by
SmartFLASH

写真:代表撮影/ロイター/アフロ 6月27日、岸田文雄首相は自民党の渡海紀三朗政調会長らと首相官邸で…

もっと読む

アバター

草の実堂編集部

投稿者の記事一覧

草の実学習塾、滝田吉一先生の弟子

✅ 草の実堂の記事がデジタルボイスで聴けるようになりました!

check→「聞く歴史、雑学」草の実堂ch 随時更新中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 木村拓哉、再びジャニーズ会見後のKY投稿に批判続出「ポエム進次郎…
  2. 広末涼子 W不倫の赤っ恥ラブレター流出、再婚報道まで…家族の“今…
  3. 迫力満点の「旧太平洋炭礦 炭鉱展示館」歴史を学びつつ、実際の塊炭…
  4. 北極と南極ではどっちの方が寒いのか?【地学の話】
  5. イルミナティが世界を動かす!恐るべき計画とは?!
  6. ウクライナの4発電所が損壊
  7. モトリー・クルー、新曲「Dogs Of War」のミュージック・…
  8. 人質4人救出のイスラエル軍作戦、パレスチナ人274人死亡か ガザ…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

戦国時代の驚くべき裁判方法~ 湯起請と火起請とは 【焼けた鉄を長く握れた方が勝利】

現代社会において犯罪の捜査は、科学的な手法に基づいて行われています。指紋やDNA鑑定などの科…

家康に忌み嫌われた異端児! 六男・松平忠輝 「文武に優れていたが素行が悪すぎた」前編

松平忠輝とは松平忠輝(まつだいらただてる)は、徳川家康の六男でありながら、父・家康から生…

【光る君へ】 藤原彰子に仕えた小馬命婦(清少納言の娘)〜どんな女性だった?

平安文学を代表する随筆の一つ『枕草子』。その作者として知られる清少納言には、一男一女がありました。…

「頼朝の窮地を救ったのは梶原景時だけではなかった」 熊谷次郎直実 ~前編

熊谷次郎直実とは熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期に…

『古都奈良の文化財』に選ばれなかった2つの寺院に行ってみた 「西大寺と大安寺」

「古都奈良の文化財」に選ばれなかった2つの寺院世界文化遺産の「古都奈良の文化財」の構成要素に選ば…

アーカイブ

PAGE TOP