ニュース

イルミナティが世界を動かす!恐るべき計画とは?!

フリーメイソンとともに陰謀論者によって様々な噂が語られる秘密結社「イルミナティ」。フリーメイソンのメンバーが創設したともいわれるが、1785年に解散している。

しかし、現在もイルミナティは存在し、活動を行っている話は絶えない。

F-35 初の実戦へ

 【※F-35 wikiより引用】

2018年5月22日、イスラエル国防軍のTwitterが驚きのツイートをした。

最新鋭ステルス戦闘機F-35が実戦配備され、作戦に投入されているというのだ。F-35は航空自衛隊も導入を進めているが、実戦投入されているとなれば、世界初の出来事である。ツイートによれば、イスラエルはシリア領内のイラン革命防衛隊に対し、空爆を行ったという。

イスラエル軍のノルキン少将は「(イスラエルの)F-35は、すでに中東全域を飛行し、2度の攻撃を行っている」と語り、ベイルート上空を飛行するF-35の画像も公開された。ここまでなら「史上初となるF-35の実戦」というニュースで終わるのだが、この攻撃の裏にはイルミナティの影が見え隠れする。

F-35の実戦投入により、イスラエルの対イラン空爆が現実味を帯びてきたのだが、その空中給油を行う可能性があるのが、サウジアラビアである。同国のムハンマド・ビン・サルマーン皇太子はイルミナティの傀儡と呼ばれている。つまり、一連の軍事行動にはイルミナティが関与しているというのだ。

最悪のシナリオ

【※ムハンマド・ビン・サルマーン】

サルマーン皇太子は、イランを中心とした反イルミナティ中東諸国に対抗すべく、イスラエルとの緊密な関係を築いてきた。もし、サウジアラビアが国内の空軍基地での給油、もしくは同国の空中給油を実現すれば、航続距離の短いF-35でもイランへの往復が可能となる。

一方、イランにも反撃可能な手段はある。イラン本土に配備されたばかりの巡航ミサイル「ホラムシャハル」は、イランからイスラエルまで届く射程を持った弾道・巡航ミサイルである。2017年に配備されたホラムシャハルは、射程距離2,000kmにもなり、弾頭も多弾頭型なので迎撃が困難だ。イスラエルによるイランへの空爆が、全面戦争へと発展した場合、最悪のシナリオはイスラエルによる核兵器の使用だ。イスラエルでは周辺諸国で唯一核兵器を保有しており、核ミサイルがテヘランに向けられるのも決してないとはいえない。もしそうなれば、間接的にだが、世界にイルミナティの恐ろしさを知らせることになるだろう。

サウジアラビアの暴走

では、なぜムハンマド・ビン・サルマーンがイルミナティの傀儡と呼ばれているのか。

サウジアラビアでは、2017年に王族や政府高官の汚職を徹底的に取り締まる動きがあった。一方で、イエメンの内政に介入し、軍事作戦を展開している。サウジアラビアの軍事費は世界第4位であり、軍事行動を起せば、そこに兵器の需要が生まれる。事実、対イエメンでの作戦では欧米の最新兵器が投入された。

そうした一連の動きを主導したのがムハンマド・ビン・サルマーン皇太子である。2015年に副皇太子兼国防大臣となり、2017年には現国王サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズの異母弟である前皇太子を追放する形で皇太子となった。しかし、いくら皇太子とはいえ、ムハンマド・ビン・サルマーンは若干32歳である。ここまでの権力をなぜ彼が有しているのだろうか。その影にはイルミナティの支持があったのだ。

イルミナティの恐るべき計画

イルミナティの恐るべき計画

【※サイモン・バークスのブログより引用】

そのイルミナティに関して、元ロンドン議会議員の政治家が「イルミナティは実在する」と発言した。

これまでイルミナティは、ロックフェラー、ロスチャイルド、軍産複合体の連合体といわれてきた。ムハンマド皇太子の動きは戦争を加速させ、軍産複合体を潤わせる。

同時にロシアやイランなどは反イルミナティ勢力として影響力を拡大させており、ムハンマド皇太子の行動は、彼らに対するメッセージでもあるのだ。

時に怪しげな秘密結社として噂されてきたイルミナティだが、元ロンドン議会議員(労働党)のサイモン・パークスが自身のブログでイルミナティについて言及している。

パークスによれば、イルミナティは悪魔崇拝の一派であり、200人ほどのエリートで結成されているという。しかも、彼らは地球を追放された悪魔を呼び戻す計画を進めているというのだ。

サイキック戦争

【※セルンの全景 wikiより引用】

この計画で使われたのが、スイスとフランスの国境をまたいで設置されている欧州原子核研究機構(セルン)の大型ハドロン衝突型加速器「LHC」であるという。

全周27kmもある世界最大の衝突型円型加速器は、陽子同士を衝突させ、素粒子反応を起すために使われている。このLHCでブラックホールを発生させることで、悪魔を呼び戻すというのだ。

しかも、パークスとその仲間がこの計画を阻止したという。パークスのグループはこのLHCにエネルギーを送り込み、ブラックホールの発生を阻止したのである。

世界中のメンバーが5〜6分間の瞑想を行い、イルミナティの計画を霊的に阻止した。もし、このことが事実なら、すでにイルミナティと人類を守るサイキック戦争が勃発していることになる。

[サイモン・パークスのブログ]

【サイモン・パークス インタビュー】地球外生命体 DNA活性

関連記事:秘密結社
イルミナティの陰謀※世界を裏で支配する秘密結社
【フリーメイソンの絆】自由の女神について調べてみた

関連記事:F-35
F-35(ステルス戦闘機)について調べてみた

Amazon:『秘密結社イルミナティ入会講座<初級篇> 単行本』

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. シークレットサービス 【最初の仕事は警護ではなかった?】
  2. 石北峠の通称「バケトン」について調べてみた
  3. 戦艦大和の特攻を成功させる~こうすれば沖縄に到着できた!
  4. 大勝利と大敗北・日本海軍と丁字戦法
  5. 「思い込み 」について調べてみた
  6. 風船爆弾について調べてみた【実はアメリカ本土に着弾していた】
  7. 吉田城へ行ってみた【続日本100名城】
  8. スカッドミサイルとPAC3について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

山内一豊 〜「内助の功」でも知られる遅咲きの強運な武将

「内助の功」と強運山内一豊(やまうちかつとよ)は織田信長・豊臣秀吉・徳川家康に仕えた武将で、…

ハワイ島 オーラが見える洞窟の行き方【マウナラニ】

こんにちは。ゲーハーです。現在ハワイから記事を書いています。一部で話題のハワイ島のオーラが見える…

信長の孫を救った武将・前田玄以

本能寺の変前田玄以(まえだ げんい)は、天文8年(1539年)に美濃に生まれた人物です。…

アーカイブ

PAGE TOP