今ここを見てるあなたもお金(数十万円以上)を貰えるかも

この記事は約6分で読めます。

ノンリスク&手間をかけずにお金を貰えるかも知れない裏技

台風続きですね。

それでさっそく本題ですが、ある条件を満たしている人は、一円も払わず、手間もかけず数十万以上貰える可能性があります。中には100万以上もらってる人もいます。

条件を満たしている人はこのサイトにたどり着いてラッキーかもしれません。

その条件とは

・築5年以上の戸建ての人 (マンション一室不可・賃貸はオーナー様なら可)
・自然災害特約が付いている火災保険に加入してから3年以上経過している事(共済も可)

です。

この条件に当てはまっている方は、じっくり読み進めてみてください☺

意外と知られてない火災保険の仕組み(知ってるだけでお得)

火災保険という名前からして、火事の時にしか保険はおりないというイメージです。

しかし実は台風などによる大雨や突風、雪、地震によるひび割れ、車の衝突、水漏れなど幅広く対応しています。このことを知らない方が多いため、自腹で修理なさっている方がたくさんいます

まずは、ほとんどの方が加入している火災保険で、幅広く対応できることを知ることが大切です。

保険金を申請すると平均70万円位の保険金がおります。そして申請した後に保険料が上がるということもないのです

つまり数年に一回くらいは活用したほうが良い。そして貰い損ねている人がとても多いのが事実なのです。

破損していることに気づいていない人がとても多い(受け取れることに気づいてない)

まず、火災になる確率は0.3%と言われています。

なので自分には無関係と思いがちですが、そんな方でも70%の確率で約50〜100万円の保険料を受け取り漏れしていると言われています。理由は

壊れている箇所に気づいていない

のです。

うちは火事にもなったことないし、家もどこも壊れてないから関係ないです

と、思っている方が大半です。

実は

実際に保険金が100万円以上おりたケースのほとんどが、本人が気づいていない破損箇所だったというパターンなのです。

つまり「自分には無関係」と思っているあなたが、受け取り漏れをしている可能性が高いのです。

怖いのがそのまま気づかず放置して破損の進行が進み、例えば後で雨漏りなどが起こった場合、「経年劣化」とみなされ保険金対象外となるケースがとても多いのです。

火災保険の時効は3年ですので、台風などにあった後で何も壊れてなかったからと調査せず、3年経過してしまうと、そのまま受け取り漏れとなってしまうのです。

実は保険会社に連絡をするだけでは保険金がおりてくる訳ではない

これももう一つの落とし穴です。

保険金がおりてくるには、きちんと事前準備をし、細かい報告書や被害箇所の写真、見積書等を提出する必要があるのです。

ただ、屋根に登って写真を撮ったり、報告書や見積書の作成、やり取りなどは非常に大変な作業です。しかもそれだけ手間をかけても保険金が受け取れるとは限りません。そう考えると時間と手間的なリスクが大きくなります。

ですので、専門的な知識と技術を持った業者無料調査依頼します。

無料で調査できる(保険金がおりなかった場合でも無料)

調査は無料です。

もし、保険金がおりて来なかった場合はどうなるの?

と良く聞かれますが、その場合は今回は災害を受けていなかったという事で、話自体が何もなかった話となり、交通費や調査費用等も一切ありません。

 

調査はどこの業者に頼めばいいの?

こういった火災保険サポートの業者はいくつかありますが、一番間違いないのは経済産業省にも認定されているワンズベストという会社です。

「火災保険サポートの会社は無料調査でどうやって利益を出しているの?」

と、気になる方も多いと思います。無料というのは逆に怖いと思うので仕組みを説明します。

保険金がおりた場合にサポート費用として保険金額から%で費用を受け取る仕組みです

最近だと弁護士さんが借金をしている人向けに、過払い請求の仕事をしてますよね。あれと同じ仕組みです。お客さんはお金は一円も払いませんが、弁護士さんは取り戻した過払い請求金の中から何割か報酬で受け取るのです。

家の保険の無料調査も同じ仕組みで、中には70%という会社もあります。

お客さんは実質1円も払わないとはいえ、仮に100万円おりたとして30万円しかもらえないのはもったいないですね。

ワンズベストは案件にもよりますが、30%〜50%で業界最安値です。そして年間実績1300件の業界最大手です。

調査費用含め、スタッフの交通費やもし保険がおりなかった場合でも、一切お金はかかりません

実際に私含め、私の知人もお世話になっています。スタッフも良い感じの人が多く、レスポンスも早いですよ。

3年に1度は住宅の健康診断

たとえ災害の自覚がなかったとしても、こうした仕組みを使って3年に一度は無料調査してもらうのが賢い倹約術です。

一番の理由は、

火災保険は何度申請しても費用は上がらないから

です。

特に賃貸ではなく、一戸建てのマイホームを購入している方には3年に一度の無料調査は必須といっても良いかもしれません。

身体の健康診断に例えるとわかりやすいかもしれません。定期的に家の健康診断を無料でしてもらうのです。もし悪い箇所があれば保険金がおりますし、何もなかったら無料です。ビックリするような話ですがこういったノンリスクで費用を抑える方法があるのです。

住宅の経年劣化にかかる費用を考えると、長い年月で考えるととんでもないほどお得です。

この仕組みを知っているか知らないかだけで、人生が変わってしまうくらい金額的な影響が大きいと思います。

消費税も上がりどんどん生活が苦しくなっていくこのご時世。

少しでも多くの方に、この仕組みを知ってもらえたら、私も本当に嬉しいです。

無料調査の申し込み

ワンズベストの無料調査の申し込みはこちらから行えます。

ONE'S BEST

申し込む前にもっと詳しく聞きたいという方は、私のラインにご連絡ください☺ → こちら
なるべく良い条件になるように努めますよ☺

※以下に当てはまらない方は対象外となります

1 基本的に築5年以上である事 (自然災害を受けていれば築年数は関係ありません。)
2 戸建てである事(マンション一室不可・賃貸はオーナー様 であれば申込可能です)
3 自然災害特約が付いている火災保険に加入してから3年以上経過している事(共済も可)
4 「簡易保険(郵便局またはかんぽ)」にご加入のお客様は対象外となります。

※自分が該当するかわからないという方は、申込みの際、合わせてお問い合わせください

ワンズベストについてもっと詳しく知りたい方はこちら

火災保険申請サポート|株式会社ONE'S BEST

 

タイトルとURLをコピーしました