調べてみた

戦国時代の食事について調べてみた

戦国時代の食事 について調べてみた

2013年12月、「和食」が世界遺産に登録された。

もともと高かった和食人気が世界各国でもさらに高まり、日本においても現代の和食のルーツとされる、江戸時代や戦国時代の食事が注目されるようになった。
武士の献立」や「信長のシェフ」などの映画やドラマが制作されたのも、そういった流れの表れであるといえよう。
戦国時代の人々が何を食べて生活していたか、イメージできるだろうか。

スポンサードリンク

 

当然ながら、電子レンジ、冷蔵庫、炊飯ジャー、ガスコンロなどの調理道具は存在していない。調味料も醤油がない時代である。ましてや戦ともなれば、ゆっくりと食事を作って食べることもできない。

「手当たり次第に、そこら辺にある草を食べていたのでは?」

「大河ドラマを見る限りでは、おにぎりや湯漬けと酒くらいしか思いつかない……」

といった声が聞こえてきそうである。

私もその程度のことしか思い浮かばなかったのだが、調べてみると、戦国時代の武士たちは実に多様な食材を効率よく摂っていたことがわかった。

戦国時代の武士たちの食事と、戦国時代を代表する人物・織田信長と豊臣秀吉の食卓を覗いてみよう。

戦国時代の武士たちは何を食べていたのか

戦国時代の武士は、城や屋敷で毎日食事を摂れるわけではなかったようだ。もちろん、戦ともなれば何日も家に帰ることはできない。おにぎりなどを作って行ったとしても、もってせいぜい二日三日で、保存がきかない。

武士たちは工夫を凝らした「陣中食」を食べていたのだ。
兵糧丸【ひょうろうがん】

戦国時代の食事
「兵糧丸」は、現代でいえば団子のようなもの。
小麦粉、そば粉、きな粉、すりごま、白玉粉に、酒や砂糖、適量の水を加え、ベトつかなくなるまでこねて、せいろ等で蒸し、天日干しすることで長期保存ができるようにした。

材料は大名家によってさまざま。上杉家では黒大豆や麻の実などを使うのに対し、武田家では、そば粉、梅干しの肉、ウナギの白干し、カツオ節などを原料としていた。

私もこのレシピで「兵糧丸」を作って食べてみたことがある。砂糖の甘味がきいていくつでも食べられそうな気がしたのだが、あっという間に、お腹がふくれてしまった。とても不思議な感覚であったのを覚えている。
芋の茎縄【いものずいき】

%e9%a3%9f%e4%ba%8b-2
「芋の茎縄」は、里芋の茎をかつお節や味噌などで煮込んだものを縄状にした食料。

普段は荷物などを運ぶ「縄」として使い、非常の場合に、この縄を食すことでお腹を満たしていたという。なかには「畳」がこれらの素材でできていた地域もあったといい、当時の武士たちの知恵を伺い知ることができる。 次ページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 江戸時代の職業 について調べてみた
  2. ビールの歴史 「美味しいビールは産業革命の賜物」
  3. 梅干しの歴史と効能について調べてみた
  4. トマトの栽培の方法 について調べてみた
  5. 【吉野家・松屋・すき家】三大チェーンの牛丼を食べ比べてみた
  6. ビタミンC の効能について調べてみた
  7. デパートメントHについて調べてみた
  8. 食べるだけじゃ満足できない! パクチーの育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP