IT 経済

田中角栄の逸話を調べてみた【不世出の宰相】

金権政治の象徴」と呼ばれ、ロッキード事件後も無所属衆議院議員ながら政界に大きな影響力を維持し続け「闇将軍」とまで称された男。

田中角栄(たなかかくえい/1918年(大正7年)5月4日 – 1993年(平成5年)12月16日)は没後、長いこと注目されることはなくなった。

しかし、このところ、汚名返上、名誉回復の機運が高まっている。きっかけは石原慎太郎の小説『天才』(幻冬舎、2016年1月刊)がベストセラーになったことである。田中のモノローグの形で綴られた異色の自伝的小説だ。

田中角栄

なにかと「金と政治」が問題になる中、なぜ国民は田中の魅力を知りたがるのか?

破天荒な政治家、田中角栄の逸話と魅力について調べてみた。

スポンサーリンク

政治家・田中角栄


※田中角栄

田中は、1947年4月、日本国憲法による最初の総選挙となった第23回総選挙において初当選する。ここから長い政治家人生が始まった。我々が知る「総理大臣・田中角栄」の在任期間は、1972年(昭和47年)7月6日ー1974年(昭和49年)12月9日までと、さほど長くはない。

時代的にも読者の多くが、生前の田中をリアルタイムで知る人は少ないだろう。私だって、覚えているのはロッキード事件に絡む裁判やら、田中が脳梗塞で倒れたニュースなどをぼんやり覚えているくらいだ。それでも、田中には何か惹かれるものがある。

もちろん、政治家としては表と裏、功と罪を持ち合わせた人物であったことは素人の私でも分かるが、そのネガティブなイメージを打ち消して余りあるほどのカリスマ性を持っていた。その良い例が、石原慎太郎が田中を『天才』の名で持ち上げたことだ。

石原は国会議員時代には、田中の金権選挙を批判。中華民国(台湾)と国交断絶し、中華人民共和国と国交を結ぶ『日中国交正常化』に反対し、反共を旗印に政策集団「青嵐会」を結成したほどだった。

当時の田中にしてみれば、石原は「うるさい若造」であり、石原は田中批判の急先鋒であった。

その石原ですら、後年になり田中の業績を見直した小説を出したことが、センセーショナルだったのである。次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 世界と男を翻弄したクレオパトラの真の素顔について調べてみた
  2. 日本の祝日の由来
  3. Appleはなぜ画期的な新製品を発表しないのか?!
  4. 【吉野家・松屋・すき家】三大チェーンの牛丼を食べ比べてみた
  5. 今川義元は本当に暗君だったのか調べてみた
  6. 日本のクリスマスの歴史
  7. 戦国時代の食事について調べてみた
  8. 2.26事件とはどのような事件だったのか調べてみた【昭和維新】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP