不思議

ドッペルゲンガーについて調べてみた

ドッペルゲンガー

はじめに

「ドッペルゲンガー」

みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

テレビや小説や友人との会話など、どこかしらで聞いたことがあるのではと思います。

私が友人から聞いたのは――

尿意を我慢していた男性が急いでトイレに向かうと、ひとり暮らしなのに誰かが使用している。
開けようとしているのに、中からもドアを引っ張る『誰か』がいるのだ。

誰だ、お前は。
こっちだって漏れそうなんだ!

慌てて力一杯ドアを開けると、必死にドアを開けさせまいと用を足しながらがんばる『自分自身』がいた。

――と。ちょっと間抜けな話でしたが、死の前兆と称されもする『もう一人の自分』。
実際のドッペルゲンガーとは、一体どういったものなのでしょうか。

スポンサードリンク

 

ドッペルゲンガー の語源と現象

ドッペルゲンガーとは、ドイツ語だそうです。

Doppelganger』と綴り、
「重なって歩く者」「二重身」などの意味になるそうです。

そもそもの語源は、『Doppel』。
「二重」や「生き写し」を意味する言葉で、英語でいうところの「double」(ダブル)。

生き写し、などを意味する言葉が元の語源となっていますが、「ドッペルゲンガー」となると、よく似た他人や双子を意味するものではなく、あくまで自分自身の「分身」となるようです。

もう一人の自分自身が目の前に現れる。または、同時刻に自分がいるのとは別の場所で他人に目撃される。
そういった現実的には信じ難い現象であることから、心霊現象や超常現象と考えられています。

また医学においては、『自己像幻視』という「自分の姿を見る症状」として説明されたりもしているそうです。けれどもそれだけでは、他人がその人の分身を見ることへの説明がつきません。故に医学的な説明だけでは、ドッペルゲンガーの現象を解明するのは難しいようです。

 

ドッペルゲンガーの特性

ドッペルゲンガーには、『共通点』があるといわれています。

・自分自身に関係のある場所にしか現れない。
・周りの人と会話をしない。

 

また、自分のドッペルゲンガーを見た者は「近いうちに死ぬ」とも言われ、『死の前兆』『不吉の象徴』と捉えられたりもしています。

実際に己のドッペルゲンガーを目撃し――目撃した事が原因かどうかは別としても――死に至った人々がいます。
次は、その方々のなかから何人かを紹介していきます。

 

自分のドッペルゲンガーを目撃した人々と訪れる死

エイブラハム・リンカーン

弁護士であり、アメリカ16代大統領であるリンカーン。彼は鏡越しに、死んだ自分のドッペルゲンガーを目撃したと伝えられています。リンカーンは、自身が暗殺される夢を見たことでも有名で、暗殺される当日にも、自分の暗殺の噂がないか確認したといわれています。

 

芥川龍之介

『羅生門』や『蜘蛛の糸』などを執筆した日本の文豪・芥川龍之介。遺作である『歯車』の内容から、晩年に自分のドッペルゲンガーを目撃していたのではないか、といわれています。作中には、服毒自殺を図った芥川を追い詰めていった、不気味な幻視や妄想などが描かれています。

 

エリザベス一世

イギリスの王女・エリザベス一世。彼女も死の間際、自分のドッペルゲンガーを目撃したそうです。幽霊のような自分の分身を見たと側近に話し、驚愕させたといわれています。ベッドに横たわる自分のドッペルゲンガーを目撃した後、エリザベス一世はまもなく亡くなりました。

 

モーパッサン

フランスの文豪ギ・ド・モーパッサン。彼は、作品をドッペルゲンガーに教えてもらったといわれています。モーパッサンの部屋に突如現れた自分のドッペルゲンガーは、執筆中であった彼にその物語の続きを話し出したそうです。後日、現れた己の分身が悲しみに暮れる姿を見た彼は、精神病院に入院してから一年後に亡くなりました。

 

なぜドッペルゲンガーは現れるのか

上記で紹介した事例の他にも、たくさんのドッペルゲンガーがいます。

ゲーテは自分のドッペルゲンガーだけではなく、友人の分身をも目撃していますし、フランスの教師エミリー・サジェは授業中に自分のドッペルゲンガーが現れ、生徒達によれば、彼女は自分の分身と共に授業をしたそうです。

 

ではドッペルゲンガーは、どうして現れるのでしょうか。また、その正体とは何なのでしょうか。

立証されてはいませんが、様々な説が語られています。

・己の幻覚を見る『精神疾患説』
・幽霊や幽体離脱、臨死体験に似ている事からきた『心霊現象・超常現象説』

・側頭頭頂接合部の腫瘍のより、自身の感覚が離れたように感じてしまう『脳疾患説』
・年老いた自分の目撃談がある事からきた『未来の自分説』
・異次元に存在する自分を目撃したとされる『パラレルワールド説』

などがあります。
それでも未だ、「これこそがドッペルゲンガーの正体だ」とされているものはありません。

 

私自身は、とても怖いと感じるドッペルゲンガー。
今回調べてみて、奥が深いと感じました。
またの機会がありましたら、もっと色々と調べてみたく思います。

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 口裂け女について調べてみた
  2. 死神 について調べてみた
  3. 【恋愛で悩む方への】恋愛おまじない 3選
  4. 【聖剣エクスカリバー】アーサー王伝説について調べてみた
  5. 石北峠の通称「バケトン」について調べてみた
  6. 【現代版ノアの箱舟】中性子星が地球に接近したら人類はどうする?
  7. 謎の暗号・cicada3301 について調べてみた
  8. 【謎の飛行物体X】NASAも関与する計画について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP