人物

【伝説のスパイ】 ウォルフガング・ロッツ

伝説のスパイ

【伝説のスパイ】 ウォルフガング・ロッツ

※ウォルフガング・ロッツ(וולפגנג לוץ)

ウォルフガング・ロッツ はドイツに生まれ、イギリス軍からイスラエル軍を経てイスラエルの諜報機関モサドのスパイとしてエジプトに潜入し、多くの軍事機密を入手することに成功した伝説のスパイです。

ロッツは後年に「スパイのためのハンドブック」などの著作を出版し、自らのスパイ活動の経験・体験を語った異例のスパイですが、ロッツが当時もたらした情報は中東戦争でイスラエルを勝利に導いたとされるほど重要なものであり、世界最高のスパイとも称されました。

またロッツが所属していたイスラエルの諜報機関モサドは、南米に逃亡していたナチス・ドイツのアドルフ・アイヒマンの拘束や、このロッツの活躍によって広く政界にその名を知られる諜報機関となりました。

パレスチナへの移住

ロッツはドイツのマンハイムに1921年に生まれました。母親がユダヤ人、父親はドイツ人で両親は共に演劇に携わっていたと伝えられています。

10歳の時に両親は離婚、ロッツは母親と暮らします。しかしその2年後の1933年にナチス・ドイツが政権の座に就いたことから、ユダヤ人であった母親とロッツは当時イギリスが統治していたパレスチナへと逃れました。

ロッツ母子はテルアビブに住み、その地でロッツは農業学校に進学、馬の訓練や乗馬技術を学んでいます。
ロッツは15歳の1936年に後のイスラエル国防軍の前身である、ハガナーというユダヤ人武装組織に入隊しました。

その3年後の1939年にナチス・ドイツのポーランド侵攻で第二次世界大戦が始まると、ドイツ語が堪能であったロッツはイギリス軍に迎えられ、エジプトにおいて捕虜のドイツ人の聴取などを担当しました。

軍人からスパイへ

【伝説のスパイ】 ウォルフガング・ロッツ

※イスラエル独立戦争で戦うハガナーの兵士

第二次世界大戦後にパレスチナに戻ったロッツは、再びハガナーの武器調達などに関与する生活を送り、1948年にイスラエルが独立戦争を開始するとハガナーがイスラエル国防軍となる中で、その少佐となってスエズ戦争に従軍しました。

こうしてイスラエル国防軍の軍人となったロッツでしたが、1958年に転機が訪れます。ロッツのいかにもドイツ人然とした容貌とドイツ語の堪能さに着目したイスラエル軍の諜報部アマンから、エジプトに潜入する工作員への勧誘を受けたのでした。

このオファーを受けたロッツは翌1959年に一旦当時の西ドイツに移り、そこでドイツ国籍を取得しました。同時にロッツは、元ナチス党員であり且つ元ドイツ国防軍将校で、戦後はオーストラリアで馬の飼育に従事したドイツ人ビジネスマンという経歴を持つ人物に成りすましました。

4年のエジプト潜入

※エジプト カイロ

こうして1961年ロッツはエジプト・カイロへと潜入しました。ロッツはすぐにエジプト政府の要人や軍の高官、エジプト政府が招聘していたドイツ人科学者などと接触することに成功しました。ロッツのいかにもドイツ人然とした容貌と流暢なドイツ語が狙い通りに有利に働きました。

ロッツはカイロで乗馬クラブを経営して表向きの顔を演じ、当時改組されてモサドとなったイスラエル諜報機関へ収集した情報を送りました。その内容はエジプト軍のミサイルや、空軍基地に関するもの、エジプトの兵器開発に携わっていたドイツ人のリストなど多岐に渡りました。

殊にドイツ人科学者のリストに関しては、それを元に郵便で爆弾を送り付けて兵器の開発を妨害するなどの工作が行われ効果を挙げました。しかし4年後の1965年ロッツの行為は露見し、エジプト当局に身柄を拘束されました。

逮捕と晩年

ロッツは極刑を免れるため、エジプト当局に対してユダヤ人であることだけは否定し続け、あくまでドイツ人だが資金獲得のためにイスラエルに情報を流したと証言しました。何とかこの主張が認められ死刑は回避されました。

但し終身刑が宣告され、本来であればエジプトの監獄で一生を終えるところだったロッツでしたが、3年後の1968年に人質交換で解放され、イスラエルへと帰国しました。

その後、ロッツは西ドイツやアメリカで晩年を過ごし1993年まで生きたロッツは、72歳で生涯を終えました。

 

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. エーリヒ・ハルトマン【史上最多撃墜数のドイツ空軍の黒い悪魔】
  2. 林芙美子とは 〜森光子が2000回上演し国民栄誉賞を受賞した「放…
  3. 【マイケルジャクソンも憧れた天才ダンサー】フレッド・アステア
  4. 金子みすゞ 【儚き童謡作家】の生涯について調べてみた
  5. ムッソリーニの生涯【元々はヒトラーよりカリスマだった独裁者】
  6. 松下幸之助について調べてみた【経営の神様】
  7. 小川洋子のオススメ小説「年間読書数100冊超えの筆者が選ぶ!」
  8. 24人のビリー・ミリガン【多重人格者は多数存在する】


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

染谷将太「麒麟がくる」新しい信長に喜びと責任 第八回から本格登場

俳優の染谷将太が、4作目の大河ドラマ出演となる「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時…

【楔形文字は語る】甦る メソポタミア文明

「集約的な農業と都市の発達、そしてやはり文字の発明です。この3つを重要な柱として文明は発生し、展開し…

実は完全食?!日本の餃子について調べてみた

まず日本人で餃子が嫌いという人は少ないだろう。カリッとした焼目、噛むと肉汁と野菜の旨味が口中に広…

アーカイブ

PAGE TOP