人物

24人のビリー・ミリガン【多重人格者は多数存在する】

多重人格で最も有名な人物は彼であろう。幾多もメディアに取り上げられ、出版された本はベストセラーになっている。

多重人格や二重人格はミステリーを題材とするドラマなどでもよくとりあげられるものであり、その存在を認識している人は多いだろう。

しかし同時に、多重人格は嘘であると声をあげる者も多数存在する。

24の人格を持つ ビリー・ミリガン

24人のビリー・ミリガン【多重人格者は多数存在する】

ビリー・ミリガン は1955年、アメリカ合衆国でうぶ声をあげた。彼はオハイオ州の強盗強姦事件で逮捕されたが、その後「多重人格である」と主張。裁判は多いに注目された。

1977年、ビリーが22歳の時である。彼はオハイオ州立大学内のキャンパスで、駐車場に車をとめている女性を狙って強姦した。合計三人の女性が被害にあい、ビリーは強姦と強盗の容疑で逮捕された。しかし、彼の弁護を担当していた男は、ビリーの様子が何か違うと違和感をもつと目の前の人物は「ビリーは今眠っている。俺はビリーではない」と証言し始めた。驚きながらも、弁護士は演技ではないかと彼の様子を伺った。しかし、ビリーはその後、言葉遣いや表情、癖や聞き手まで異なる明らかに別人を感じさせる人格を計23も持ち合わせていた。

通常、私たちは一つの人格であり、言葉遣いやしぐさは長年の生活で培われた物である。それゆえ、いくらベテランの女優や男優であっても、完璧に訛や方言、しぐさなどを瞬時に変えるのは難しい。それを、ビリーはやってのけるのだ。

彼はビリーという基本的人格のほかに、同性愛者である女性人格アダラナや、イギリス訛のアーサー。弁護士の目の前に座るのは確実にビリー・ミリガンその人であるのに、彼らはころころと人格を変える。その中には、年齢も性別もバラバラ。弁護士に対して攻撃的な話し方をするものもいれば、内容を理解し協力的に話をする人物もいた。

アーサー(ビリーの中の人格の一つ)は「中央に上からスポットライトがあたっていて、みんなはその周りにいる。そのスポットライトにはいると、外の世界にでていける。」と話した。アーサーはビリーの中でも中心的でリーダーのような人格で、彼の話では、「ビリーは死のうとした。それをレイゲンが止めたんだ、それ以来彼は眠っているよ」と話した。

レイゲンと話ができるか?と弁護士が聞くと、少し待ってくれといい、ビリーが眠ったかのように首をもたげると、目をつりあげ、攻撃的な口調の人物が「俺は(殺人を)やってねぇ!」と声を荒げた。さらに、指をかじりながらぽつりぽつりと拙い言葉遣いをするクリスティーンは、失読症だった。

このように、信じられないことに彼はくるくると人格を代え、弁護士の前に現れた。

ビリーの出生と人格形成

24人のビリー・ミリガン【多重人格者は多数存在する】

ビリーは養父から激しい虐待を受けていた。ビリーはそんな辛い日々の中から、自分の中に他者を作る「ごっこ遊び」を始めた。

それは、養父に反論できるような知性を備えた人物、養父に喧嘩を売れるような強い人物、か弱く守ってあげなければすぐに死んでしまうような人物、ビリーの中で生まれた小さな存在は、やがて、ビリーの主人格よりも強くなり、表象する。ビリーは時々記憶が飛んでいた。目が覚めると移動した記憶のない場所にいたり、日数が経過したりしているのだ。

記憶が飛ぶことが仕事にも影響し、彼は定職にもつけなかった。それこそが、「人格が入れ替わっている」瞬間なのだ。

ビリーには最終的に

「主となる人格ビリー、合理主義で知能の高いアーサー、乱暴者のだが情に厚いレイゲン、煙草好きで芸術が好きなアレン、喧嘩っ早いトミー、内気な少年ダニー、泣き虫なディヴィッド、失読症の少女クリスティーン、クリスティーンの兄でコックニー訛のあるクリストファー、レズビアンの女性アダラナ」以外にも、アーサーが押さえ込むことで普段表には出したくない人格として「フィル・ケヴィン・ウォルター・エイプリル・サミュエル・マーク・スティーブ・リー・ジェイスン・ボビー・ショーン・マーティン・ティモシー」がいた。

フィルはビリーが人を殺してしまった時に現れていた人格であり、犯罪を好む者、悪ふざけが過ぎる者、夢想家など一癖二癖ありすぎる人格達であった。

裁判はビリーの多重人格が認められ無罪。精神病院に収容され、後に「教師」と呼ばれる統合人格が作られ、教師を除く23の人格は、教師を中心として融合・統合された。

10年後の1988年にビリーは退院している。

多重人格と判断する根拠

実は、明確に「AとBの人格が違う」と判断する術はない。仮に、もしビリーのように23もの訛や癖や聞き手すらも違う人格をあやつれる名演者がいれば、弁護士や裁判官、医者を騙すこともできるだろう。事実、事件から数十年経った今も「ビリーは嘘」「多重人格など存在しない」と声を上げるものは多い。

しかし、ビリーだけでなく国外、そして日本でも「二重、もしくは多重」の人格を所持しているのではないかと思われる人物は存在している。その多くが、突然記憶が飛ぶ、飛んでいる間に普段の自分では考えられないようなことをしている、などを理由として精神科の門を叩いているが、医者にかかっていない者も当然いるのではないかと推測されている。

多重人格の治療

多重人格の治療は、まず全ての人格と会話することが必要であり、主人格である本人以外のサブの人格がなぜどのようにして生まれたかを聞くことが大切である。また、主人格である本人は、サブの人格があることに気づいていないことがほとんどで(記憶が飛んでいるのはわかる)サブの人格の方は主人格のことをよく知っている。

大体の場合、ビリーのように主人格を守るために形成されるのがサブ人格であり、主人格がサブがいなくても自立し生活できるようになるか、統合者・教育者と呼ばれる全てをまとめる人格を新たに作り統合させることもある。

多重人格に似ている症状で統合失調があり、幻覚や幻聴、妄想により人が変わったように暴れ狂うことがある。攻撃的になったり、幻覚や幻聴も起きるため周囲は当然驚く。

多重人格ではなくとも統合失調症も危険な症状のため、すぐに専門家のもとで治療が必要である。

まとめ

ビリーが本当に多重人格かどうかは、判断できない。しかし本人は嘘はついていないと話をしている。そして、ビリー以外にも多重人格を持つと思われる人物は多数報告されている。

もし、自分の記憶が頻繁にとび、覚えのない出来事を自分がしたと言われたら、気をつけたほうがいいかもしれない。

関連記事:
キティ・ジェノベーゼ事件【大勢見ているのに誰も助けない傍観者効果】

オススメ記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 刑務所での詳しい生活状況【職業訓練、起床消灯、炊場】
  2. サン・ジェルマン伯爵について調べてみた【不老不死?!虚言癖?!】…
  3. 天下一家の会 〜阿蘇にピラミッドを建てたネズミ講の元祖
  4. ダーウィンの「種の起源」と優生学
  5. 聖パトリックについて調べてみた【アイルランドの守護聖人】
  6. 「創造科学」とは〜 科学と名のついた疑似科学の代表
  7. 中世フランスに実在した謎の「鉄仮面の男」の正体
  8. 刑務所では本当にタバコが吸えるのか?


新着記事

おすすめ記事

大阪知事、うがい薬使用呼び掛け

新型コロナウイルスの感染が拡大する大阪府の吉村洋文知事と松井一郎大阪市長が4日の記者会見…

諸葛孔明の北伐はいかに難しかったか【祁山と登山家馬謖を考察】

北伐の鍵となった祁山とは三国志終盤の中心となる蜀の北伐だが、読んでいると「祁山」(きざん…

坂本龍馬はなぜ偉人となれたのか調べてみた【幕末の風雲児】

日本人なら誰でも知っている坂本龍馬。明治維新に多大な貢献をした偉人である。しかし、幕末の世に…

アーカイブ

PAGE TOP