オカルト

聖槍の魔力に魅せられた時の権力者たち

ロンギヌスの槍の発見

エルサレムにあるゴルゴタの丘イエス・キリストが十字架刑に処せられたこの地には、現在、聖墳墓教会が建っている。

ローマ皇帝として初めてキリスト教を公認した、コンスタンティヌスによって建てられた教会だ。

4世紀に生きたコンスタンティヌス帝は、神の啓示を受けたことでキリスト教の信奉者となったと言われている。彼は、同様に敬虔なキリスト教徒であった母ヘレナに命じ、ゴルゴタの丘で大規模な聖遺物捜索を敢行した。

この発掘で発見されたのが、キリスト処刑の際に用いられたとされる「十字架」「罪状のプレート」「聖なる釘」そして、「ロンギヌスの槍」だ。

キリストの死から300年近く経って発見されたというのは、多少信ぴょう性に欠けるのだが、真偽はともかくとして、聖槍や聖遺物がキリスト教徒や権力者達に大きな影響を与えたのは間違いない。

「聖遺物を持つ者は「正統」として扱われ、無敵の力を手に入れる。」

このような伝説がまことしやかに語られるようになった背景には、聖遺物を発見したコンスタンティヌス帝自身が、政敵との争いに勝利し、ローマ唯一の皇帝に君臨するなど、栄光を手中に収めたという歴史があったからだろう。

聖遺物の伝説は、時の権力者たちの野心を高ぶらせた。

聖槍の魔力に魅せられた時の権力者たち

権力者たちが手にした「聖槍」の秘密

ゴルゴタの丘で発見された「ロンギヌスの槍」のその後の行方について、歴史は多くを語っていない。

6世紀頃までエルサレムに保管され、巡礼者たちの信仰の対象となっていたという記録は残っているが定かではない。

では、あのヒトラーが手に入れたという「聖槍」とはなんだったのか。ここで興味深い伝説に行き当たる。

聖遺物を手に入れたコンスタンティヌス帝が、実は「ロンギヌスの槍」のコピーを作っていたというのだ。彼は、共に発掘された「3本の聖釘」のうち、1本を使って「聖槍」を複製していたと言われる。

この聖槍のコピー、いわゆる「コンスタンティヌスの槍」こそが、権力の象徴となっていくのだ。

カール大帝とコンスタンティヌスの槍

9世紀。東西教会の分裂が決定的となった頃、聖釘で作られた「コンスタンティヌスの槍」は、ローマ教皇レオ3世の手中にあった。

ビザンツ帝国と分かれ、新たな庇護者を求めていた教皇にとって、正統の証である聖槍は大きな強みとなっていただろう。

彼は、カールの戴冠で知られるフランク王カール1世に、この槍を与えることで権威を獲得する。周辺諸国への遠征によって領土を飛躍的に拡大させ、フランク王国の全盛期を築いたカール1世。

彼に絶大な力を与えたのは、コンスタンティヌスの槍だったのだろうか。

※カール大帝」(1511年 – 1513年)

聖槍を手にした権力者たち

フランク王カール1世の死後、コンスタンティヌスの槍はイングランドのサクソン王の手に渡ったとされる。

それから、イタリアを経て、ブルゴーニュのルドルフ王へと伝わり、その後、ザクセン王の初代国王ハインリッヒ1世が手中に収めると、その息子オットー1世が受け継いだ。

さらにオットー3世、カール4世のもとで魔力を宿したまま秘蔵される。

神聖ローマ皇帝など権威ある称号を持つ者だけが所有できたコンスタンティヌスの槍。あのナポレオンすら望んでも手に入れることはできなかったそうだ。

ヒトラーと聖槍

聖槍の魔力が再び歴史の表舞台へと姿を現すのは、1912年。ハプスブルク家の家宝として、ウィーンのホーフブルクに展示されたのだ。

これを目にしていたのが、若き日のアドルフ・ヒトラーである。聖槍から強い魔力を感じ取った彼は、聖槍と世界を手中に収めることを決心したのだという。それから10年も経ずして、ドイツ国内で勢力を強め、やがてはドイツ国首相に就任したことは周知の通りだ。

1938年にオーストリアを無血占領すると、ヒトラーは念願の聖槍を得たのだった。そして、ヒトラーの部下であるハインリッヒ・ヒムラーにより「聖槍の騎士団」が組織され、厳重な警備のもとに置かれるのだが、米軍の手によって奪還され、ヒトラーの死後、ホーフブルクへと戻されたという。しかし、一方で、奪還されたのは偽物で、ヒトラーが手にした聖槍は南極へと運び出されたという憶測もある。

最近行われた鑑定では、ホーフブルクに返還された聖槍には7世紀の特徴があるという結果が出ており、4世紀の「コンスタンティヌスの槍」と年代が合わないため、どこかで複製された可能性があるとする見方が濃厚となっている。

聖槍はどこに

西欧諸国を治めた権力者たちの背後には、鈍い光を放つ聖槍伝説が見え隠れしている。

現在、世界には「聖槍」が数本存在すると言われているが、本物の聖槍はどこにあるのか、真相はわかっていない。

だが、歴史を大きく動かしてきた「聖槍の魔力」だけは、確実に存在していたと言えるだろう。

関連記事:
聖槍ロンギヌスの行方を追ってみた

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

misyou

投稿者の記事一覧

misyouと申します。歴史上の人物たちを、生身の人間として捉え直した記事を書いていきたいと思っております。よろしくお願い致します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. ゾンビの科学的な研究報告 【バイオハザードが現実になる】
  2. エクソシストが足りない!ヴァチカンが養成講座を行う
  3. 天使と悪魔の存在について「貴方は信じるか!?」
  4. 封印されたフィラデルフィア実験 【駆逐艦が消えたレインボー・プロ…
  5. ラスプーチンの怪奇な能力について調べてみた【ロシアの怪僧】
  6. キアヌ・リーブスは不老不死かタイム・トラベラーか?!
  7. 虚偽記憶【現実には経験していない事を経験したかのように思い込む記…
  8. エリア51にピラミッドが存在した【ネットで拡散したその証拠】


新着記事

おすすめ記事

三国志の名門「袁家」はなぜ滅亡したのか?【袁紹の死と後継者問題】

袁紹の死と袁家の滅亡三国時代の202年、次世代の天下人と目された当代屈指の英雄、袁紹(えんし…

本当に優良な「お小遣い稼ぎアプリ」はどれか?【2019】

お小遣い稼ぎアプリ どれが本当にオススメなのか?仕事の休憩中や、電車などの移動時間、テレビのCM…

ソンムの戦い について調べてみた【世界初の戦車・実戦投入】

※イギリス軍の塹壕1916年7月1日から同11月19日までフランス北部・ピカルディ地方を…

日本三大悪女「淀殿」の壮絶な生涯【父と兄を信長に殺され、母と義理の父を秀吉に殺され、家康に滅ぼされる】

淀殿とは淀殿(よどどの)は天下人・豊臣秀吉の嫡男・豊臣秀頼を生み、豊臣家の存続のために徳…

島津斉彬と西郷隆盛の絆について調べてみた

薩摩藩内での身分は低かったものの、西郷隆盛は薩摩藩主・島津斉彬(しまづなりあきら)によって異例の抜擢…

アーカイブ

PAGE TOP