UFO,宇宙人

虚偽記憶【現実には経験していない事を経験したかのように思い込む記憶】

事実とは限らない記憶 虚偽記憶

虚偽記憶」とは現実には経験していない事象を、あたかも経験したかのように思い込んでしまった記憶の事を指す言葉です。

虚偽記憶

※エリザベス・ロフタス

この「虚偽記憶」の概念は、アメリカの認知心理学者エリザベス・ロフタスの研究で公に認知されるようになったものですが、きっかけとなったのが当時のアメリカで多発していた、幼少期の性的虐待で親を訴える裁判の多発でした。

これは1980年以後にアメリカのセラピストや心理カウンセラーなどが行った催眠療法によって、幼少の頃に性的虐待を受けた「記憶」を取り戻したとする女性が、その「記憶」を基に性的虐待を事実として主張するという、ある種の社会現象と言えるほど当時のアメリカ社会で広がりを見せた事象でした。

結果、ロフタスの研究によって被害者の訴える「記憶」というものが、必ずしも事実ではないという事が司法の場において明らかにされることになったのですが、アメリカという社会が抱える病理を象徴するものともいえました。

ショッピングモールの迷子

ロフタスは人間の「記憶」が無かったことですら事実と認識してしまうほど、不正確であることを実験で証明しました。

その実験は「ショッピングモールの迷子」と称されるもので、被験者に対して、その被験者の幼少の頃の事実に加えて「ショッピングモールで迷子になった」という虚偽の体験を混入させたところ、それを25%の被験者が事実と誤識したことを示したものでした。

これにより、人の記憶が後天的・人為的に改竄することが可能であることが司法の場においても明らかにされました。

スピリチュアルと訴訟社会

そもそも「虚偽記憶」に突き当たったアメリカの社会には、1980年代以降の精神世界・スピリチュアルな分野の隆盛が背景にありました。未だ不明確なことの多い精神領域の病理において、ある種の判り易いニーズ、何が原因なのかを心理的に解明して納得したいと思う願望がバイアスを与えていたと考えられます。

但し、実際の忌まわしい性的虐待事件も発生していた社会情勢もあり、そうした領域に自己の不調の原因を当てはめたいと考える近代社会の歪んだ欲求と、訴訟社会であるアメリカの状況が重なって生み出された事象とも言えました。

虚偽記憶の認知と異論

1990年代に入るとロフタスの研究を受けて、催眠療法によって虐待の記憶を取り戻したとして起こされた訴訟の大半は、親の側に有利な判決が下されるようになっていきました。
そうした中で、そもそも抑圧された「記憶」を取り戻そうと行われる催眠療法自体が疑問視されることになり、21世紀の現在では子が親を訴える性的虐待訴訟も影を潜めて行きました。

但し、今でもロフタスの研究には異論も投げかけられています。まず性的虐待などのトラウマと、迷子の経験という事象を同列の記憶として論じるのには無理があるとするものです。

続いて、研究結果で25%の被験者に「虚偽記憶」が生じたというものの、裏を返せば75%の人には起こらないというものです。

エイリアンアブダクションも 虚偽記憶

虚偽記憶

「抑圧された記憶」の是非について、そうした記憶の存在自体はあると考えられるものの、それが事実かどうかを立証する方法は未だ確立されていないのが現状です。正直なとことろフロイトが唱えた仮説の状態の意のままとも言えます。

興味深いのはこの「虚偽記憶」の概念を用いることで、これまたアメリカで多数報告されている「異星人からの誘拐」(エイリアンアブダクション)も説明できてしまうという点です。

最も有名なアブダクション事件、ヒル夫妻の事件も後の退行催眠によって、失われた時間とそのときに異星人の乗り物の中に拉致されたことを思い出したとされているものであり、一種の「虚偽記憶」と見做すことが出来るという訳です。

宇宙へのロマンはありませんが、現時点ではこの考え方が最もしっくりとくる合理的な解釈と言えるのではないでしょうか。

関連記事:
アイヒマンテストについて調べてみた【人間の残酷さを証明した心理実験】
スタンフォード監獄実験【実は仕組まれた実験だった?映画化もされる】

目撃者の証言: 目撃者の信ぴょう性をとりあげた本書は、人間の知覚と記憶についてのこれまでの心理学的研究に認知心理学的な理論づけをおこない、それが法律的問題とくに刑事事件の証人をめぐる捜査・公判上の正当な法の手続きにどのような意味を持つかを述べている。↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. エクソシストが足りない!ヴァチカンが養成講座を行う
  2. ルネサンス期の占星術について調べてみた
  3. 南極のUFO伝説が生まれた理由【ナチス・ドイツとネオナチの戦略】…
  4. 超古代文明の宇宙人統治説について調べてみた
  5. 封印されたフィラデルフィア実験 【駆逐艦が消えたレインボー・プロ…
  6. この地球は樹木の残骸でできていた
  7. 黒魔術の歴史について調べてみた
  8. 聖槍ロンギヌスの行方を追ってみた


新着記事

おすすめ記事

大友宗麟について調べてみた【キリシタン大名】

謎の多い 大友宗麟大友義鎮(おおともよししげ)は、大友氏第21代当主で、一般的には宗麟(そう…

足利直義について調べてみた【室町幕府の副将軍と呼ばれた弟】

南北朝時代に新たに作った武家政権である室町幕府とそれを創設した足利尊氏。尊氏には重宝していた人物が…

蜂谷頼隆 ~織田家の天下布武を支えた知られざる武将

信長の黒母衣衆 蜂谷頼隆蜂屋頼隆(はちやよりたか)は織田信長、その没後は豊臣秀吉に仕えた…

モーゼ、キリストの墓が日本にあった? 「不思議な伝承が残る日本の地」

今のようなインターネットが普及する前の時代。その土地にだけ伝えられてきた、不可思議な言い伝え…

徳川家宣・徳川家継【徳川6、7代目将軍】新井白石による政治改革

5代目将軍徳川綱吉に子供がいなかったため、弟の徳川家宣(いえのぶ)が6代目将軍に就任した。家…

アーカイブ

PAGE TOP