神話、物語

ギリシアの大神ゼウスは好色で浮気三昧だった

ギリシアの大神ゼウスは好色で浮気三昧だったタイタン神族と怪物達を打ち負かし、その支配の中の絶対王ゼウス。余裕と貫禄がそこにはある。

しかしゼウスの日常のほとんどが、女神や人間の女性関係にあった。

そこで「大神ゼウス」の女性への一風変わったアプローチと妻ヘラのジェラシーについて調べてみた。

正妻「ヘラ」には「カッコウ」で

ヘラはもともとギリシア先住民が崇拝していた女神。しかもゼウスの姉である。
ヘラは「貞淑な身持ちの固い」女性だった。その為、ヘラは当初「女好き」のゼウスを拒んでいた。しかしある日、ヘラは寒さで震えている一羽のカッコウを見つけ、可愛そうに思い抱きしめ温めていると、突然そのカッコウがゼウスに変身した。

ゼウスの「浮気癖」を知るヘラは、拒んだが・・熱心なゼウスの求婚についに折れてしまうのだった。

ゼウスのせいか、元々の性格からかヘラは嫉妬深い恐妻でも有名である。

(ゼウスとヘラの子供)

 ヘパイストス 鍛冶の神    ヘベ 青春の神
  アレス 戦いの神 エイレイテュイア 出産の神

ゼウスの最初の妻:女神メティスとアテナ誕生

ヘラの前の妻・思慮深い女神メティスはゼウスの子供を懐妊。それを知ったゼウスは、女神メティスを呑み込んでしまうのである。

というのも「この妻からは、ゼウスに変わる支配者が産まれる」と預言されていたのだった。それを恐れたゼウスだったが、激しい頭痛に襲われプロメテウスに頼み、ゼウスは頭を斧で割ってもらう・・するとその中から戦いの女神アテナが誕生したのであった。
軍神アレスは「狂暴な戦闘」を好み、一方アテナは「知恵と正義の戦い」=戦術・戦略といった知的な部分を司る神である。

テュロスの王女「エロウペ」を「牡牛」で拉致!?

ヘラと結婚した後もゼウスの「浮気癖」は変わらず、浮気を繰り返すのだった。
テュロスの王女エロウペに、警戒される事なく近づく為、ゼウスは「牡牛」に変身するのだった。

大きく美しい牡牛に化けたゼウスは、なんなくエロウペに近づき、エロウペは牡牛に乗りクレタ島まで連れて行かれてしまうのである。
そこでゼウスと結ばれ、後のクレタの王「ミノス」ら三人の息子を産んだ。

英雄ペルセウスの母:ダナエには黄金の雨!?

メドゥーサの首を切り落としたペルセウス。アントニオ・カノーヴァ作

アルゴスの王アクリシオスは「娘が産む息子に殺されるであろう」という神託を受けた為、娘ダナエを青銅の部屋に閉じ込めてしまう。

それを観ていたゼウスは彼女に恋をし、ここでも「変身」し黄金の雨になり、屋根のわずかな隙間からダナエの膝に注ぎ思いを遂げる。月満ちてダナエは男の子を出産。
神託の実現を恐れたアクリシオスは、ペルセウスと名付けられたその男の子と、妻ダナエを木箱に入れ海に流してしまうのだった。

トロイア戦争の美女ヘレネの父親もゼウスである。

水浴びをしていたスパルタ王妃レダの美しさに、ゼウスは「白鳥」に変身し、身ごもらせ生まれたのが「ヘレネ」である。

怒り心頭!!妻ヘラの仕打ち

ゼウスとヘーラー (アンニーバレ・カラッチ/画, 1597)

ゼウスの正妻ヘラ、彼女は「結婚の女神」でもあった。

大神ゼウスに仕打ちをする訳にもいかないヘラは、ゼウスの愛人達に矛先を向けるのである。

ゼウスの愛人の一人、ヘラに仕えていた女神官イオ

ヘラの視線を感じたゼウスは慌ててイオを牛に変身させる。

それを知っていたヘラは「美しい牛ですね。わたくしに下さい」とゼウスから牛(イオ)を譲り受け、百眼の巨人の元で鎖に綱がせた。ゼウスはまったく手が出せず、息子のヘルメスに頼み、百眼の巨人を笛で眠らせた。

その間に牛(イオ)は逃げようとしたがそれに気づいたヘラは、巨大アブの大群に牛(イオ)を襲わせるのである。

ゼウスはヘラに頭を下げ許しを請う。

エジプトナイルで元の姿に戻ったイオは、そこで後のエジプト王エパポスを産むのである。

デバイ王女セメレ

夫ゼウスが、デバイ王女セメレとも浮気していることに気づいたヘラは女官に化け、王女セメレに「王女様をたぶらかす為にゼウス様の名を語っている輩かもしれません。正体を確かめてみては?」と王女に告げる。王女は妻ヘラの企みとは知らずに、ゼウスに「本来の姿を見せてくれ」と告げる。

やむなくゼウスは王女セメレの目の前で「稲妻と落雷」に包まれた本来の姿を現し、王女はその力に耐えきれず焼け死んでしまうのである。

「大熊座と小熊座の由来」になったニンフのカリスト

狩猟・貞潔の女神アルテミスに純潔を誓ったカリストは、ゼウスに一方的に惚れられ犯されてしまう。
日に日に大きくなっていくカリストのお腹に気付いた女神は、誓いを破ったカリストを問答無用で森から追放する。その後、男子を出産したカリストはヘラの制裁を受け、熊に変えられてしまう。カリストが産み落とした男子は、アルカスと名付けられ母の事を知らずに成長するのである。

月日は流れアルカスは15歳になり、狩猟で森に入り大きなヒグマに出くわせる。そのヒグマは母:カリストであった。
母:カリストは、成長した自分の子の姿に嬉しくなり抱きしめようとするが、アルカスは大きなヒグマが襲ってくると槍を構える。

間一髪ゼウスが二人を天上にさらい「大熊座と小熊座」に変えたが、星座になり天上にあがった事さえ許せずにいたヘラは「この二つの星座を休ませないで!!」と、この二つの星座は、地平線に沈まず絶えず夜空に輝く事になったのである。

ヘラクレスの母 アルクメネ

ヘーラクレースを産むアルクメーネー

浮気癖のゼウスの節操のなさは、ヘラを嫉妬に狂う「鬼女」にも変えてしまう。
英雄ヘラクレスの母:アルクメネの美しさに惹かれたゼウスは夫の留守を狙い、夫に姿を変え関係を持ちアルクメネをはらませ、双子:ゼウスの子ヘラクレス・イピクレスを産むのである。

ヘラはヘラクレスの誕生を遅らせたり、生後8か月のヘラクレスに毒蛇を放ち殺そうとしたりもあったが、皮肉にもヘラの迫害の数々は逆にヘラクレスの超人的な力を見せつける場面にもなるのである。
浮気は程ほどに」・・ギリシア神話はいろんな意味であらゆる話の根源であると言えるかもしれない。

関連記事 :
ギリシア神話はあらゆるものの源泉だった
ヘラクレスはなぜあれほど強かったのか?【ギリシアの英雄】

  • follow us in feedly

総一郎

投稿者の記事一覧

細かいデータと、歴史全般が得意。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【時を止めた国】リヒテンシュタインについて調べてみた
  2. 中世フランスに実在した謎の「鉄仮面の男」の正体
  3. アメリカ合衆国独立の歴史について調べてみた
  4. スパイス&ハーブの歴史と使い方について調べてみた
  5. ヨーロッパで最も危険な男・オットー・スコルツェニー
  6. 中世の騎士について調べてみた
  7. ラスプーチンの怪奇な能力について調べてみた【ロシアの怪僧】
  8. 太陽神アポロンについて調べてみた【ギリシア神話】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

マリーアントワネットとお菓子の関係について調べてみた

マリーアントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」の名文句がフランス革命の引き…

秀吉の備中高松城水攻めについて調べてみた

天正10年(1582年)、中国地方の覇者、毛利氏の前線拠点・備中高松城を3万の軍勢で包囲した羽柴秀吉…

日本の祝日の由来

はじめに子どもの時学校が休みになる祝日や祭日は楽しみな日の1つでした。なぜなら友達とあそぶこ…

アーカイブ

PAGE TOP