日本史

本当は長いんです。昔の日本人のフルネーム【名前の由来】

本当は長いんです。昔の日本人のフルネーム

本当は長いんです。昔の日本人のフルネーム【名前の由来】

※江戸時代初期に出された朱印状 わかりづらいがハンコの中は源家康となっている

歴史を勉強するとなると否が応でも覚えなければいけないのが人の名前です。

人がいるからこそいろいろな事件が起こり、そして歴史が出来上がっているのです。しかし、昔の時代は今のように名字と名前だけではありませんでした。

そこで今回は日本人の名前について色々ご紹介して行きたいと思います。

今でこそ、日本人のフルネームは名字+名前で終わりますが、明治時代以前はその他にも氏や姓(かばね)や字(あざな)や諱(いみな)といういろいろな種類に分けられていました。

まず、ですが、この氏はその人がどこの血統出身なのかを表すもので、源平藤橘や物部や豊臣や蘇我などがこの氏に当たります。この中でも源平藤橘と豊臣氏は天皇から下賜された氏としても知られています。

しかし、時代が下り、平安時代後期になると同じ氏を名乗っている人が大量発生。人々はこれをどうにかするために自分の出身地やゆかりの地などを取って新しく区別をするようになりました。これが名字の誕生の由来です。

源氏から分裂した足利や木曽や、藤原氏から分裂した五摂家(近衛・一条・二条・九条・鷹司)などがこれに当たります。

ちなみに、氏を名乗っている人は藤原道長(ふじわらのみちなが)や源頼朝(みなもとのよりとも)の様に必ず氏の後ろに『の』をつけます。

姓というのは簡単に言えば天皇から与えられた称号みたいなものです。明治時代の時の爵位と考えるとわかりやすいかもしれません。

この姓の歴史はヤマト王権時代にまでさかのぼり、各地の豪族や権力者などが自分の地位を名乗るために名乗ったのが始まりだそうです。しかし、684年に天武天皇が八色の姓という制度を作るとこの姓の意味はほとんどなくなってしまい、ただの形式的なものになってしまいました。
例えば朝臣や宿禰や真人などが姓に当たります。しかし、ほとんどが朝臣だったそうですが。

字というのは簡単に言えば自分が名乗るニックネームみたいなものです。

元々は中国の名前の制度でしたが、時代が下るにつれて日本でも使われるようになっていきました。

例えば本多平八郎忠勝の平八郎や、木下藤吉郎秀吉の藤吉郎などがこの字に当たります。

諱(いみな)は要するに名前です。信長や家康や秀吉がこれに当たります。

しかし、この諱は明治時代以前は人を諱で呼ぶことは大変は無礼とされていました。実は諱というのは『忌み名』と書けることができ、その人の魂や人格そのものを表すものとされていました。そのため諱はその人が配下になるか、家族にならなければ絶対に言ってはいけない決まりとなっていました。
(そうなってくると戦国時代のゲームで家臣が信長様というシーンはとんでもない無礼で即刻手討ちものになってしまいますが、ゲームはゲームなので目をつぶりましょう)

そのためこの時代で人を呼ぶ時には信長の場合だったら右府様(右大臣のこと)、家康の場合だったら内府様(内大臣のこと)と呼ぶみたいにその人の官位などで呼ぶか字で呼ぶようになっています。

これを踏まえて信長の正式名称を見てみよう

本当は長いんです。昔の日本人のフルネーム【名前の由来】

※織田信長

さて名前の種類を見てきましたが、これを踏まえて正式名称を見てみましょう。

今回は皆さんご存知だと思う織田信長を例としてみます。

まずは名字の織田、そして字である三郎が続きます。三郎は信長が三男だったことと、父や祖父などが同じく三郎と名乗っていたため自分も名乗ったとされています。ちなみにここからは私の憶測ですが信長協奏曲の主人公のサブローはおそらくこの三郎からきていると思います。あくまでも憶測ですが。

次に氏ですが、信長の出身である織田家は基本的に平氏を名乗っていました。しかし最近の研究によると本当は越前国の神官の家がルーツらしく本当は平氏ではないみたいだと言われています。
さらに信長は朝臣と名乗り、そして最後に諱である信長が付きます。

これを全て合わせると信長の本名は織田三郎平朝臣信長となります。長いですね。でもこんな正式名称で名乗ることは稀で朝廷に対する場合などは平朝臣信長みたいに省略するか、官位などを使っていたそうです。

まとめ

ここでは色々な名前の種類を見てみましたが、織田信長だけではなく、いろんな戦国武将や歴史上の人物でも正式にはこのような長い名前となります。もし興味を持ったのであればいろんな人たちの正式名称を知ってもらえれば嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

右大将

投稿者の記事一覧

得意なジャンルは特に明治以降の日本史とピューリタン革命以降の世界史です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  2. 関ケ原の戦い以降の長宗我部氏と土佐について
  3. 風船爆弾について調べてみた【実はアメリカ本土に着弾していた】
  4. 大化の改新は646年? 「蘇我入鹿を排除せよ」
  5. 日本三大仇討ち(曽我兄弟の仇討、赤穂事件、鍵屋の辻の決闘) 【武…
  6. 戦国時代の女性の生活について調べてみた
  7. 戦国時代の人口について調べてみた
  8. 明智光秀の有能さと戦歴について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

トム・クルーズの人気の秘密 【なぜ衰えない?】

毎年のように新たなスターが誕生するハリウッドにおいて、トム・クルーズほどコンスタントに人気作を連発す…

源義経の伝説【剣豪であり優れた兵法家】

源義経とは源義経は兄の源頼朝の平氏打倒の挙兵に馳せ参じ、京都で木曽義仲を討ち取り、平氏と…

お子様ランチを大人が注文できない理由とは?

ファミリーレストランで子供が喜ぶメニュー、それはお子様ランチ。可愛らしいプレートに少量のライ…

「バリスタはノルウェーで生まれた」 コーヒー大国の顔を持つノルウェーのコーヒー文化

世界で最も消費されている飲料と呼ばれるコーヒーは、精神を落ち着かせたり、眠気覚ましの効果を発…

織田信長は安土城に何を求めたのか?

※織田信長戦国大名でも人気のある織田信長は、天下統一の夢を目前にして命を落とした。しかし…

アーカイブ

PAGE TOP