安土桃山時代

新説・本能寺の変について調べてみた【黒幕は誰?】

本能寺の変の実行犯が明智光秀であることについては、まったく異論はない。

しかし、今でも光秀に黒幕がいたのではないかと指摘されている。日本史上最大の裏切りの首謀者とされる明智光秀。

信長を討った下剋上の真の首謀者は誰なのか?

スポンサーリンク

分かれる黒幕説

黒幕は誰?新説・本能寺の変について調べてみた
[画像.織田信長]

黒幕説については、次のような主要な説が唱えられている。

①朝廷関与説
②足利義昭(あしかがよしあき)説
③羽柴秀吉説
④徳川家康説
⑤長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)説
⑥本願寺説
⑦高野山説
⑧堺商人説
⑨イエズス会説

現状でいえば、いずれも決定打といえる史料的な根拠がないので、いまだに定説はない。いずれも状況証拠に基づき、それぞれの論が展開されているのが実情だ。

その中で冒頭の①②は、有力な説として認知されてきたが、近年における本能寺の変の研究の進歩によって、その地位は揺らぎつつある。①については、織田信長の対朝廷政策に関する評価が大きく変化したので否定的な見解が強くなった。

他の説については、状況証拠となりうる史料的な根拠が薄弱で、なかには拡大解釈や我田引水的な解釈によって成り立っているものも少なくない。

⑨も一斉を風靡した説であるが、あまりに荒唐無稽で現在では否定されている。

したがって、それぞれの黒幕説については、史料を丹念に読み解き、慎重に検討する必要があろう。

朝廷と足利義昭説


【※足利義昭坐像】

では、もう少し具体的に検証してみることにしよう。

①の朝廷関与(黒幕)説は、これまで信長による皇位纂奪(さんだつ)とセットになって考えられてきた。つまり、信長は朝廷を圧迫し続け、その最終目標は自身が天皇になろうとしたということだ。信長が正親町(おおぎまち)天皇に子息への譲位を迫ったことなどは、根拠の一つである。しかし、当時の慣例では、天皇は早々に上皇となるのが自然だった。他の天皇を圧迫した事例も解釈が誤っており、①の説は成り立たないとされている。

②の室町幕府最後の将軍・足利義昭関与(黒幕)説は、光秀と義昭があらかじめ綿密に連絡を取って変を起したという説である。ともに信長に対して深い恨みを持っていたので、手を取り合ったということになろう。しかし、その根拠となる史料を確認すると史料解釈の誤りがあり、そのまま受け入れられない。そもそも毛利氏の庇護下にあった義昭が、なぜ毛利氏に秘密裏のまま光秀と結ぶ必要があったのか理解しがたい。

そこで、②の説も成り立たないとされている。

長宗我部元親と四国政策


【※長宗我部元親】

むしろ重要なのは、信長による四国政策の転換だ。

当初、信長は土佐の長宗我部元親に対して「四国の切り取り自由」を承認していた。光秀は配下の斎藤利三の妹を元親の妻として送り込み、同時に取り次ぎの役を担っていた。ところが、1581年(天正9年)に信長は四国政策を転換し、元親の「四国切り取り自由」を撤回したうえに、光秀の取り次ぎ役も解任した。

これにより光秀は、将来に大きな不安を抱いたと考えられる。この説は比較的良質な史料に恵まれているうえ、近年、関連資料である「石谷家文書(いしがいけもんじょ)」が発見されたこともあり、さらに進展が期待される。

光秀の謀反については、ことさら黒幕を強調する必要がないのではなろうか。光秀が謀反を起こす以前、すでに多くの大名たちが信長に反旗を翻していた点は非常に重要だ。

黒幕は誰か?


【※錦絵 本能寺焼討之図】

波多野秀治(はたのひではる)、荒木村重(むらしげ)、別所長治(べっしょながはる)らは命をかけて信長に戦いを挑んだが、結局は失敗した。

3人は毛利氏、足利氏、本願寺と結託して反旗を翻したのだが、勝利の芽はあると信じていたはずだ。

つまり、現代から見れば信長が圧倒的に強いと思うのであるが、当時の人々は必ずしもそうとは思っていなかった。本能寺の変が勃発する以前、信長の敵対勢力との戦争は各地に広がっており、信長に勝てると思って歯向う大名は存在していたのである。

光秀が何らかの意味で、信長に不満を抱いていたのは間違いない。そこに偶然、信長がわずかな従者を伴い、本能寺に宿泊することを光秀は知った。光秀は突発的に信長を襲撃したのである。

その後の光秀の行動が迷走しているところを見ると、特に計画性がなかったと考えられる。やはり、黒幕などは存在しなかったのかもしれない。

覆る信長のイメージ

信長が本能寺の変で落命したしたのは間違いない。

しかし、信長は体格的に恵まれていたとはいえなかった。1563年(永禄6年)に来日したイエズス会の宣教師ルイス・フロイスは、自著「日本史」で信長の容姿について次のように述べている。

中くらいの背丈で、華奢な体躯であり、髭は少なく、はなはだ声は快調で、極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格だった

威風堂々として威圧的な容姿のイメージを持つ信長だが、実際の体躯を知る武将の中には、その本質を見抜けずに反旗を翻したものもいたということかもしれない。

関連記事:織田信長
織田信長は安土城に何を求めたのか調べてみた
関連記事:明智光秀
明智光秀が「本能寺の変」に至った理由を考察
【戦国の聖女・明智光秀の娘】細川ガラシャについて調べてみた
明智光秀の有能さと戦歴について調べてみた

 

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 京極高次 〜光秀に味方したにも関わらず復活した大名
  2. 黒田官兵衛の股肱の臣・栗山利安
  3. 外国人から見た豊臣秀吉について調べてみた
  4. 豊臣秀次は本当に無能だったのか調べてみた
  5. 【戦国の聖女・明智光秀の娘】細川ガラシャについて調べてみた
  6. 武将にして茶人・上田重安について調べてみた
  7. 熊本城について調べてみた【天守は熊本の宝】
  8. 秀吉の備中高松城水攻めについて調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

アメリカの歴史を簡単にまとめてみた

『世界の警察』、『超大国』であるアメリカ合衆国。この異名の通り、現在ではアメリカの動き次第で世界…

「平成」の名付け親?歴代首相が師と仰いだ学者・安岡正篤

陽明学の大家安岡正篤(やすおかまさひろ)は、太平洋戦争以前から政界・財界にも多くの信奉者を集…

【王冠を捨てた恋】エドワード8世について調べてみた

離婚歴のあるアメリカ人を妻にしたイギリスの王族と言えば、2018年5月19日にメーガン・マークルと結…

アーカイブ

PAGE TOP