安土桃山時代

秀吉の天下を10年前に予測していた僧侶・安国寺恵瓊

関ケ原に敗れた 安国寺恵瓊

安国寺恵瓊

※「教導立志基三十三:羽柴秀吉」

安国寺恵瓊(あんこくじ えけい)は慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて石田三成方の西軍に与し、また時の毛利家当主・輝元を西軍の総大将として擁立した立役者とも言われています。

この戦いに敗れた恵瓊は、石田三成、小西行長と並んで京の六条河原にて斬首されその生涯を終えました。

三成や行長ら豊臣恩顧の大名と並列に処されたことからも、恵瓊自身が西軍の上位に位置づけらた存在であったとは考えられますが、大名であったか否かは意見が分かれる点となっています。

今回は通説・巷説を含めた恵瓊のこと調べてみました。

恵瓊の生い立ち

恵瓊(えけい)は、その生年も天文6年(1537年)とも天文8年(1539年)とも言われ定かではありません。

出自は甲斐の武田氏とその祖先を同じくする安芸武田氏の一族となっています。

この安芸武田家が天文10年(1541年)に毛利元就によって滅ぼされたことで、恵瓊は出家して安芸の安国寺に入り、後に京の東福寺へと移って竺雲恵心の下に学んだとされています。

としては天正2年(1574年)に安芸安国寺の住持となったことを皮切りに、東福寺、南禅寺の住持にもなっており、中央禅林の最も高い位に就くなど頂点を極めた存在と言えました。

師である恵心が毛利氏と親交深かったことから、恵瓊自身も毛利氏に仕える僧になったものと考えられています。

毛利家の外交僧

恵瓊が毛利氏の下に仕えたことは九州の大友家との関わりから見られます。

永禄11年(1568年)の大友家との合戦に恵瓊も加わり、九州の豪族らを毛利側に付ける交渉を行ったものです。

この後、元就の命を受けて京へと上り、室町将軍・足利義昭に対して大友家・浦上家・三好家との和議の斡旋交渉に従事し、三好を除く二家との和議の成立を果たしています。

※高松城水攻め(明治時代、月岡芳年画)

天正10年(1582年)には後世に水攻めとして名を残す備中高松城を巡っての毛利と羽柴秀吉の戦が起こっています。

両軍が対峙しているその最中に本能寺の変が発生、織田信長が討たれると秀吉はその事実を伏せて毛利との交渉に臨みました。

恵瓊はこの時の交渉にあたって、高松城主・清水宗治の切腹と備中・美作・伯耆の引き渡しで和睦とする案の取りまとめを行いました。

またその後、仮に和睦が不成立となって毛利家が滅亡することになった時には、小早川秀包・吉川広家の二人を秀吉の家臣として欲しいとも願い出たとされています。この時の和睦は、その両名を人質とすることで無事成立しました。

恵瓊は信長亡き後、秀吉が台頭することを予期し、自ら進んで和睦を成したとことで秀吉から高い信を得ることになりました。

恵瓊の大名説と否定説

恵瓊は、天正13年(1585年)8月に秀吉の四国征伐が終了すると、その戦いの結果、長宗我部氏に割譲させた伊予に2万3,000石の領地を拝領し、豊臣の大名に列したとされています。

続く天正14年(1586年)の九州征伐後には、更に6万石へと加増されたとされてきました。

恵瓊の貢献は大半が折衝事でしたが、続く小田原征伐では兵を率いて北条方の下田城を攻めに加わり陥落させる功を挙げています。

こうした恵瓊の豊臣政権での大名化はかつては自明の事とされていましが、先の伊予2万3,000石やその後に続く6万石を得た史料が見つかっていない点などからそれらを否定する説も出されてきています。

恵瓊と秀吉との関係性とは、ある種の雇用関係であり、地位・身分は以前毛利輝元と主従関係を結んでいたままの毛利家家臣(年寄)であると解釈する説です。

関ケ原の敗軍の将として斬首されたほどの人物ではありましが、未だこの大名説は完全なものとは断言できないようです。

恵瓊の評価

※建仁寺境内の安国寺恵瓊の首塚 wikiより

恵瓊は、天正元年(1573年)12月12日付に毛利・吉川元春家臣の児玉三右エ門、山県越前守、井上春忠に宛てた書状において信長の天下は長く続かないこと、その後には秀吉が天下を獲るであろう事を予測していたとされています。

本能寺の変の凡そ10年前の書状になるため、その慧眼に驚かされます。

そう考えるとなまじ秀吉に見いだされず、毛利の舵取りくらいで留めておくほうが正解だったもかも知れないと感じます。

但し、恵瓊が毛利を担いだ張本人として処刑されたことによって、毛利は領地を大幅に減封されつつも存続したことを考えると、主家を残した功績をもう少し評価されてもよい人物ではないかと思います。

 

  • follow us in feedly

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 信長・秀吉に仕えた早世の名武将・堀秀政
  2. 家康から秀吉に鞍替えした武将・石川数正
  3. 【二条城の会見】加藤清正の忠信について調べてみた
  4. 長宗我部氏-始まりから四国平定まで
  5. 直江兼続の才能について調べてみた【上杉景勝の重臣】
  6. 明智光秀の有能さと戦歴について調べてみた
  7. 八丈島で天寿を全うした武将・宇喜田秀家
  8. 三河武士の鑑と称された武将・鳥居元忠

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

闇の中の光明【漫画~キヒロの青春】⑥

こんばんは 人間には光が必要です。謎の電話【漫画~キヒロ…

【私怨デモ?】色々な意味で凄い自衛隊のエピソード

大規模災害の際には必ずといっていいほど自衛隊が出動する。そのため、「頼りになる」というイメージがある…

サッカーワールドカップ中継の歴史【放映権はいくらなのか?】

サッカーロシアワールドカップも盛り上がって来ました。日付が変わるころのLIVE映像を楽しまれる方もあ…

アーカイブ

PAGE TOP