安土桃山時代

石川五右衛門 〜日本で最も名の知られた大泥棒

安土桃山時代の盗賊

石川五右衛門

※石川五右衛門の処刑

石川五右衛門(いしかわごえもん)は、豊臣秀吉の治世であった安土桃山期を生きた盗賊・大泥棒として日本人の誰しもが耳にしたことのある人物ではないでしょうか。

五右衛門は文禄3年(1594年)に京都所司代を務めた豊臣政権の五奉行の一人・前田玄以の配下に捕えられて、その後 釜ゆでの刑によって京の三条河原において公開処刑されたと伝えられています。

五右衛門は京を中心とした市中において盗みを繰り返した盗賊の首魁であり、こうした数々の事件を豊臣政権下で繰り返した事から見せしめのため一族郎党を含めて処刑されたものとされています。

出自も諸説あり

五右衛門は、その知名度に比べて確かなことがほとんど分かっていない人物です。出身地からして数多くの説が唱えられており、伊賀、遠江、河内、丹波など枚挙に暇がありません。

また元々は武士であり、丹波を治めていた一色氏の家臣であったとする説、伝説の伊賀忍者・百地丹波に師事した忍者であったとする説など前身についても様々な説が存在しています。

江戸期の創作

出自も定かでない五右衛門が、今日これほどまでの知名度を誇るようになったのは江戸期における創作の為でした。

五右衛門の釜ゆでの刑での処刑という悲劇的な最期が、当時の歌舞伎浄瑠璃などの題材として使用されるうちに、段々と庶民の味方であった義賊という筋書きで語られるようになり人々の歓心を集めるようになったというものです。

徳川幕府の治世下において、幕府批判に繋がるような内容の演目は出来なかった中、かつての権力者豊臣家を向こうに回した義賊という設定が、強大な権力に立ち向かう英雄譚として当時の庶民の喝采を浴びるようになったというものでした。

五右衛門風呂の語源

石川五右衛門

※豊臣秀吉

いつしか庶民のために悪徳商人から盗みを働く義賊となった五右衛門は、さらに豊臣秀吉の暗殺を狙った英雄として描かれる事になり、伝説の人物となっいていきました。

五右衛門が秀吉の暗殺を狙ったという物語は、五右衛門の処刑がその子供や母親などの一族まで釜ゆでの刑に処されたという、苛烈な処刑方法からインスピレーションを得たフィクションだと考えられます。

因みにこの釜ゆでの刑で用いられた、竈の上部に釜をおいた形式の風呂をこれ以後五右衛門風呂と称するようになりました。

千鳥の香炉

石川五右衛門

※千鳥の香炉 :図録「香の文化」より

物語の中では、五右衛門の一味が秀吉の暗殺を狙って、大阪城の秀吉の寝室に忍び込んだ際、そこに置かれていた千鳥の香炉が鳴いて異変を知らせたことで秀吉は一命を取り留めたと描写されることがあります。

香炉とは香を焚くために用いる道具のことで、取っ手の部分が千鳥の形をしたものを秀吉は所蔵していたとされています。当然生き物ではないので、これが鳴いて異変を知らせることなど通常はあり得ないのですが、当時日本の最高権力者であった秀吉の威光はフィクションとしてこうした無機物までも従えるほどに強大なものだったという演出に使われています。

記録上の五右衛門

歴史上の資料によれば、いくつかの文献に五右衛門の処刑と思しき記述が残されています。公家であった山科言経の日記には名前は定かではないももの、20人の盗賊が京の三条河原で処刑されたことが記されています。

※林羅山(はやしらざん)

また幕府の御用学者であった林羅山が編纂した文献には石川五右衛門の名で、京都所司代の前田玄以に捕縛された盗賊が母親や、仲間20名と処刑されたことの記載があります。

義賊なのか単なる盗賊の類だったのか確かなことは不明ですが、石川五右衛門という人物が豊臣政権下の京で捕縛されて処刑されたことは、間違いのない事実のようです。

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 前田慶次について調べてみた【戦国一のかぶき者】
  2. 蘆名義広【角館城下町を築いた浮き沈みの激しい人生を生きた武将】
  3. 吉田城へ行ってみた【続日本100名城】
  4. 丹羽長秀について調べてみた【最盛期の領地は100万石を超えた大大…
  5. 蜂須賀正勝 〜豊臣秀吉の出世を支えた名脇役
  6. 豊臣埋蔵金は現代の価値に換算するといくらだったのか?
  7. 【天才か凡人か】石田三成の評価はなぜ二分するのか?
  8. 高山右近【信仰に殉じマニラに追放されたキリシタン大名】


コメント

  1. アバター
    • 名無しのダイナマイト
    • 2019年 7月 06日

    浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ

    つくづく正鵠を射てるなぁと思う。今の世を見てると

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

サン・ジェルマン伯爵について調べてみた【不老不死?!虚言癖?!】

太古から不老不死は人類の夢であった。エジプトのミイラ作りは死者の復活を信じて行われ、ハンガリーの…

柳沢吉保とは 〜藩士から15万石の大名に出世した綱吉の右腕

柳沢吉保とは生類憐みの令で知られる徳川幕府五代将軍徳川綱吉の側近として権勢を誇ったのが側用人・柳…

川口春奈、今年も花粉症の症状が出てきたことを報告「2~3日前からひどい。本当にきつい」

女優の川口春奈さんが2月20日、都内で開かれた「重症花粉症対策アンバサダー」就任イベント…

アーカイブ

PAGE TOP