幕末明治

板垣退助が率いた討幕のための武力集団・迅衝隊

板垣退助と迅衝隊

迅衝隊

※迅衝隊(前列左から伴権太夫、板垣退助(中央)、谷乙猪(少年)、山地忠七。 中列、谷神兵衛、谷干城(襟巻をして刀を持つ男性)、山田清廉、吉本平之助。 後列、片岡健吉、真辺正精、西山 榮、北村重頼、別府彦九郎)

幕末において有名な「」と言えば、長州において高杉晋作が率いた奇兵隊、土佐の坂本龍馬が組織した海援隊がよく知られていると思います。
そんな中で土佐の板垣退助が率いて戊辰戦争を戦った隊があったことはあまり知られていないようです。

その隊の名は「迅衝隊(じんしょうたい)」と言いました。

薩摩や長州に比べ、土佐藩は徳川の恩を受けて藩祖・山内一豊が興した藩でもあり、徳川への武力討伐には消極的どころか。寧ろ反対の立場でした。

そのような状況下において、板垣個人の決断で果敢に戊辰戦争を戦った迅衝隊について調べてみました。

土佐勤皇党の残党で結成

迅衝隊は、1868年(慶応4年)1月6日に結成されました。

この結成はかつて武市半平太が率いた土佐勤皇党の一員であり、罪人として土佐の獄にあった島村寿之助・安岡覚之助らを板垣が解放したことから始まりました。

二人が土佐勤皇党時代の残党を糾合して、土佐における郷士や下級武士を集めた迅衝隊を結成させたのです。

これはその3日前に鳥羽伏見の戦いで薩長軍が勝利した報せが伝わっても、尚以前幕府寄りの姿勢を崩さず藩としての出兵を逡巡していた土佐にあって、板垣が取った苦肉の策と言えるものでした。

迅衝隊 出征

板垣が迅衝隊を結成させたのには、その前年の1867年(慶応3年)5月に結ばれた薩土密約の存在がありました。

これは元土佐勤皇党であり脱藩していた中岡慎太郎の仲介により、薩摩の西郷隆盛らと土佐の板垣・谷干城らが会見を行い、薩摩と土佐とが討幕に際して共同で兵を挙げるという、ある種非公式な密約でした。

前述の通り、藩の実権を握っていた前土佐藩主・山内容堂は薩長が主導権を握る状況には歯がゆい思いを抱えながらも、武力討幕には反対であり板垣のように土佐の上士でありながら討幕を推進した人物はいない状況でした。

しかし、1868年(慶応4年)1月7日には朝廷から正式な徳川追討の勅が出され、徳川勢は「朝敵」とされました。

ここに至り、同1月13日に迅衝隊は土佐を出征、同年2月7日までは、土佐藩家老・深尾丹波が総督を勤め、その後から1870年(明治3年)11月のまで間、板垣が総督を務めました。

乾から板垣への復姓

迅衝隊は、土佐を出征した後、朝廷より同じ四国の讃岐高松藩、伊予松山藩の征討の命を受けました。朝敵となることを恐れた両藩が無抵抗だったことでこれを従えた後に上洛を果たしました。

上洛を果たした迅衝隊は、東山道先鋒総督に任じられた板垣を総督として2月14日には東山道の北上を開始しました。

この日は板垣の11代前の祖先と伝えられていた、甲斐の英雄・武田信玄の重臣・板垣信方の命日であったことから、それまで乾を名乗っていた板垣が、公家・岩倉具視の提言を受けて旧来の板垣に復姓をしたと伝えられています。

甲陽鎮撫隊を撃破

※赤熊の被り物をして敵と戦う迅衝隊

1868年(慶応4年)3月5日、板垣率いる迅衝隊は甲府城への入場を果たしました。

先の岩倉の提言の通り、甲府の民からは、かつての信玄公の遺臣が凱旋したと歓待を持って迎えられ、自主的に追討軍への参加を望む声が上がったと伝えられています。

翌3月6日には、大久保大和(旧近藤勇)が率いた甲陽鎮撫隊と干戈を交えましたが、近代的な装備に勝った迅衝隊はこれを破り、甲陽鎮撫隊を江戸へと敗走させました。

迅衝隊の解散

さらに北上を続けた迅衝隊は、会津へ侵攻して会津若松城を陥落させました。

この後迅衝隊は解散を迎えましたが、隊士らは土佐への帰郷を果たすと上士格への昇進を受けました。またもとの身分が郷士や庄屋であった者らも、維新への貢献から士族へと列されることになりました。

土佐にあって早くから武力討幕に賛同していた板垣の下で迅衝隊は成立した組織でしたが、それを構成した人物を残したことは武市半平太の大きな功績だったと感じられます。

後の自由民権運動の旗頭として有名な板垣ですが、実は軍人としての貢献もそれに負けていない人物でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 桐野利秋 〜人斬り半次郎の実像
  2. 西郷と岩倉使節団について調べてみた
  3. 榎本武揚について調べてみた【蝦夷共和国樹立から明治新政府へ】
  4. 西郷隆盛が島流しになった理由について調べてみた
  5. 日清戦争について調べてみた【近代日本初となった対外戦争】
  6. 東京がなぜ首都になったのか?その理由 【遷都ではなく奠都だった】…
  7. 岩倉具視について調べてみた【下級の出自ながら維新を牽引した公家】…
  8. トーマス・グラバー「明治維新を陰で支えた武器商人」


新着記事

おすすめ記事

二宮事件とは【呉を滅亡へと追いやった後継者争い 〜陸遜の死】

二宮事件とは中国の三国時代、222年の建国以降、呉は孫権による長期政権が続いていた。…

伊達政宗(独眼竜)が描いた「100万国の夢」

戦国時代末期、ある大名が東北の地を統一し、やがて天下に覇を唱えようとした。「独眼流」の異名を…

占いで決断【漫画~キヒロの青春】㊷

明けましておめでとうございます。昨年は読んでいただいた皆様誠にありがとうございます。今年…

「創造科学」とは〜 科学と名のついた疑似科学の代表

創世記をまるごと信奉「創造科学」はダーウィンの「種の起源」に代表される「進化論」に異議を…

毛利元就「三矢の教え」には元ネタがあった?モンゴル帝国『元朝秘史』より、類似のエピソードを紹介

中国地方を代表する戦国大名の一人・毛利元就(もうり もとなり)のエピソードと言えば、「三矢(さんし)…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP