幕末明治

西南戦争最大の激戦・田原坂・吉次峠の戦い

映画ラストサムライの世界観

田原坂・吉次峠の戦い

※西南戦争 鹿児島暴徒出陣図

西南戦争は、明治10年(1877年)の2月19日から9月24日までの凡そ7ケ月間に渡って行われた日本史上最期にして最大の内戦でした。

征韓論を巡る政争から政府を退き鹿児島に帰郷していた西郷隆盛を旗頭に、計約3万ともいわれる薩摩士族を中心とした兵が、新政府軍と九州各地で激しい戦闘に及びました。

多数の銃弾が飛び交った近代戦としても知られる戦いでしたが、最大の激戦地となった田原坂・吉次峠の戦いにおいては、集団での白兵戦が行われた最後の戦いでもありました。

正にトム・クルーズ・渡辺謙が主演したハリウッド映画「ラストサムライ」で描かれた世界観そのままに、旧来からの侍と、徴兵された正規軍による新旧兵力の対決でもありました。

加藤清正が整備した道

※田原坂付近の風景

田原坂は、現在の熊本市と玉名市とを結んでいる幅約4m、長さ約1.5kmの緩やかな坂道でした。この坂を巡って明治10年(1877年)3月に両軍の壮絶な戦闘が行われました。

このとき熊本にあった政府軍は熊本城に籠城し、西郷軍はそれを包囲していました。政府軍は北から部隊を送り熊本城を救援しようと大砲を牽引して進むことのできる田原坂へと兵を進めました。これを阻止しようとした西郷軍との間で繰り広げられた戦闘が、西南戦争最大の激戦となった「田原坂・吉次峠の戦い」でした。

この戦いでの両軍の戦死者数合計は約3500人におよび、西南戦争全体の四分の一に相当したと伝えられています。

因みに、熊本城へと続くこの坂道は、熊本城を築いた加藤清正が北からの敵の侵攻を考慮し、いざというときの防衛を容易にするために整備した道でした。期せずして西郷軍がこの利点を利用して政府軍を迎え撃つことになりました。

示現流の白兵戦

田原坂・吉次峠の戦いでは、猛烈な銃火器での撃ち合いが行われ、政府軍だけでも一日で60万発とも言われる銃弾・砲弾を放ったと言われています。銃弾の応酬によって、両軍が発射した弾丸が空中でぶつかり合うほどでした。

しかしそうした銃火器を用いた戦闘だけではなく、西郷軍が使用していた旧式の小銃は雨が降ると使用できなかった事もあり、刀を用いた大規模な白兵戦も行われました。

西郷軍は士族で構成されており、示現流を始めとする剣術の修練を積んだ武士たちの集団でした。彼らが示現流特有の甲高い声を発しながら斬り込んでくるのに対し、政府軍の兵士たちは小銃に取り付けた銃剣で立ち向かうことになりました。

しかし政府軍の兵士たちは徴兵された平民が中心であり、剣術の心得はなく軍隊で銃剣術の訓練を受けたに過ぎませんでした。このため、兵士の中に白兵戦による恐怖が蔓延し、全体の士気にも大きな影響を与えました。

警視抜刀隊の選抜

※抜刀隊を描いた浮世絵

西郷軍による白兵戦に対抗するため、政府軍では剣術の心得のある警視隊(後方支援に当たっていた実質上の治安維持・警察任務を担った隊)の中から人員を選抜し「警視抜刀隊」を臨時に編成しました。

西南戦争の実質的指揮を執った山県有朋は、徴兵制を推進した人物であり、これに逆行する士族の力・剣術を借りた隊を編成することは政府軍の在り方を否定する事にも繋がりかねないものでいた。

しかし西郷軍への対抗上、止む無くこれを許可し敵と同じく薩摩士族が多かった「警視抜刀隊」が設けられました。

西南戦争の分岐点

皮肉なことに薩摩藩士を中心として構成された警視抜刀隊は、企図した通り西郷軍との白兵戦でも譲らずに奮闘しました。

この奮闘により、最終的には装備に勝る政府軍によって西郷軍は徐々に劣勢となっていきました。
政府軍は更に別動隊を用いて田原坂を迂回、背後からの攻撃を実施して西郷軍を敗走させました。

結果的にこの戦いが分岐点となり西南戦争自体の勝敗が決することになりました。以後の西郷軍は南九州へと押し戻されて敗退を重ね、西郷の自刃へと至りました。
しかしその勝敗に大きな貢献をしたものが、政府が進めた廃刀令や徴兵制に反する「薩摩士族の剣」だったことは歴史の皮肉と言えるものでした。

 

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 伊藤博文について調べてみた【若き頃は自らもテロリスト】
  2. 新選組の強さについて調べてみた
  3. 三国干渉【日露戦争の引き金となった事件】
  4. ジョン万次郎について調べてみた【英会話は得意だが文語は苦手だった…
  5. 板垣退助が率いた討幕のための武力集団・迅衝隊
  6. 西郷隆盛が西南戦争でなぜ戦ったのか調べてみた
  7. 中岡慎太郎・最期まで坂本龍馬と共にあった志士
  8. 福沢諭吉【やせ我慢で武士の矜持を示した幕臣】瘠我慢の説


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

京都守護職 〜幕末の僅か6年だけ設置された機関

幕末の京の治安悪化京都守護職(きょうとしゅごしょく)は、幕末にあって文久2年(1862年…

百人一首の謎について調べてみた

お正月のかるた遊びでお馴染みの「百人一首」。だが、そこには様々な疑問や謎が秘められているよう…

上杉謙信 義のために戦う「川中島〜手取川の戦い」

長尾景虎(後の上杉謙信)は1530年、越後国守護代の長尾為景の四男として生まれた。長尾景虎に…

アーカイブ

PAGE TOP