幕末明治

勝海舟の維新後について調べてみた【福沢諭吉から非難されるも旧恩に報いた晩年】

忠臣か変節漢か

勝海舟

※勝海舟

勝海舟(かつかいしゅう)と言えば坂本龍馬の師であり、幕臣として西郷隆盛との歴史的な会談を成功させて江戸城の無血開城を実現した人物としてよく知られていると思います。

しかしその癖のある性格故か批判にさらされることも多く、有名なところでは福沢諭吉が大の勝嫌いであり幕臣でありながら、易々と江戸城を明け渡したことや、維新後は明治新政府に出仕したことなどを痛烈に批判されています。

幕臣としての勝は最期まで徳川幕府に忠義を尽くし、徳川慶喜の赦免に奔走した人物でもありました。そんな勝の維新後について調べて見ました。

新政府での 勝海舟

勝は慶応4年7月に水戸で謹慎していた慶喜が駿府へと移された後、新政府との折衝の窓口となりました。同年10月自らも駿府へ移ると大久保利通を介して駿府藩との交渉を担いました。

勝は明治2年(1869年)7月に新政府から外務大丞に任じられましたが翌8月には辞し、同年11月に今度は兵部大丞に任命されるも、これも翌明治3年(1870年)6月には辞しています。
明治5年(1872年)3月には新政府の要請で東京へ戻り、赤坂の氷川神社の近くに居住、この地で晩年を送ることになりました。

同年の5月には海軍大輔に任じられ、さらに翌年の明治六年政変で西郷らが下野したことで10月には海軍卿に任じられました。
しかし明治7年(1874年)に行われた台湾への出兵に抗議して出仕を拒否し、翌明治8年(1875年)4月には元老院議官へと移された後、同年11月にこれも辞して新政府を去りました。

民主主義と勝

その後枢密顧問官に推された勝は、明治21年(1888年)に開始された大日本帝国憲法制定に伴う審議に加わったものの、一言も発しなかったと伝えられています。
これは外国の憲法の焼き直しとなるのではないかという疑念を持っていた勝が伊藤博文らを中心とした作成メンバーにその意がないことに安堵したためと伝えられています。

尚、坂本龍馬にアメリカの選挙などの民主主義を伝えたとされる勝ですが、大日本帝国憲法発布前に日本国内で隆盛を極めた自由民権運動などには、あまり関心を示さなかったと伝えられており、主君である慶喜の救済に奔走した勝の忠義を考えると、イデオロギーとしての民主主義をどこまで信奉していたのか定かではありません。

勝の最期

勝はその後も慶喜の名誉回復に努め、30年を要しながらも明治31年(1898年)に明治天皇に慶喜との拝謁を実現させました。このとき慶喜は公式に赦免せれて公爵の地位を与えられ、徳川宗家と別に徳川慶喜家を新興することも許可されました。

勝は旧幕臣への支援を続ける一方で、西南戦争で逆族として生涯を終えた西郷の名誉回復にも尽力し、今の上野にある西郷の銅像の建立にも関りました。

勝は明治32年(1899年)1月、脳溢血によって倒れると享年77でそのまま息を引き取りました。

勝のアジア観

勝は日本の海軍の創始者ともいえる人物でしたが、新政府が行った初の対外戦争・日清戦争には反対していました。

清の艦隊司令長官を務めた丁汝昌が敗戦の責任をとって自決したことに追悼の意を新聞に寄せています。
そして清に勝利したことを喜ぶ向きには、安易に列強の植民地政策を真似をする日本を戒め、中国を卑下する風潮を否定すると、むしろアジアの国として共同で列強に立ち向かうことを提言していました。

その後、日本が三国干渉を受けせっかく手にしたと思った権益を失う破目になることも予測しており、その意味では西郷の思想に近かったとものと思われます。

 

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 山縣有朋について調べてみた【今までの評価は間違い?!】
  2. 岡田以蔵 ~人斬り以蔵と呼ばれた剣豪【幕末の四大人斬り】
  3. 吉田松陰は旅行のために脱藩した?松陰の東北旅行について調べてみた…
  4. ジョン万次郎について調べてみた【英会話は得意だが文語は苦手だった…
  5. 江戸幕府最後の老中「板倉勝静」と天空の城「備中松山城」
  6. 橋本佐内 ~26才で処刑された幕末の天才
  7. 前島密について調べてみた【日本郵便制度の創設者にして1円切手の肖…
  8. 大山巌 〜日露戦争で満州軍総司令官を務めた西郷隆盛の従兄弟


コメント

  1. 草の実堂管理人様お忙しいところ恐れ入ります。

    「明治維新の礎となった幕末の志士と徳川幕府に殉じた男達をご紹介!」というサイトを運営しております富樫と申します。
    この度、相互リンクをお願いしたくご連絡させていただきました。
    誠に勝手ながら、草の実堂という名前で、
    すでに下記ページに貴サイトへのリンクを掲載させて頂きました。
    https://bakumatu-shishi.com/link/link1/
    45番目に掲載しております。
    (リンク集ページを整理した場合、掲載番号に変更がある場合もございます。)

    相互リンクの許可を頂けるようでしたら下記の当サイト情報にて掲載頂けると嬉しく思います。
    加筆修正などありましたらお手数おかけしますが、
    よろしくお願い致します。

    ■当サイト情報~~~~~
    サイト名 日本のため幕府の最後をみとった「勝海舟」
    URL https://bakumatu-shishi.com/katsuhiroku/
    紹介文 明治維新を達成した志士と、幕府のために命を落とした男達を紹介します。
    ~~~~~~~~~~~~

    相互リンクをお受け頂ける際は、
    お手数ですがご一報頂けると助かります。

    以上です。
    ご多忙中恐れ入りますが、ご対応の程よろしくお願いします。
    ※サイトデザインも未熟なサイトですが記事はちゃんとしておりますので、
      是非、ご覧いただければと思います。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    サイト管理人:富樫
    サイト:https://bakumatu-shishi.com/
    メール:kirinkirin36590@gmail.com

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

緊急事態宣言に「京都追加」政府に要請と発表 新型コロナ感染拡大で、府知事と京都市長が会見

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都府の西脇隆俊知事と京都市の門川大作市長は10日午…

西洋魔術について調べてみた【オガム・ルーン】

呪文を唱えた直後に放たれる火球。稲妻が襲い掛かり、大地を凍らせる。西洋魔法は、このようにファンタ…

満洲国について調べてみた

日本が1932年に作った国である満洲国。しかしその国は実際どんな国だったということは、あまり詳し…

アーカイブ

PAGE TOP