幕末明治

竹橋事件【太平洋戦後まで秘匿されていた知られざる反乱】

西南戦争直後の反乱 竹橋事件

竹橋事件

事件の発端となった近衛砲兵大隊の将校ら。左より6人目宇都宮少佐、3人目深沢大尉

竹橋事件西南戦争の翌年、明治11年(1878年)の8月に起こった大日本帝国陸軍の近衛兵による反乱事件です。

陸軍における最初の反乱事件でしたが、皇居を守る立場にあった近衛砲兵大隊の竹橋部隊が起こした不名誉な事件であったことから、太平洋戦争後まで真相は公にされてませんでした。

この反乱に加わった兵士は259名に及び、その兵の内の55名が処刑されました。

この事件を契機として陸軍内部に兵を取り締まる憲兵や、皇居を守るために皇宮警察が設置されることになりました。
また軍においては兵士の心構えを定めた軍人勅諭が下賜されるなど、最大の内戦であった西南戦争を終えたばかりの政府にとってこの事件の衝撃の大きさが分かります

二時間半の反乱

反乱は1878年(明治11年)8月23日の午後11時頃、近衛砲兵大隊竹橋部隊を中核とした兵259名が山砲2門を持ち出して決起、これを聞きつけて現れた大隊長の宇都宮茂敏少佐と深沢巳吉大尉を殺害して始まりました。

すぐに近衛歩兵第1、第2連隊が鎮圧に出動し、反乱軍との銃撃戦が展開されました。このとき反乱軍は時の大蔵卿であった大隈重信の邸へも銃撃を行い、周辺の住居へ放火を実行しました。

この後約1時間に渡って銃撃戦が展開され鎮圧軍は2名が死亡、4名が負傷しましたが、反乱軍も6人が死亡し、70名以上が捕縛されました。

反乱軍は午後12時頃には弾薬が底をつき始め、天皇のいる赤坂仮皇居に集まってくる政府要人を拉致しようと試みましたが、20数名が鎮圧軍の説得によって投降しました。

残った94名の反乱軍は赤坂離宮の正門にて「嘆願の趣きあり」 と声を挙げたと伝えられています。

正門の警備にあたっていた近衛歩兵隊が反乱軍を阻み、投降を呼びかけると決起の失敗を悟ったリーダー格の兵士・大久保忠八が銃で自決して果てました。
これを最期に残りの反乱軍全員が午前1時30分に投降して、蜂起からわずか2時間半で鎮圧されました。

反乱の原因

竹橋事件が起こった理由は大きく3つの原因があったとされています。

先ず第1の原因は、近衛砲兵の給料でした。これは近衛砲兵は本来は他の兵より良い給料だったものが、懐具合が厳しかった政府によって彼ら近衛砲兵の給料が減俸に処された為でした。
第2の原因は、前年の西南戦争に際して最大の激戦となった田原坂の戦いの勝利に貢献したにも拘らず、他の部隊にあった報償が、近衛砲兵隊になかったことでした。

しかしこれは、地方から順に報償が実施されていて中央の部隊への報償が後になっていただけで実際に予定がなかった訳ではありませんでした。しかし薩長以外の出身者が多かった近衛砲兵の間ではその被害者意識も少なからず影響を与えたと考られています。

最期の3つ目の原因は、徴兵制度でした。近衛砲兵の多くが農家の長男以外の男子で幕末には志願して兵隊になった者が多かったにも関わらず、以後は長男であろうと無理やり兵隊にさせられる制度が導入されたことへの不満でした。

軍人勅諭

竹橋事件がその成立のきっかけとなった軍人勅諭は、1882年(明治15年)1月4日に明治天皇が下賜しました。西周が原文を起草したものに修正が加えられて作られたと伝えられています。軍人としての精神的な在り方を示した勅諭でしたが陸軍と海軍とではその扱いに温度差もあったようです。

陸軍では兵は軍人勅諭を丸暗記することが求められたのに対し、海軍ではその精神を理解することを基本としたと伝えられています。

こうした面にも英米の影響が強かった海軍と陸軍との気風の違いが感じられるます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 大政奉還の裏側について調べてみた【徳川慶喜の切り札とは?】
  2. 大津事件と児島惟謙 【日本の警察官によるロシア皇太子への暗殺未遂…
  3. 三国干渉【日露戦争の引き金となった事件】
  4. 高橋是清 ~日本のケインズと呼ばれた金融の天才【無一文エピソード…
  5. ヨーロッパピクニック事件とは【ベルリンの壁崩壊に影響を与えた亡命…
  6. 函館の五稜郭を造った男・武田斐三郎
  7. イザベラ・バードが記した明治時代のリアルな「日本奥地紀行」
  8. 大山巌 〜日露戦争で満州軍総司令官を務めた西郷隆盛の従兄弟


新着記事

おすすめ記事

共謀罪 を分かりやすく解説

2017年6月15日未明、参議院本会議においてある法案が成立した。「テロ等準備罪」を新設する…

千利休・天下一の茶人 【なぜ秀吉に切腹させられたのか?様々な説】

千利休とは千利休(せんのりきゅう)は戦国時代に「侘び茶(わびちゃ)」を大成し「天下一の茶…

長宗我部氏-始まりから四国平定まで

1. はじめに土佐の戦国大名で知られている長宗我部氏について取り上げる。ここでは、最初に…

「慰安婦」めぐるハーバード大のラムザイヤー論文、撤回を求める声相次ぐ。国際的に波紋

ハーバード大ロースクールのJ・マーク・ラムザイヤー教授が書いた「慰安婦」についての論文が国際的に波紋…

歴史の壁にもぶつかっていく「ぶつキャリ」。セイコーウオッチ髙橋美名さんの働き方

取材・文:井田愛莉寿(マイナビウーマン編集部)撮影:洞澤佐智子 今から26年前、働く女性のために作ら…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP