幕末明治

滅びゆく徳川幕府に殉じた忠臣・川路聖謨(かわじとしあきら)

壮絶な自決

川路聖謨

※川路聖謨

川路聖謨(かわじとしあきら)は、江戸時代末期の幕臣であり低い身分から御家人、旗本となって様々な奉行職を歴任した人物でした。

川路は幕末にあって長崎へと来航したロシアのプチャーチンとの交渉にあたり、日露和親条約の締結を通じてロシア側からもその人望を評価されたと伝えられています。
川路はその生涯を壮絶な自決で閉じた人物でもありました。奇しくもその日は慶応4年(1868年)3月15日で、新政府軍による江戸への総攻撃が予定されていた日でした。

既に病床にあった川路の自決は、戦の足手まといになることを嫌った為とも、滅びゆく幕府に殉じた為とも言われており理由は定かではありませんが、割腹の上、拳銃を用いたものと伝えられています。

仙石騒動で立身

川路は享和元年(1801年)に天領であった豊後の日田で父・内藤吉兵衛の長男として生まれました。父の吉兵衛は日田の代官所で務めた後に江戸に上り、幕臣である「御徒(おかち)」株を得て幕臣の内藤家に入った人物でした。

その後川路は、文化9年(1812年)に同じく下級の幕臣であった川路家へ養子として入りました。その5年後の文化14年(1817年)、川路は勘定奉行所の下級の資格試験であった筆算吟味に受かると、翌文政元年(1818年)に勘定奉行所の下級幕吏へと登用されました。

その後川路は支配勘定役から御勘定役に昇進して幕府の旗本となりました。次いで寺社奉行吟味物調役に任じられていた際に、出石藩のお家騒動であった仙石騒動の処置を担当しました。その一件の顛末によって課題の処理能力を評価された川路は勘定吟味役への抜擢を受けました。

以後川路は、佐渡奉行、小普請奉行、普請奉行を歴任して幕閣に重きをなす人物となっていきました。

勘定奉行への就任

川路は、嘉永5年(1852年)の52歳の時に勘定奉行に任じられると、兼任で海防掛も担当することになりました。こうして幕末の難しい時期に国際間の条約を預かる立場となりました。

その出自から最下級の役人として出仕して3000石格の勘定奉行までに上り詰めた川路の才は窺えますが、世襲による役職への登用が多かった時代にあって、ここまで昇進したことは稀有な例と考えられます。

※プチャーチン Putyatin

翌嘉永6年(1853年)に浦賀にアメリカのペリーが来航した後、今度は長崎にロシアのプチャーチンが来航しました。この対応に幕府は条約交渉の代表として川路を派遣しました。

日露和親条約と左遷

川路は、翌年の嘉永7年(1853年)に伊豆の下田においてプチャーチンと日露和親条約を締結しました。

このときの条約でも日露両国の国境をどこにするかという問題が浮上し、エトロフ島とウルップ島との間を国境としました。今も日本政府はこの締結日である2月7日を「北方領土の日」と制定して川路の功績を顕彰しています。

川路は幕臣として外国の事情に明るい開明的な数少ない人物でしたが、幕末の政治状況の中で将軍の継嗣問題に際して、一橋慶喜(後の徳川慶喜)を推す一橋派に与したため、大老に就任した井伊直弼から疎んじられて、安政の大獄によって閑職への左遷を余儀なくされました。

川路聖謨 の最期

川路は、文久3年(1863年)に再度外国奉行と勘定奉行を命じられましたが、力を失いつつあった幕府の中で思うに任せず、また体調の悪化もあってか半年も経ずに辞任しました。

その後にすぐに中風で倒れると以後政に関与することはありませんでした。

そして慶応4年(1868年)3月15日、江戸城の無血開城を迎えた日に川路は自宅にて自刃して果てました。享年68でした。

 

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 三国干渉【日露戦争の引き金となった事件】
  2. 阿部正弘【25才で開国に踏み切った若き老中】
  3. 玄洋社について調べてみた【大アジア主義を唱えた政治結社の草分け】…
  4. 賛否両論の明治の汚職政治家・井上馨
  5. 大久保利通について調べてみた【西郷どんの盟友】
  6. 岩倉具視について調べてみた【下級の出自ながら維新を牽引した公家】…
  7. 新撰組誕生秘話【近藤と清河 二人の男たち】
  8. 福沢諭吉【やせ我慢で武士の矜持を示した幕臣】瘠我慢の説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

小田原城の歴史について調べてみた

神奈川県の西部に位置する小田原は、戦国時代には南関東一円を支配する北条家の拠点であった。その中心が小…

日本陸軍の創始者・大村益次郎

大村益次郎 の生い立ち大村益次郎(おおむらますじろう)は「日本陸軍の創始者」とも言われ、靖国…

中世フランスに実在した謎の「鉄仮面の男」の正体

鉄仮面は、アレクサンドル・デュマ原作の小説「三銃士」の続編にも登場する不思議な人物ですが、ルイ1…

アーカイブ

PAGE TOP