戦国時代

戦国大名はどのようにして生まれていったのか?【5つのパターンを検証】

そもそも戦国大名とは?

戦国大名はどのようにして生まれていったのか?【5つのパターンを検証】

1570年代の勢力図 wikiより引用

戦国大名とは応仁の乱の後に、守護大名などの領主を倒して領地を得たり、自ら国人などをまとめてなった大名のことです。
戦国大名たちは国人の家臣化、分国法などの法律の制定、さらに領地の発展のために検地や城下町の建設や商人の保護などを行い、領国の拡大を求め激烈な戦いを繰り広げていました。

ケース1 守護代が戦国大名になるパターン

これが戦国大名の半分占めているといってもいいほどスタンダードなパターンです。

元々戦国時代に入ったきっかけが、守護大名が応仁の乱で京都にて戦っているときに、その守護大名が統治していた領国の管理をしていた守護代が勝手に独立して領地化したからです。

守護代から戦国大名になったパターンは、朝倉家、織田家、長尾家、浦上家などです。

朝倉家7代目朝倉孝景(英林)斯波氏を倒して越前を領国化した

ケース2 農民や商人や家臣から戦国大名になるパターン

おそらく戦国大名といえばこれだと思います。いわゆる真の下剋上みたいなものですね。

※北条早雲

主な例は農民から信長の家臣となって最終的には天下統一を果たした豊臣秀吉、幕府の一官吏から伊豆と相模の大名となった北条早雲(伊勢新九郎盛時)、敵をなりふり構わず暗殺して最終的には備前の大名となった宇喜多直家、油売りから美濃の大名となった斎藤道三などなど。非常に濃いメンツが揃っています。

ケース3 守護大名がそのまま戦国大名になるパターン

※島津忠久(島津氏の祖)

守護代による下剋上。だがしかし守護大名だって黙って見てるわけにもいきませんよね。

守護代や国人の下剋上によって倒されていく守護大名がいる一方で、なんとかして守護代や国人らを押さえつけて守護大名から戦国大名へと変わっていった家がありました。

守護大名から戦国大名となったパターンは、島津家、南部家、伊達家、甲州武田家、大友家などがいます。

その中でも島津家と南部家は鎌倉時代から幕末までの700年間その領土を保持しており、さらに島津家は最後の最後の幕末で大活躍するのだからすごいものです。

ケース4 国人が戦国大名になるパターン

※毛利元就

室町時代以前では守護大名ほど勢力はないものの、一応の領地を持っている国人という人たちがいました。

この人たちはのちに大名の家臣になっていくのが大半でしたが、戦国時代に入ると急激に勢力を伸ばして戦国大名となる家もありました。
国人から戦国大名になった例は毛利家、長宗我部家、龍造寺家などです。

ケース5 特殊なパターン

なんでもありの戦国時代。もちろん特殊な例も色々ありました。

例えば一向一揆。加賀国は元々の守護に富樫家がいましたが、その家督争いに乗じて一向宗の信徒たちが国を乗っ取り自治をし始めます。

これ以降加賀は『百姓の持ちたる国』と言われるようになり、また1573年の朝倉家滅亡の後には、これまた混乱に乗じて越前を占領したりして大暴れしていました。

他にも元朝廷でも指折りのトップクラスの公家であった一条家出身の一条教房が、応仁の乱の時に荘園があった土佐に逃げ、そこに土着した子孫が土佐一条家として戦国大名になっていたこともありました。

このように戦乱の世では、様々な理由で多くの大名が生まれ、覇を争うようになっていったのです。

右大将

投稿者の記事一覧

得意なジャンルは特に明治以降の日本史とピューリタン革命以降の世界史です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 村上武吉と村上水軍について調べてみた【海の関ヶ原】
  2. 浜松城へ行ってみた【続日本100名城】
  3. 山県昌景【元祖赤備えを率いた最強武将】
  4. 戦国武将に影武者はいたのか調べてみた
  5. 外国人から見た戦国末期から江戸時代の日本
  6. 長篠城へ行ってみた【日本100名城】
  7. 丹羽長秀について調べてみた【最盛期の領地は100万石を超えた大大…
  8. 陶晴賢(すえはるたか)下克上で主君を倒すも毛利に敗れた武将

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

本当に「平家物語」は平家の怨霊を慰めるためにつくられたのか?

「『平家物語』は平家の怨霊を慰めるためにつくられた」というような話を聞いたことがある。これは果た…

源氏物語は本当に紫式部が書いたのか?

※紫式部(菊池容斎『前賢故実』)wikiよりはじめに諸君は「源氏物語」を原文で五十四帖すべて…

グランピングについて調べてみた【おすすめグランピングスポット4選】

日本でも徐々に人気が高まっているグランピングですが、やっぱり豪華な設備と食事、サービスなどを考えると…

アーカイブ

PAGE TOP