戦国時代

一向一揆はなぜ強かったのか? 調べてみた

一向一揆はなんで強かったのか?

※家康を苦しめた三河一向一揆

いろんな戦国大名が群雄割拠していた戦国時代。

しかし、戦国大名が一番恐れていたのは戦国大名ではなく、浄土真宗本願寺教団によって組織された一向一揆 の存在でした。

今回はそんな一向一揆がなんで強かったのかを見てみましょう。

信仰している人が多すぎる

まず、一向一揆のやばいところは、この頃に浄土真宗を信仰していた人がかなり多かったことです。

信仰している人が多い=一向一揆をする人も多い

と言えるため、一向一揆に参加する人が尋常じゃないぐらいの量だったのです。

例えば朝倉軍と一向宗が戦った時には一説によると10万、さらには30万にも及ぶ軍勢が攻めてきたという記録も残っているぐらいです。
信長を苦しめた長島一向一揆の時でも10万人以上の一向一揆軍の人たちが籠城していたのですから、戦国大名からすれば恐怖に他ならないことだったでしょう。

「しかし農民でしょ?簡単に潰せる潰せる」と思ったそこの君。

残念ながら戦国時代初期の兵士はだいたい農民です。そのため戦に慣れている人がかなり多く、それをまとめる武将はいないものの、個人の戦闘となれば結構互角に渡り合えることができます。

さらに一向一揆を潰しても所詮は一揆。

つまり例え一揆を鎮圧したところで所領も増えることはありませんし、さらに言えば自国内で起きた場合だと自国の領民を殺したことになるため、一向一揆は戦国大名からすれば超厄介な存在だったのです。

本願寺の圧倒的な財力

一向一揆はなんで強かったのか?

※本願寺顕如

一向一揆が強かった一つの理由に、浄土真宗の総本山である石山本願寺の財力が莫大なものだったことがあります。

まず、浄土真宗は宗教団体ですので全国の信仰者から莫大なお布施が届きます。これだけでもやばいですが、さらに石山本願寺の本拠地が当時栄えていた堺と京都の間にある門前町だったため、そこからも大量の財源が入ってきます。

そのため、本願寺は大量の武器を購入することができ、さらに言えば石山本願寺は、毛利家や本願寺顕如と親戚関係にある武田家などの有力大名から大量の兵糧が送られてくるため、持久戦も耐えれました。圧倒的な財力によって本願寺は支えられていたのです。

死んでも構わないという姿勢

一向一揆が強かった最大の理由と言ったら、何と言っても

「死んだら極楽浄土に行ける」

と思っているので死んだって構わないと思う人がたくさんいたためです。これが一向一揆が恐れられていた最大の理由と言えるでしょう。

人というのは恐ろしいもので、自分の人生を賭けるぐらいに思想にのめり込めば、人を殺してもなんとも思わなくなるのです。

例えばオウム真理教の信者たちも色々な事件を起こしたように、この一向一揆も浄土真宗を潰そうとしている人に対しては殺害しても構わないとし、さらに浄土真宗の教え自体が例え悪人でさえも「念仏を唱えたら死んだら極楽浄土に往生できる」、というものだったので戦をすることに対する歯止めが効きにくい状態となっていったのでしょう。

教祖である法然親鸞からすれば、そんなことしなくていいから念仏を唱えとけとあの世で思っていたと思いますが、

顕如は石山合戦が始まった際に

「仏法の灯火を守るために織田と戦え。従わなければ破門する」

という檄文を飛ばして織田領内各地で一向一揆起こし、さらに一向衆は

『進者往生極楽 退者無間地獄』(進めば極楽に行けて、逃げたら地獄に行くよ)

という旗を掲げて信長に立ち向かいます。

最後に

一向一揆は石山合戦で信長と講和した後、顕如が石山本願寺から退去してから急速に力を落としていくようになります。

しかし、後に出される刀狩や寺社諸法度が出されていた背景には、農民が武器を持っていると一向一揆の再現となるという教訓があったとされ、いかに一向一揆が恐れられていたということが見て取れます。

関連記事:
本願寺顕如について調べてみた【信長の最大のライバル】
法然上人の苦悩と迫害を乗り越えた生涯【浄土宗の開祖】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

右大将

投稿者の記事一覧

得意なジャンルは特に明治以降の日本史とピューリタン革命以降の世界史です。

コメント

  1. アバター
    • 名無しさん
    • 2021年 8月 13日

    抜き難し南無六字の城

    山科の二の舞いを踏まぬよう、加賀の国(石川県)から築城者を招集し、近国の門徒有志を募って、堅固な石垣を築き、文字どおり法城とした。

    1
    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 鬼玄蕃・佐久間盛政【秀吉に惜しまれながら斬首された若き猛将】
  2. 外国人宣教師たちが記した日本 「マラッカへ逃げた日本人」
  3. まつと前田利家のエピソード 「加賀百万石の存続」
  4. 甲斐の虎・武田信玄の兜の白い毛は何だったのか?
  5. 大久保忠世 「信玄、信長、秀吉に称賛された徳川十六神将」
  6. 武家官位について調べてみた【暗黙のルールがあった】
  7. 太原雪斎ついて調べてみた【黒衣の宰相とも呼ばれた今川義元の師】
  8. さすが天下人!?武士道バイブル『葉隠』が伝える羽柴秀吉の名乗りエ…


新着記事

おすすめ記事

ワインの歴史について調べてみた【最古は紀元前6000年前】

前回「チーズの歴史」について調べてみたのですが、チーズを調べているそばから、ワインを飲み・・・いえ調…

冒頓単于のエピソード「そこまでやるか!父を倒して下剋上を果たした匈奴の英雄」

古今東西、後継者選びは重要な問題であり、その選択によって一族や事業が栄えるか、滅びるかが決まると言っ…

車の未来(MIRAI)について調べてみた【燃料電池車は普及するのか?】

2014年、世界初の燃料電池自動車「MIRAI」がトヨタから発表、発売されました。→ TOYOTA公…

本当に美男子だったの?戦国時代のイケメン武将・上杉景虎の悲劇

報道によると、新潟県妙高市でスマホアプリ「なぞ解き戦国武将シリーズ 上杉景虎 妙高編」をインストール…

松尾芭蕉は隠密、忍者だったのか? 「奥の細道、不可解な行動」

松尾芭蕉とは江戸時代、俳聖と謳われた松尾芭蕉(まつおばしょう)の代表作が「おくのほそ道(…

アーカイブ

PAGE TOP