昭和

2.26事件とはどのような事件だったのか調べてみた【昭和維新】

1936年(昭和11年)2月26日未明、降り積もった雪を踏みしめながら、約1400名の陸軍の青年将校らが東京市の街を駆け抜けた。

2.26事件(にいにいろくじけん)は動き出す。

しかし、事件の名は知っていても何が起こり、なぜ起きたのかを知る人は少ない。
2.26事件とは何だったのかを調べてみた。

スポンサーリンク

背景

2.26事件とはどのような事件だったのか調べてみた
※叛乱軍の栗原安秀陸軍歩兵中尉(中央マント姿)と下士官兵

まずは、時間を1929年10月24日(昭和4年)まで遡ろう。

ニューヨーク証券取引所で株価が大暴落したことを端緒として、世界的な規模で各国の経済にダメージを与えた「世界恐慌」が起きる。

それまで主にアメリカ向けに頼っていた生糸の輸出が急激に落ち込み、日本経済も危機的状況に陥る。株の暴落により、都市部では多くの会社が倒産し就職できない者や失業者があふれた。

折悪く東北では凶作となり、農家では若い娘を売るという悲惨な状況となる。しかも、青森県では14歳の娘が5年契約450円で売られても、親の手元には150円しか入らなかった。

昭和8年には三陸大津波により農村が壊滅的な被害を受けた。他にも「満州事変」「国連脱退」「5.51事件」など未来に希望を持てるニュースがなかった時代。

しかし、当時の陸軍は国内を見ることはぜず、統制経済による高度国防国家への改造を計画。

一部の陸軍青年将校たちは「政府はなぜ国内の現状に対して何もしないのか!」と怒りを溜め込んでゆく。彼らの中には窮乏する農村の出身者もいたため、その思いはより強くなった。

君側の奸


※北一輝

北一輝(きたいっき/本名:北 輝次郎(きた てるじろう)/1883年(明治16年)4月3日 – 1937年(昭和12年)8月19日)は、戦前の日本の思想家、社会運動家、国家社会主義者である。

1919年(大正8年)、著書『日本改造法案大綱』にて言論の自由、私有財産の一定の制限、労働者の権利、天皇と国民が一体化した民主主義体制(国民の天皇)への移行の必要性などを述べている。

しかし、それを実行するには、天皇によって指導された国民によるクーデターが必要だとも述べた。

それに感化された青年将校たちは決意をする。

つまり、軍部に物を言えなくなった弱腰の政府や、財閥系大企業との癒着が代表する政治腐敗、大恐慌のダメージから立ち直れない状況を打破するためにクーデターを起こす、と。

その思想は「昭和維新」と呼ばれ、「昭和維新断行・尊皇討奸(そんのうとうかん)」をスローガンに武力をもって政府の要人を殺害、天皇と国民による新しい政治体制を目指した。尊皇討奸(そんのうとうかん)とは、天皇による政治を実現するためには私利私欲に走り 悪政をしている政治家どもを討たなければならない、ということである。

青年将校らにすれば、政治家は『君側の奸(くんそくのかん)』であり、排除しないとならない。君側の奸とは「天皇のそばで悪い政治をしているやつら」のことである。

クーデターにより、天皇に自分らの主張を聞き入れてもらい「今の日本は悪い政治家たちのせいで苦しんでいる人々が多くいるのです!どうか我々と共に、より良い日本にしましょう!」と伝えるのが目的だった。

決起


※蹶起直後の半蔵門

青年将校らは、襲撃先の抵抗を抑えるため、決起の前日夜半から当日未明にかけて、連隊の武器を奪い、陸軍将校等の指揮により部隊は出動した。その中には、機関銃など圧倒的な兵力を有しており、警備の警察官らの抵抗を制圧して、概ね損害を受けることなく襲撃に成功する。

1936年2月26日未明、野中四郎陸軍大尉などを中心に、部隊はいくつかに分かれて事前の計画により決められた襲撃目標を目指す。同時多発襲撃を狙っていた。

内閣総理大臣・退役海軍大将の岡田啓介は警備の警官が抵抗をする間に隠れることができたので無事で済んだが、高橋是清 蔵相(たかはしこれきよ大蔵大臣)は、陸軍への予算削減政策により恨みを買うことになり、赤坂表町3丁目の高橋私邸を襲撃される。警備の警官は奮戦したが重傷を負い、高橋は拳銃で撃たれた上、軍刀でとどめを刺され即死した。

他にも、四人の閣僚が殺害され、1人が重傷を負う。さらに部隊は警視庁、陸軍省及び参謀本部、有楽町の東京朝日新聞(のちの朝日新聞東京本社)なども襲撃し、日本の政治の中枢である永田町、霞ヶ関、赤坂、三宅坂の一帯を占領した。

寝室に赴いた侍従長の報告を聞いた天皇は、「とうとうやったか」「まったくわたしの不徳のいたすところだ」と言って、しばらくは呆然としていたという。

すでにクーデター発生の可能性は天皇にも報告されていたからである。
次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. パナソニックに生きる「幸之助イズム」
  2. 大勝利と大敗北・日本海軍と丁字戦法
  3. 金剛「連合軍から日本海軍の殊勲艦に挙げられた高速戦艦」
  4. 三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決
  5. 東京裁判の前提にも用いられた反日の偽書・田中上奏文
  6. 「田畑政治ゆかりの地」案内板設置全11ヶ所へ行ってみた
  7. 世界初の航空母艦同士による海戦・珊瑚海海戦
  8. 731部隊「関東軍細菌兵器開発 」恐怖の全貌について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

アメリカ人はなぜバーベキューが好きなのか調べてみた

アメリカ人の休日といえば、庭先でのバーベーキューがイメージされる。時には友人や近所の家族を招…

【美談ではない】白虎隊の真実について調べてみた

慶応4年(1868年)8月23日、若松城を望む飯盛山において19名の若い命が散った。会津藩のために…

「ロボトミー手術」3400回行った医師フリーマンとは?

経眼窩法(けいがんかほう)頭蓋骨の頭頂部や側頭部に穴を開けるのではなく、すでに開いている…

アーカイブ

PAGE TOP