弥生時代

【日本古代史最大の謎】卑弥呼について調べてみた

古代史は謎に満ちている。というよりも謎だらけといってもいい。

その中で最大級のものとして今も人々を惹きつけてやまないのが「邪馬台国」に関する謎である。

スポンサーリンク

卑弥呼 の謎を解く

卑弥呼
【※魏志倭人伝】

邪馬台国というとまず浮かんでくるのが「場所」の問題だ。

邪馬台国があったのは機内(大和)という可能性は高まっているものの、九州北部説も消えたわけではなく、それ以外の地域も含めて現在も論争は尽きない。

しかし、その他にも興味深い謎はいくつもある。例えば、邪馬台国の女王であった「卑弥呼」に関する謎がそれだ。卑弥呼は巫女(シャーマン)で「鬼道(きどう)」と称する呪術を行ったとされるが、その容姿や生活ぶりなどはわからないことばかりである。その理由は何よりも情報源となる史料が限られていることは有名だ。

邪馬台国については、魏・呉・蜀の歴史を描いた中国の「三国志」、その中の魏の歴史を記した「魏志」の一部である倭人伝、すなわち「魏志」倭人伝が何よりも頼みの綱である。この字数にして2,000字足らずの史料が謎を解くカギとなった。

そのなかから卑弥呼についての記述を拾っていくと、いくつかの謎が出てくる。そのなかでもっとも大きな謎がその死因といってもいいだろう。

寿命説

卑弥呼は239年に魏へ遣いを送り金印を与えられ、さらに6年後の245年に狗奴国(くなこく)との戦争状態を報告し、援助を求めている。狗奴国との戦いについては247年にも報告がなされ、これに対して魏から武官の「張政(ちょうせい)」らが派遣され、軍事指揮に用いられる旗「黄憧(こうどう)」などがもたらされた。

しかし、そうした最中に卑弥呼は亡くなってしまう。そのときの様子について「魏志」倭人伝には「卑弥呼、以って死す」とあるのみで、死因に関しては一切触れていない。

そこで「魏志」倭人伝にふたたび目を向けてみよう。そこには卑弥呼の年齢が「長大」と記されている。「長大」とは老齢とする説があるが、成人とする説もあり、必ずしも老衰とはいえない。

次に戦死説について考えてみよう。

戦死説

卑弥呼は狗奴国と長期にわたる戦争中であり、しかも相手はなかなか強大であったことが魏への支援要請から見てとれる。そうしたなかで、卑弥呼が戦陣で倒れたという説はひとつの説として十分興味深い。

狗奴国との戦いに絡んだ説としては、殺害説も挙げられる。長期間の戦闘にも関わらず勝利できなかった責任を取らされたというもので、張政らが来たのは卑弥呼への責任追及のためとする説だ。さらに同じ殺害説でも、異なる理由のものもある。それは巫女としての能力が弱体化したしたためというものである。

弥生時代の巫女というのは、神に祈りを捧げ、神託を受ける存在だった。

能力低下説

魏への遣いを送った247年には九州で、翌248年には大和で日食が起きたとされている。

2年続けての日食は、当時の人々に大きな不安を与えたはずだ。こうした現象はとりもなおさず卑弥呼の巫女としての呪力が衰えたためと考えられても不思議はない。それを理由に卑弥呼は殺害されたと見ることができる。日食と巫女としての卑弥呼の能力を結びつける考え方もあった。

卑弥呼の巫女的性格という点では、「魏志」倭人伝に見られる「持衰(じさい)」の記述が参考になる。持衰とは、やはりシャーマン的な存在だ。

外洋に航海する船にはひとりの持衰が乗せられ、航海中は髪もとかさず、しらみも取らず、衣服が汚れても取りかえることはない。さらに、肉も食べず、女性も近づけず、まるで喪に服したように禁を守り続けたとある。そして、航海が済めば褒美などが与えられるが、うまくいかなかった場合には、その責任を取って殺害されたという。

そして、持衰の責任の取らされ方を参考にするならば、戦争に勝利できなかったり、日食という天変地異が起こった原因が、卑弥呼の呪力の低下のせいと考えられたとしてもおかしくない。

卑弥呼が消された時代

しかし、なぜ日本の史料には卑弥呼に関する記述がないのだろうか。

卑弥呼の死は247年頃とされて、日本最古の歴史書「古事記」が完成したのが712年、「日本書紀」は720年のため、実に400年以上も後のことである。

そのなかでは卑弥呼や邪馬台国に関する記述はない。しかし、完全にないのかというとそうでもなく「魏志によると、女王が魏に使いを送ったという」記述がある。

これは、ヤマト王権以前に「女王が存在したこと」を隠したかったためではないか?

つまり、後世の人間により、意図的に卑弥呼の存在が消された可能性もあるのだ。

最後に

卑弥呼の死因について、老衰というあまりドラマチックでないものから戦死説、殺害説などについて調べてみた。

いずれも可能性がないとはいえないが、ひとつに絞ることも難しい。やはり、謎は尽きないということだ。

関連記事:弥生時代
【近くて遠い時代】弥生時代について調べてみた

 

gunny

gunny

投稿者の記事一覧

gunny(ガニー)です。こちらでは主に歴史、軍事などについて調べています。その他、アニメ・ホビー・サブカルなど趣味だけなら幅広く活動中です。フリーでライティングを行っていますのでよろしくお願いします。
Twitter→@gunny_2017

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 【邪馬台国はどこに?】弥生時代について調べてみた
  2. 「古代人の食生活」について調べてみた

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2018年 2月 09日

    邪馬台国はヤマトの中国語読みだろ
    卑弥呼も日巫女の中国語読み
    中国に朝貢していたから、

    • アバター
      • 邇波何某
      • 2019年 4月 21日

      ヤムトエ(栗の産地)か正しい、食糧難に備えて栽培されていた。鬼道は道教です。東海三神山の地に巡礼し登仙する為に日本に渡って来た人々です。

      倭国の大乱も畿内に移動する際の原住民の抵抗でした。 徐福の子孫の地に居住地を近付ける目的でした。徐福の子孫を中華は討伐の対象にして居り、東海三神山の地は、中華に対し方位を偽り討伐を回避して居りました。

      九州の郡部の配置は其の名残りです。古伊勢海の沿岸部でも方位異常が有ります。岐阜県の本巣の福島もそうです。

      最近のいい加減な年代計算は過去の伝承さえ消しかね無い危うさが有り危惧して居ります。

  2. アバター
    • Sakurakisetsu
    • 2019年 1月 19日

    邪馬台国は正式には邪馬臺国です。中国語読みだとヤマダイかヤマダになりますので少々違いますね。
    卑弥呼も中国語読みだとペメハ若しくはピミホまたはその混合型になります。
    また卑弥呼は鬼道につかえ・・・となっています「鬼」とは中国で死者の霊を意味します。太陽を崇拝し・・とか
    魏志倭人伝にあればまた別な話ですが日巫女は音感からくる言わば当てずっぽうのようなもので根拠が有りません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

【テルマエとローマ皇帝】ハドリアヌス について調べてみた

18世紀のイギリスの歴史家「エドワード・ギボン」は著書「ローマ帝国衰亡史」のなかで、人類がもっとも幸…

神仏習合について調べてみた【仏教の伝来】

日本は八百万の神を信仰する国である。しかし、インドで誕生した仏教がチベット、中国を経て「大乗仏教…

Amazonのデリバリープロバイダはもう限界!どうなる遅延問題

以前、Amazonの配達が遅れる原因として「Amazonの落とし穴!デリバリープロバイダについて調べ…

アーカイブ

PAGE TOP