幕末明治

徳川埋蔵金は現代の価値に換算するといくらだったのか?

徳川埋蔵金伝説とは?

日本各地には、たくさんの埋蔵金伝説が残っています。
徳川幕府は260年続いたこともあり、さまざまな埋蔵金伝説が残されています。
そして徳川埋蔵金伝説は、小栗上野介が勘定奉行時代に徳川家の大金を隠蔽したのではないか? という説が元になっています。
慶応4年(1868年)4月に江戸城が無血開城されましたが、当時の新政府軍は、資金源として徳川幕府の御用金を当てにしていました。

しかし、城内の金蔵には期待していた御用金は残されておらず、幕府が隠匿したと判断した新政府軍は、御用金探しを行ないましたが、何も見つけられずに終わりました。
軍用金の額は、およそ360万両から400万両と言われています。
この金額は、勝海舟の日記に

軍用金として360万両有るが、これは常備兵を養う為の金で使うわけにいかない。

との記述が元とされています。

スポンサーリンク

360万両は、2017年の価値に直すといくらか?

それでは、埋蔵金の額を360万両と推定した場合、その額は、いくらになるのでしょうか?
以下、記載したいと思います。
年末のTV放映「3000億円の徳川埋蔵金プロジェクト2016」では、3000億円とされていましたが、その数字に近いものは算出できるか調べてみました。

1. 平成29年1月の相対取引の数字から換算した場合

当時の貨幣価値を調べる場合、米一升との比較で計算するのが一般的です。
米一升は、約1500グラム1.5キログラムとされていますので、この数字を使います。

平成29年1月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で、14,366円(玄米 60kg)であることから、
米一升の価格に換算すると、14,366円/60㎏*1.5㎏= 約359.15円 となります。

江戸時代の貨幣価値と物価表(京都故実研究会)によれば、
江戸時代の1両の価値は66,000円(換算年度表示なし、江戸時代平均値)で、米一升が100文、一両が4000文ですから、

        1両の価値
米一升 = 1.5キロ 1,650 1両=銭4000文(16.5円) 66,000円
     
統計数字より 359.15 1両=銭4000文(3.5915円) 14,366円

 

上記により、1両を14,366円と仮定します。
また、江戸時代後期の万延小判金1両は、約5万円とされていることから、江戸時代後期の数字に再換算すると、10,883円となります。

理由 : 66,000円と50,000円を比較すると、66,000円は50,000円の1.32倍となります。
計算式 14,366円/1.32*1=10,883円

埋蔵金の額は、360万両と推定するので、埋蔵額は江戸時代後期の基準だと、

10,883円×3,600,000両 = 39,178,800,000円

となります。

因みに江戸時代の平均値で換算すると、埋蔵額は、

14,366円×3,600,000両 = 51,717,600,000円

となります。

インターネットで検索すると、『埋蔵金の額は、500億円とも言われている』などの記事を見かけることがありますので、このような記事は、お米の価値から換算したものであると推測します。

次ページでは金銀の取引価格から推定します

 

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 江戸時代の武士の仕事について調べてみた
  2. 江戸時代の人気料理について調べてみた
  3. 資本主義の父・渋沢栄一について調べてみた
  4. 新撰組の強さについて調べてみた
  5. 江戸時代のお風呂事情について調べてみた
  6. 端午の節句とその由来について調べてみた
  7. 江戸時代の職業 について調べてみた
  8. 西郷隆盛が島流しになった理由について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP