宗教

空海はどれくらい天才だったのか調べてみた

湯川秀樹も認めた天才・弘法大師空海

日本人初のノーベル賞物理学賞で知られる湯川秀樹氏は言う。
空海

 

「長い歴史の中で、空海はもっとも万能的な天才であった」

と。いったい空海はどれほどの天才だったのだろうか。
スポンサードリンク

 

空海の青年期

弘法大師空海は奈良時代後期、宝亀5年(774年)に生まれた。父は佐伯善通、母は玉依御前(玉依姫)。讃岐国の出身であったとされる。

空海の著書「三教指帰」の序文には、15歳で母の兄弟であった人物につき、学問を始めたことが書かれている。

空海

 

18歳で都の大学に遊学し、首に縄を掛け、錐を股に刺すなど、睡魔を防いで、勉学した。

この時代の勉学の内容は漢籍。この頃に培われた漢文の素養は、天才空海の重要な下地となるものであった。

そんな空海はある時、一人の沙門(僧)から「虚空蔵聞持法(こくうぞうもんじほう)」という密教の修法を伝えられる。

 

 

「虚空蔵菩薩の真言(仏界の言語)」を百万回唱えることで「全ての教法を暗記できるほどの記憶力」が得られる。

この修法を実践する空海の前には、虚空蔵菩薩が、光り輝く明星となって現れたという。

 

空海

 

また「御遺告」には、心の中で虚空蔵菩薩を観想したところ、明星が口の中に入ったとも書かれている。

 

空海

 

少なくともこの頃に空海が、強烈な宗教的・神秘的な体験を得たのは間違いないだろう。

カリスマ的仏教者としての弘法大師空海の誕生の瞬間であった。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 本当に織田信長は「人間五十年」と謡(うた)ったのか
  2. 源義経が逆落としをしたのは本当なのか
  3. 清少納言と紫式部 は仲が悪かったというのは本当なのか?
  4. 陰陽師 安倍晴明の意外な素顔について調べてみた
  5. 陰陽師・安倍晴明が一千年前の国家官僚だったという意外な事実につい…
  6. 武蔵坊弁慶は実在したのかどうか調べてみた
  7. 藤原道長が奢り高ぶっていたというのは本当なのか
  8. マザー・テレサの人間的な素顔について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP