西洋史

ホロコーストに繋がった偽書・シオン賢者の議定書

史上最悪の偽書

シオン賢者の議定書

ロシア語版テキストの表紙。セルゲイ・ニルス著『卑小なるもののうちの偉大』(1920年)に収録されたロシア語版(1905年)の再版。

シオン賢者の議定書」とは、ユダヤ人・民族を貶める目的で流布された史上最悪の偽書とも称されている文書のことです。
この偽書が歴史に登場したのは1902年〜1903年頃で、以後100年以上の年月が経た現在でもその内容が自らに都合のよい勢力によって利用され続けています。

「シオン賢者の議定書」が偽書でありながらその命脈を連綿と保ってきた背景には、欧米におけるユダヤ人・民族に対する排斥の思想が色濃く反映しています。
このためアドルフ・ヒトラーがこの文書を利用してユダヤ人の排除を進めたことも、ある意味でドイツの大衆にすんなりと受け入れられたと言えます。

結果ナチスは人類史上類を見ない犯罪・ホロコーストを実行するに至り、この偽書は大きな災厄をもたらすことになりました。

出所は帝政ロシア政府

「シオン賢者の議定書」は出所も作者も定かではない代物ですが、概ね1900年代初頭のフランスにおいて諜報活動に従事していた帝政ロシアの政府機関の関係者が、パリで作成したものと考えられています。

「シオン賢者の議定書」は、1897年8月にスイスのバーゼルにおいて開催された第一回シオニスト会議の中で披露された決議文という体裁を纏っています。
いずれにせよ、当時の帝政ロシアにおいて体制に不満を募られせいた民衆の批判の矛先をロシア政府から逸らすために、ユダヤ人・民族をスケープゴートにする意図で作成された偽書だったと見られています。

「シオン賢者の議定書」では、世界経済をユダヤ人たちが操作し、マスメディアを支配し、宗教の対立を画策することで全世界を勢力下に置こうと企図していると謳われています。

自動車王も加担

「シオン賢者の議定書」が世界に広まったのは、1917年に発生したロシア革命の後でした。革命を指導したボルシェビキに反抗した者たちによって、ヨーロッパ、アメリカ、南米、日本までも波及していきました。

シオン賢者の議定書

ヘンリー・フォード

1920年代に入ると、アメリカの自動車王ヘンリー・フォードがこの議定書の内容の一部を元にして「国際ユダヤ人」という著作を新聞の連載から刊行し、ナチスからの歓迎されることになりました。

こうした著名な人物までが反ユダヤ思想に裏打ちされた考えを披露したことは、根深いユダヤ人排斥の感情が当時の欧米に蔓延していたことを示していました。

因みに、フォードは1927年にはこの本に対しての抗議や裁判などを通じて内容の誤りを認め、刊行された本の回収に同意しています。

偽書の元ネタ

1921年にはイギリスのロンドンタイムズによって「シオン賢者の議定書」は偽書であるという報道が成されました。

この報道では「議定書」の大半がフランス人・モーリス ジョリーが1864年に刊行した「マキャベリとモンテスキューの地獄での対話」という本の焼き直しに過ぎず、その本の中のマキャベリをユダヤ人に置き換えて捏造されたものだと断定されました。

そもそもこの「マキャベリとモンテスキューの地獄での対話」も、当時のナポレオン三世を批判するために書かれたもので、あからさまにナポレオン三世を批判することが出来なかったため、ナポレオン三世をマキャベリに置き換えて表記されたものと伝えられています。

イスラム諸国への蔓延

現代の社会においても、欧米ではネオナチ、白人至上主義者、ホロコースト否定論者らによって「シオン賢者の議定書」は利用され続けており、この内容に基づいた刊行物は絶えない状態です。

加えて、現在ではイスラエルに対する憎悪に利用するためにアラブ・イスラム諸国の多くの教科書で「議定書」を事実として教育しています。

パレスチナの反イスラエル組織であるハマスは「議定書」の内容を用いて、イスラエルに対するテロ行為の正当性を主張しています。

関連記事:
「19世紀の基礎 」ナチズムに影響を及ぼした反ユダヤ主義の聖典

 

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 日本にも来航!?ツェッペリン飛行船
  2. なぜカリブ海には海賊がいたのか?【カリブの海賊たち】
  3. ガイウス・ユリウス・カエサルについて調べてみた
  4. 第一次世界大戦・地上の主力は大砲だった【WW1シリーズ】
  5. フリードリヒ大王(プロイセンの父)を支えた友人【カッテ】
  6. スターリンが指導者だった頃のソ連について解説
  7. イングランドで愛される犬と猫たち【公務員として働く猫】
  8. アルバニアについて調べてみた【国民の半分がねずみ講に加入】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

『麒麟がくる』川口春奈“衝撃写真流出”は沢尻ファンの嫌がらせ!?

(C)まいじつ1月19日にスタートしたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が好発進。第1話の平…

徳川埋蔵金伝説を生んだ幕臣・小栗忠順(おぐりただまさ)

徳川埋蔵金現在でも、世界各地に様々な形で伝えられている伝説のひとつに「埋蔵金」があります。最…

在原業平と『伊勢物語』について調べてみた

『伊勢物語』とは「むかし、男ありけり」という冒頭があまりにも有名な『伊勢物語』は平安時代に書かれ…

アーカイブ

PAGE TOP