西洋史

マンハッタン計画 ~原子爆弾を生み出した史上空前のプロジェクト

アインシュタインの書簡

マンハッタン計画

※トリニティ実験の写真

マンハッタン計画」は第二次世界大戦下のアメリカにおいて実施された、原子爆弾を開発する目的の一大プロジェクトでした。

この「マンハッタン計画」のきっかけとなったのが、アメリカに亡命していたユダヤ人物理学者のレオ・シラードらが、同様に亡命していた相対性理論で世界的に著名だったアインシュタインの名を借りて1939年に時のアメリカ大統領ルーズベルトに提言を行ったことでした。

マンハッタン計画

※レオ・シラード

このときの提言において核連鎖反応が軍事兵器に応用される可能性や、ナチス・ドイツがそれを先に開発する恐れがあることが示唆されていました。
ルーズベルトはシラードの提言を検討させたものの、当初はさほど注意を払ってはいなかったと言われています。

それが変化したのは、1939年6月にイギリスの物理学者によってウランを用いた原子爆弾開発の具体性が報告されたためでした。

日本の国家予算の33年分に相当

こうして1942年10月にルーズベルトは原子爆弾の開発プロジェクトを承認し、「マンハッタン計画」が実行に移されることになりました。

以降延べ5万人以上とも言われる科学者達が動員され、合計総額約20億ドル(7,300億円)の巨額の資金がつぎ込まれました。この金額は当時1940年における日本の国家予算の一般会計は約60億円であり、1945年でも約220億円だったことを考えると、1945年対比で日本の約33年分にも相当する途方もない金額のプロジェクトでした。

研究の中心施設となったのはニューメキシコ州に新しく設けられたロスアラモス研究所でした。

ロスアラモス研究所

マンハッタン計画

※オッペンハイマー(右)

ロスアラモス研究所所長として「マンハッタン計画」を推進した責任者が、ニューヨーク生まれのユダヤ人であったロバート・オッペンハイマーです。

オッペンハイマーは日本への原子爆弾の使用を強く主張した人物で、当初から原子爆弾の目標について日本のみを対象にしており、ナチス・ドイツに対する使用に言及したことはありませんでした。

オッペンハイマーは、日本に対する原子爆弾の使用に異を唱えた科学者らを排除し、日本に向けた使用を既成事実化し、1945年7月についに原子爆弾の初実験に成功すると狂喜したとも伝えられています。

但し、第二次世界大戦後には更に威力を増した水爆の開発には反対の立場を表明し、1945年10月にはロスアラモス研究所の所長を退きました。

フォン・ノイマンの頭脳

マンハッタン計画

※ノイマン

原子爆弾の製造を具体化した科学者もハンガリー系ユダヤ人のフォン・ノイマンでした。

ノイマンは今日のコンピュータの基本原理を考案した人物としても著名ですが、「マンハッタン計画」には顧問として参加していました。
そこでのノイマンは類まれな頭脳を駆使して、約10ケ月の期間で原子爆弾が物理的に開発可能な事を計算で導いたとされています。

また原子爆弾の爆発のタイミングは空中で行うことで更にその威力が増すことも計算した人物でした。

米ソ対立の切り札

近年の研究によれば、アメリカ政府が日本に対する原子爆弾の使用を決定した時期は1943年5月とも言われており、原子爆弾の投入は以後の世界における原子力の開発で、アメリカがソ連に対してイニシアティブを保有するために必須と考えていたことが指摘されています。

第二次世界大戦においてアメリカとソ連は同じ連合国ではありつつも、以後の世界に対する影響力を巡って既に対立する構造が浮き彫りになってきていました。ソ連はドイツの首都ベルリンを陥落させ、東欧の大半を支配する勢力となっており、アメリカはこの状況を覆すものとして圧倒的な破壊力を持つ原子爆弾の威力を見せつける必要が生じていたものと言えました。

関連記事:
封印されたフィラデルフィア実験【駆逐艦が消えた!レインボー・プロジェクト】

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. 「19世紀の基礎 」ナチズムに影響を及ぼした反ユダヤ主義の聖典
  2. イギリスの国旗の歴史について調べてみた
  3. シュタージ「東ドイツ秘密警察の恐るべき監視社会」
  4. キャサリン・パー ~義理の娘に夫を寝取られたイングランド王妃
  5. 太平洋のナポレオン、カメハメハ大王について調べてみた
  6. 【クレオパトラの海底神殿発見】アレクサンドリアの探査が注目されて…
  7. 暗号機「エニグマ」とコヴェントリー爆撃
  8. マリーアントワネットとお菓子の関係について調べてみた


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

ルネサンスはなぜイタリアで起こったのか?

一部では「日本の美術教育は海外に比べて積極的でない」といわれることもあるようだが、各地の美術館や…

イメージトレーニング【漫画~キヒロの青春】㉒

ゲーハーはなんてことない日常の中でも色々苦労が絶えません。シンプルな美し…

マリア・カロリーナの波乱の人生【マリーアントワネットの姉】

マリア・カロリーナ(1752~1814)とは、女帝マリア・テレジアと神聖ローマ皇帝フランツⅠ…

アーカイブ

PAGE TOP