西洋史

戦争論 〜現在でも各国の軍の教育に用いられている名著

プロイセン軍人 クラウゼビッツ

戦争論

※カール・フォン・クラウゼヴィッツ(Carl von Clausewitz)

戦争論 はプロイセン(北部ドイツ)の軍人カール・フォン・クラウゼヴィッツの著作で、軍事における戦術から戦略に至るまでを体系化した近代戦の基礎となる概念を説いた書として知られています。

「戦争論」はクラウゼヴィッツ1816年から1830年にかけてまとめたものですが、現在においても世界各国の軍や各種の組織においてテキストとして用いられています。

クラウゼヴィッツは当時ヨーロッパを席巻したナポレオン軍との実際の戦いにおける戦訓を基にして、この書を著したと伝えられています。

この書においては戦争における物理的な力やその在り方を決定するものとして政治が定義されています。

ナポレオン戦争が生んだ「戦争論」

戦争論

※ナポレオン

クラウゼヴィッツの「戦争論」ではナポレオン軍との戦いを通して劇的に変化した「戦争」そものもを論じています。ナポレオン以前の「戦争」とは、王侯・貴族同士やそれらが報酬を与えて雇用していた傭兵によるものが大半でした。

これに対しナポレオンの軍は国民を兵士として徴収し、その戦いを国を挙げた総動員で行うものへと変化させていました。クラウゼヴィッツはこのパラダイムシフトの狭間にあって、戦争が政治の在り方によって変化していたことを捕えまいした。

その意味からヨーロッパで猛威を振るったナポレオン軍から生み出されたものが「戦争論」であったっとも言えます。

プロイセンの改革

ナポレオンが率いたフランス軍の強さの源泉を、クラウゼヴィッツやその師にあたるシャルンホルストは以下の様に考察しました。

先ず徴兵制度による大規模な兵員数の確保、続いて祖国フランスを守るために率先して戦う兵士の士気の高さ、多数の部隊を纏める軍の編成、そして最後がナポレオンの軍事的才能でした。これらを備えたフランス軍に勝利するには、その強みを上回るかもしくは、自軍も同様な状態にする必要があると考えられたのでした。

そこでクラウゼヴィッツらプロイセンが取った対応は、徴兵制の導入、師団制度の採用、作戦参謀の育成、貴族以外の指揮官への登用、政治制度・教育制度の改革、農奴解放政策の実施、祖国への忠誠の育成でした。殊に最後の3点は直接的に軍に関わる内容というよりも、国の政治方針に関わるものとなっていました。

「戦争論」の実践

クラウゼヴィッツの「戦争論」が今日でも評価されているのは、その理論だけでなく実際にナポレオンのフランス軍を破る戦果を挙げたことも、大きな要因と考えられています。

その一つ目の策が包囲による封じ込め作戦でした。

これはナポレオン軍が得意とした各個撃破を行わせないようにしたもので、1813年の戦いにおいて実践されました。プロイセンの部隊はナポレオン軍による各個撃破に合わないように、3方向からの包囲網を徐々に縮めてナポレオン軍を包囲し、1点突破をさせない状況を造りました。

またナポレオン軍がそれまで良く用いた戦法に側面攻撃がありました。

これは正面の一部の部隊に敵を引き付けて、その隙に他の部隊が敵の側面若しくは背後へと回り込んで壊滅させるという戦法でした。

※ワーテルローの戦い

ナポレオンの最期の戦いとなったワーテルローの戦いではプロイセン軍は側面攻撃に晒された部隊をすぐさま撤退させて挟撃を受ける事を避け、見事ナポレオン軍に勝利を収めました。

クラウゼヴィッツの死後に刊行

クラウゼヴィッツは戦争を「政治の継続」という観点から捉えました。戦争とは政治の延長線上にあるものだとするこの考え方は近代の戦争の本質に対する重要な示唆を含み、それまで戦術的な捉え方が主流であった中にあって哲学的な視点を取り入れたとものとなりました。

今日でもこうして知られている「戦争論」ですが、実はクラウゼヴィッツの死後の1832年に刊行されたものであり、更にその刊行から20年程はほとんど注目を集める事もなかった不遇の書でした。

因みに日本に「戦争論」が伝わった時期は定かではありませんが、一般敵に軍人たちの間で知られるようになったきっかけは、軍医であった森鴎外の功績と伝えられています。

関連記事:
森鴎外 〜軍医としても頂点を極めた才人
ナポレオンがなぜ強かったのか調べてみた
ナポレオンがなぜワーテルローの戦いで敗れたのか調べてみた
ナポレオンの本領発揮! アウステルリッツの戦い

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 第一次世界大戦前における各国の立場【WW1シリーズ】
  2. ヨーロッパで最も危険な男・オットー・スコルツェニー
  3. ルネサンス期の占星術について調べてみた
  4. イギリスの国旗の歴史について調べてみた
  5. メアリー・ステュアート【スコットランド女王】について調べてみた
  6. 太平洋のナポレオン、カメハメハ大王について調べてみた
  7. 【レーニンとスターリン】ソビエト共産党の黎明期について調べてみた…
  8. 日本にも来航!?ツェッペリン飛行船

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

アウグストゥスはなぜ初代ローマ皇帝になれたのか調べてみた

共和制ローマにおいて元老院派の権力集中を妨げ、新体制の国家へとローマを変革させるべく出世したガイウス…

みゆちゃん【漫画~キヒロの青春】⑧

亀田戦は個人的にはホストが一番良かったです。恋のタイミング【漫画~…

ジョン・トラボルタがイメチェン【ハリウッドお騒がせスター】

1997年公開の「サタデー・ナイトフィーバー」でトップスターになり、78年の「グリース」などでヒット…

アーカイブ

PAGE TOP