人物

ヨーゼフメンゲレ 〜南米に逃亡したナチス狂気の医師

アウシュビッツでの生体実験

※南米潜伏中のメンゲレ(1956年撮影)Josef Mengele

ヨーゼフメンゲレ は、悪名高きかのアウシュビッツ強制収容所において「死の天使」の異名をとった狂気の医師です。

親衛隊大尉でもあったメンゲレは1943年にアウシュビッツに配属されると、そこで専属の医官を務めて数々の残忍な生体実験を行った人物でした。

メンゲレは双生児に対して遺伝情報、人種間の優劣などの謎を解き明かす鍵があるのではないかと考えていたとされ、並々ならぬ執着をよせていました。

そのためアウシュビッツ強制収容所に送られてくる囚人たちの中から双生児を選び出しては無意味な外科手術を施しました。その数は約3,000名以上にも上り、内約2,800名が死亡したとされています。

東部戦線にも従軍

メンゲレは1911年にドイツのギュンツブルク地方で実業家の裕福な家庭に生まれました。

以後医学の道を歩んだメンゲレは大学では人類学と遺伝学を修め、ヨーロッパ中に名を知られた遺伝学の権威・フェアシュアー博士の下に学びました。
このフェアシュアーがナチスの人種理論の熱狂的な信奉者であったことから、メンゲレも多きな影響を受けたものと考えられます。

ヨーゼフメンゲレ

※アウシュヴィッツ強制収容所で撮影(左からリヒャルト・ベーア、ヨーゼフ・メンゲレ、ルドルフ・フェルディナント・ヘス)

メンゲレは1937年にナチスへ入党、翌年には親衛隊に入隊しました。更に1940年には武装親衛隊に志願して軍医として東部戦線の
前線勤務をしています。

しかし1942年に負傷を負ったことから翌1943年5月にアウシュビッツ強制収容所に配置転換されて、そこで生体実験を行うことになりました。

メンゲレは先の双生児への生体実験以外にもアウシュビッツの専属医官として、収容所に送られてくる囚人たちを寄り分ける役割を担い、多くの囚人たちをガス室へと送りました。

南米への逃亡

アウシュビッツ強制収容所にソ連軍が近づいた1945年1月、ナチスは証拠隠滅のためメンゲレが使用していた施設を爆破しました。
そこにあった様々な記録も処分され、メンゲレ自身も逃亡しました。

ヨーゼフメンゲレ

※メンゲレのパスポート

連合軍はメンゲレを拘束すべく指名手配しましたが、4年に渡って潜伏を続けたメンゲレはスイスからイタリアへと逃れ、そこから南米のアルゼンチンに逃げ延びました。

西ドイツ当局とイスラエルのモサドなどの追跡を受けながらも、メンゲレはドイツ本国の親類の援助を受けて南米において事業家としても成功を治め、1979年2月にブラジルで心臓発作で死亡するまで逃げ続けました。

因みにメンゲレの師であるフェアシュアーも罪を問われることなく、ミュンスター大学の遺伝学の教授として1969年に死亡するまで教鞭を取りました。

不気味な伝説

ブラジルの奥地にあるカンディド・ゴドイという集落では、ナチス・ドイツが唱えたアーリア人種の特質、金髪・碧眼の双生児が通常の10倍もの割合で誕生したと報告されています。

この集落は1960年代にメンゲレに似た人物が医師として訪れて、薬を処方したという不気味な伝説が囁かれました。

但し医学的には近親婚が多い小さな集落において、双生児が多数生まれる例は他にも報告されていること、この集落での高い双生児出産は1990年代まで継続していたことなどから、あくまで噂の域をでないものと考えられています。

ナチズムと医師

ヨーゼフメンゲレ

※ティーアガルテン通り4番地に建つ、T4作戦の歴史案内板 wikiより

メンゲレが手を染めたナチス・ドイツのアーリア人種の創造という積極手法と呼応して、不要と見做された人間への「断種」や身障者・精神疾患患者に対する政策は「T4作戦」と呼称され、1939年から中止される1941年までの間に、凡そ7万人とも言われる人たちが安楽死させられたと言われています。

驚くべきことにナチス統治下の時代とは言え、この時代、約半数に上る医師がナチ党員であったと言われています。よって「T4作戦」に対する一般人からの異議は多数あったものの、医師からの抗議はたった1件しかなかったとされています。

医師としての良心よりもむしろ、劣悪な遺伝子を排除するという生物学的な淘汰を指向する事を医師自らが当然と考えられていたという状況でした。

関連記事:
ダーウィンの「種の起源」と優生学
「19世紀の基礎 」ナチズムに影響を及ぼした反ユダヤ主義の聖典
ヒムラーの謎の城について調べてみた【ナチス親衛隊】

アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オススメ記事

関連記事

  1. ナチス・ドイツの勲章について調べてみた
  2. ナポレオンはエジプト遠征で何を得たのか調べてみた
  3. 【ルイ17世】マリーアントワネットの子供たちの残酷な人生
  4. ムッソリーニの生涯【元々はヒトラーよりカリスマだった独裁者】
  5. 昔強かった国を調べてみた【モンゴル,スペイン,オーストリア,アル…
  6. 残虐な王妃として名高い カトリーヌ・ドゥ・メディシス
  7. 「中世ヨーロッパ、貴族の食事、農民の食事」を調べてみた
  8. ジェーン・グレイ【イギリスの9日女王】について調べてみた


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

畠山重忠について調べてみた【最後まで潔い生き様を示した坂東武士】

坂東武士の代表格 畠山重忠平安時代はまだ武士の身分はそれほど高くなかった。だが、それも平安時代末…

聚楽第はなぜ歴史から消えたのか?【8年間だけの幻の城】

関白となり、天下人が目前に迫った豊臣秀吉は、政庁・邸宅・城郭の機能を兼ね備えた聚楽第(じゅらくだい)…

エルメス(HERMES)のアイテムは高いのになぜ人気なのか?

女性なら誰もが憧れるブランド。いいえ、女性だけじゃありません、メンズもネクタイやカフスボタンといった…

アーカイブ

PAGE TOP