海外

ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた

ベルリンの壁崩壊

ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた
1989年11月9日。建設から28年に渡り東西分断の象徴となっていたベルリンの壁がその日、突如として崩壊した。

昨年とうとう分断されていた28年間の日数を超え、今年でベルリンの壁崩壊から間もなく30周年を迎える。
あの日なぜベルリンの壁は突如として崩壊したのか、東ドイツ国民を奮いあがらせた『誤報』とは一体何だったのだろうか。

ベルリンの壁崩壊の原因は勘違いだった

実は、ベルリンの壁が崩壊した直接の原因は一人の人物による勘違いだったことはご存知だろうか?

ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた

※ギュンター・シャボフスキー Günter Schabowski

それが当時の報道官、ギュンター・シャボフスキーによるかの有名な『誤報』である。

シャボフスキーは、各国の取材陣を前にして世界中に向けてこう言い放ったのだ。

「東ドイツ国民はベルリンの壁を含むすべての国境通過点からの出国が認められる」

そして「それはいつから発効されるのか」という記者の問いかけに対し「私の認識が正しければ遅滞なく、直ちにです」と応えてしまった。事実上のベルリンの壁崩壊宣言である。

しかし、これはあくまでギュンターの勘違いであり、当然のことながら全く政府の意図していないところであった。

報道を見た東ベルリン市民はたちまち壁に押しかけ、国境ゲートを開放するように警備隊に詰め寄った。もちろんそんな政令は下っておらず、むやみに国境ゲートを開放するわけにもいかない。しかし留まるところなく増えていく人の数と「開けろ」という市民の声にとうとう無言を貫くことにも限界がきてしまった。

二万人を超える市民の数はこのままでは暴動を起こしかねない、流血沙汰に繋がる可能性もある。これ以上は持ちこたえられないと判断した警備兵により検問所はついに開かれた。
1989年11月9日、午後10時45分のことである。

本来の趣旨

こうしてギュンターの勘違いにより起こった崩壊であったが、政令の本来の趣旨は「東ドイツ国民に対する旅行制限緩和」であった。一党独裁によって募る国民の不安を和らげ、人口流出を食い止めるための規制緩和であり、あの日壁は崩壊するはずではなかったのである。

東ドイツは当時「社会主義の優等生」と称されてはいたが、その実態は「優等生」の言葉からはかなりかけ離れたものだった。

度重なる官僚の汚職事件、秘密警察シュタージ―による監視社会制度、ドイツ社会主義統一党による一党独裁体制の元で国民は不満を募らし、周辺の東欧共産国が民主化へと進む中でその不満は徐々に東ドイツ国民の心も民主化へと走らせた。そして近隣の東欧共産国が民主化へと走っていく中で東ドイツの人口流出は著しく増大していく。当時の党書記官であったエーリッヒ・ホーネッカーは増大する人口流出を食い止めるべく、全ての国境を封鎖してしまうのだ。

そしてホーネッカー失脚後、ホーネッカー時代に規制を厳しくしすぎてしまった国境封鎖を元に戻そうと打ち出されたのがこの時の「旅行制限緩和」だったのである。

しかしそれは翌日の11月10日より発効されるものであり、ギュンターの言う通り「直ちに今から」ではなかった。

ベルリンの壁はなぜ崩壊した?世紀の『誤報』について調べてみた

実は旅行制限緩和に関する政令を発表したギュンターは中途半端にしか内容を聞いておらず、その全容を正しく理解していなかったのだ。

この政令に関する承認を受けた中央委員会に出席していながらも、彼は事務方との打ち合わせのため何度も中央委員会を中座して退出を繰り返していたために、詳細を把握できていなかった。そのため中途半端な理解と記者会見の前に手渡されたプレリリース用の文書だけで勘違いをしてしまい、誤報を発表してしまったのである。

まとめ

ギュンターの『誤報』は壁崩壊の直接的な引き金になったとは言え、あくまでそれは一つのきっかけである。壁を崩壊せしめたのは市民であり、まさしくベルリンの壁崩壊は一つの市民革命であったとも言えるだろう。

前述したように、東ドイツ国内では民主化の動きが高まっていた。ゴルバチョフのペレストロイカによって民主化へと動き出した東欧共産国、反体制派による月曜デモ、ハンガリーとオーストリアの国境付近で起きたピクニック事件。ベルリンの壁崩壊前夜、東西陣営の対立は確実に雪解けへと向かっていた。しかし、それでも東西冷戦の象徴であった壁は依然としてあり続けるだろうと当時の人々は当然のように思っていた。

もしもあの時ギュンターが勘違いをしていなければ、引き金を引かなければ、壁崩壊の引き金は一体いつ引かれていたのだろうか。「壁が崩壊するなんてあの頃は考えてもなかった」と、当時西ドイツに住んでいた知人は語る。

もしもあの『誤報』がなければ、今年は一体壁崩壊何周年になっていたのだろうか。そんなことを考えずにはいられない。

関連記事:
ベルリンの壁の崩壊【こんなことで歴史は変わる】
シュタージ「東ドイツ秘密警察の恐るべき監視社会」
オスタルギーとは何か?東西ドイツ統一後の東ドイツについて調べてみた

アバター

通行人

投稿者の記事一覧

読書とお絵かきが好きな通行人。ドイツ史に魅力を感じる人間です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Error: Feed has an error or is not valid



関連記事

  1. 政府閉鎖の影響(政府職員に関して)について調べてみた
  2. 太平洋のナポレオン、カメハメハ大王について調べてみた
  3. バーバリーの歴史について調べてみた【英国ブランド】
  4. 日本にも来航!?ツェッペリン飛行船
  5. ナポレオンの本領発揮! アウステルリッツの戦い
  6. オーストリア帝国の皇后エリザベート【シシィ】の生涯について調べて…
  7. イングランドで愛される犬と猫たち【公務員として働く猫】
  8. ジョン・トラボルタがイメチェン【ハリウッドお騒がせスター】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

世界初の航空母艦同士による海戦・珊瑚海海戦

史上初の航空母艦同士の海戦珊瑚海海戦(さんごかいかいせん)は、戦史上初となった航空母艦同士で…

ルイ16世について調べてみた

ルイ16世は、ブルボン朝第5代のフランス国王である。この名前を聞いて、どんなイメージが思い浮かぶ…

平将門の乱について調べてみた【幻となった東の朝廷】

日本三大怨霊と呼ばれる三人が、「菅原道真」「崇徳天皇」「平将門」である。なかでも、平将門(たいら…

アーカイブ

PAGE TOP