西洋史

ポンペイ はなぜ一夜にして消えたのか調べてみた

西暦79年、イタリア・ナポリの近くの街「ポンペイ」が一夜にして消えた。
文字通り「一夜にして」消えてしまったのだ。紀元前7世紀頃より人々が住み、ローマ帝国時代には商業も盛んな港湾都市でもあった。

それが、町の北西 10 kmにあるヴェスヴィオ火山の噴火により壊滅してしまう。ほとんど記録も残せないほどの早さで消えたポンペイに何が起きたのか?

スポンサーリンク

女神に愛された街

ポンペイ
※アレクサンドル・カバネル『ヴィーナスの誕生』

ポンペイの守護神は愛と女神の女神「ウェヌス(ヴィーナス)」であり、娼婦の館などが発掘され、ここで男女の交わりを描いた壁画が多く出土したことから、現代ではポンペイは快楽の都市とも呼ばれる。しかし、当時は性的におおらかな時代であったため、そのこと自体に問題はない。

どちらかというと、娼婦が集まるほど栄えた街であったと表現したほうがいいだろう。火山噴火まではぶどうの産地であり、ワインを運ぶための壺が多数出土されていることから、主な産業はワイン醸造だったことが伺える。現在も遺跡のなかには、船をロープで固定するための設備も発見されており、ワインと海運で賑わっていた。現在はポンペイ周辺で火山活動の地殻変動によって陸地が上昇し、相対的に水位が下がっているが、当時は海に面した街だったのである。

また、ローマ人の余暇地として繁栄したポンペイの最盛期の人口は約2万人といわれている。

ヴェスヴィオ火山噴火


※野外闘技場跡よりヴェスヴィオ火山を望む

62年2月5日、ポンペイを襲った激しい地震によりポンペイや周辺の都市は大きな被害を受けた。

街はすぐに以前より立派に再建されたが、その再建作業も完全には終わらない79年8月24日の午後1時頃にヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続ける。翌25日(噴火から約12時間後)の噴火末期に火砕流が発生し、ポンペイ市は一瞬にして完全に地中に埋まった。そして、降下火山灰はその後も続いた。

当時、唯一の信頼できる記録は、小プリニウス(ガイウス・プリニウス・カエキリウス・セクンドゥス/帝政ローマの博物学者で、ヴェスヴィオ火山の噴火の様子を書簡にまとめた)が歴史家タキトゥスに宛てた手紙である。これによると、伯父の大プリニウスはヴェスヴィオ火山の山頂の火口付近から、松の木(イタリアカサマツ)のような形の暗い雲が山の斜面を急速に下り、海にまで雪崩れ込んだのを見たと記録している。

火口から海までを覆ったこの雲は、現在では火砕流として知られる。これは火山が噴火したときに、高温ガスや灰や岩石が雪崩のように流れる現象である。

致命的な硫黄の蒸気と溶岩は情け容赦なく町を襲い、人々は家と家の間に避難場所を求め何とか身を隠す場所を求める努力をした。しかし、火砕流の発生が深夜だったこともあり、逃げ遅れた多くの市民が犠牲になっている。 次のページへ

スポンサーリンク
ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. ガイウス・ユリウス・カエサルについて調べてみた
  2. 皇帝ネロ は本当に暴君だったのか?【ローマ帝国】
  3. アレキサンダー大王の伝説 について調べてみた
  4. フランス外人部隊最大の激戦!ディエンビエンフーの戦い
  5. 暴君ではない皇帝ネロの功績を調べてみた
  6. アメリカ合衆国独立の歴史について調べてみた
  7. ジル・ド・レは青ひげだったのか調べてみた
  8. 非運の王妃、マリー・アントワネット について調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

ピックアップ記事

・キヒロの青春【第一話】から読む



スポンサーリンク

草の実漫画サイト

PAGE TOP