オカルト

蘇生を夢見てロシアで冷凍保存する人たち

人間は誰もが長寿を願いますが「」だけは避けられません。でも、それは現代の話。医療は日々進歩していて、いつか死すら克服できたとしたらどうしますか?

ロシアには、そんな夢のような話に一縷の望みをかけて眠る人々がいました。

窒素漬けの遺体たち

モスクワから北へ約2時間。そこには小さい白い倉庫があって、2018年3月の段階で、56人の遺体が収められているそうです。

その多くは自然死をむかえた高齢者のものですが、生前に本人の意思でここに眠るようになったとか。でも、埋葬されているわけではありません。それらの遺体は血液を完全に抜かれて、マイナス196℃の液体窒素に漬けられて、いつの日か蘇生される可能性を待っているんです。これはれっきとしたビジネスで、遺体は36,000ドル(約385万円)、頭部だけなら18,000ドル(約193万円)で遺体を冷凍保存しているのだとか。基本的に保管の期間は100年ですが、22世紀になって蘇生の可能性が見えてきたら延長される可能性もあります。

この冷凍保存ビジネスはロシアの「クリオルス社」が、「トランスヒューマニズム(超人間主義)」という倫理をもとに始めたもので、例えガンなどの病で亡くなっても、未来の進歩した医学でなら蘇生できるかもしれないという考えでした。

神を超えた技術

クリオルス社では、10年以上前から遺体保管ビジネスを手掛けていて、今でもさらに多くの契約が済んでいます。もちろん、顧客はロシアだけでなく、アメリカなどの諸外国にまで広がっており、人間だけでなくペットの遺体も取り扱うというから驚きですね。

同社では、人体が死後の変化を起こす前に冷凍保存処理をします。そして、医学の進歩により、蘇生方法が発見されるまで「仮死状態」にしておくのだそうです。でも、すでに亡くなった方たちですよね。生前の冷凍睡眠ならまだしも、亡くなった方の蘇生までは無理な気がしますが、どうも本気で意識や人格まで再生できる日が来ると信じているようです。

ということは、脳も蘇生しないといけないわけですが、脳の仕組みが分かるようになれば、電子チップに置き換えて蘇生した人体に埋め込むこともあるといいます。現代の倫理観では、遺体の冷凍保管でもギリギリセーフだという気もしますが、それを甦らせるとなるとまさに「神を超えた技術」となり、倫理的にも大きな波紋を呼ぶことは間違いないでしょう。

ロシア宇宙主義

現在は治療法がない病気でも、将来的には克服できるはずという考え方は、昔からありました。

医学による病気の治療が始まるはるか昔、この世界が少しずつ進歩していると気付いた頃からあったんです。その考えを、20世紀のはじめにロシアの哲学者ニコライ・フョードヴィチ・フョードロフたちが明確な言葉にしたわけです。

「ロシア宇宙主義」といいますが、それが100年以上の時を経て、トランスヒューマニズムへと姿を変えました。これは単純に死を克服できるという考え方だけでなく、技術の進歩は人間の限界を超えることができるという点も含まれています。

例えば、オルガ・レヴィツカヤさんというトランスヒューマニストの神経生物学者がいますが、彼女は怪我をした患者さんも科学を駆使した特殊なスーツを身に付けることで、リハビリの助けになると語ります。これも「科学力で人間の限界を超える」という点ではトランスヒューマニズムに含まれるということですね。

冷凍睡眠説

そして、過去にも冷凍睡眠を望み、当時の技術で眠りについていると噂される人物たちもいます。

アドルフ・ヒトラーは、自殺したとのことでしたが、遺体は見付かっていません。そこで、終戦前にナチスを支持していた南米へと渡り、冷凍睡眠に入ったといわれています。さらにそのカプセルは南極に運ばれ、今もナチスの秘密基地で眠っているという噂まであります。

また、ウォルト・ディズニーも死を恐れた人物でした。ウォルトがフロリダに「ディズニー・ワールド」を開園した後、「実験的未来都市(Experimental Prototype Community of Tomorrow)」、通称「Epcot(エプコット)」を計画していました。この頃にはウォルトも老齢で、周囲に死に対する恐れを語っていたそうです。そして、未来都市を計画したウォルト。そうです、彼もまた冷凍睡眠によって未来に希望を持ちながら眠っているひとりだという噂があります。

ウォルトの場合も家族以外に遺体を見たという人物がいないため、こうした噂が広まりました。

科学的なコールドスリープ

蘇生を夢見てロシアで冷凍保存する人たち

ヒトラーもウォルトも亡くなる前に冷凍睡眠に入ったという噂ですが、それならば科学的にわずかな望みがあります。

というのも、冷凍睡眠(コールドスリープ)の技術は将来、宇宙飛行のための技術として科学的に研究されているからです。人間の体を低体温状態に保つことで老化を防ぎ、はるかな宇宙旅行を行うことができる。何しろ、太陽系外へ人類が向かうとしたら、巨大な宇宙船で何世代も重ねて移動するか、コールドスリープをするかしか方法がありません。

フィクションの世界でも「アバター」や「インターステラー」などで登場してますね。

でも、残念なことに現段階で冷凍保存から甦ったという人はいません。それには、病気だけでなく、死者を甦らせるという魔法のような科学力が必要になります。

でも、SF作家アーサー・C・クラークの法則によれば「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」ということなので、魔法が現実になるまで彼らは眠り続けていたのでした。

関連記事:ヒトラー
アドルフ・ヒトラーとオカルティズムについて調べてみた
関連記事:ウォルト・ディズニー
ディズニー社はなぜ著作権に厳しいのか調べてみた

Amazon:『インターステラー [Blu-ray]』画像をクリック!

クロワ

クロワ

投稿者の記事一覧

フリーライターのクロワです。主に生活のなかで役立つ記事やトレンド記事などを書いています。よろしくお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 小惑星オウムアムアは宇宙人探査機?【第2のブラックナイトか】
  2. エリア51にピラミッドが存在した【ネットで拡散したその証拠】
  3. 「トランプ政権下のアメリカ政治」 ”Q”の正体に関して考察する
  4. 黒魔術の歴史について調べてみた
  5. 条約に見る北方領土・プーチン外交でロシアの勝利か?
  6. 【謎の飛行物体X】NASAも関与する計画について調べてみた
  7. フリッツ・ハーバー【凄惨な兵器 毒ガスを実用化したノーベル賞受賞…
  8. 封印されたフィラデルフィア実験【駆逐艦が消えた!レインボー・プロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

世界の次世代ロケットについて調べてみた

スペースシャトルの最後の打ち上げは2011年というから、すでに7年前ということになる。円筒形のロ…

今川義元の領国経営と組織的戦いについて調べてみた

はじめに今川氏は京の将軍家の家系である。今川氏親が死去すると、今川氏輝が跡を継いだが、その後、急…

前田利家【信長の小姓、槍の又左、浪人、数々の逸話】

槍の又左衞門の異名前田利家(まえだとしいえ)は織田信長・豊臣秀吉の2人の天下人に仕え、そ…

アーカイブ

PAGE TOP