f アルバニアについて調べてみた【国民の半分がねずみ講に加入】 - 草の実堂

海外

アルバニアについて調べてみた【国民の半分がねずみ講に加入】

アルバニア

※アルバニアの国旗。ど真ん中には双頭鷲の紋章がある

皆さんはねずみ講という言葉を聞いたことはあるのだろうか?

ねずみ講というのは簡単に言えば儲けをちらつかせて人々を勧誘し、高額な入会金を稼いで半分を創始者の儲けに、半分を紹介者にあげ、また人々を勧誘するというもので法律で禁止されている行為です。

しかし、そのねずみ講をしまくったせいで国が傾いた、とんでもない国が存在しているのです。
今回はそんなねずみ講をして潰れかけた国であるアルバニアについて紹介していきます。

アルバニア 基礎データ

※アルバニアの位置 wikiより

アルバニアはバルカン半島の南西部に位置している国で、周りにはギリシャやマケドニアなどに囲まれています。

ちなみにこの国はヨーロッパの国では珍しくイスラム教徒が国民の大半を占めており、キリスト教があまりいません。さらに元々社会主義国だったことや、後で紹介する通りねずみ講などのせいでヨーロッパでは一二を争うほど貧乏な国です。

アルバニアのねずみ講が起こるまでの簡単な歴史

アルバニアは元々オスマン帝国に支配されていた地域でした。しかし、1912年にオスマン帝国が第一次バルカン戦争に負けたことによってその2年後にアルバニア公国として誕生しました。

しかしこの国の政治基盤はとんでもなくゆるゆるであり各地の有力者が内紛を起こすという無政府状態に突入。この状態が10年ほど続いてしまいます。

※ゾグー1世

1928年にゾグー1世がなんとか内紛を抑えると近代化を促進しますが、1939年にムッソリーニ率いるイタリアによってわずか4日で占領され、アルバニアはイタリアの傀儡となります。しかし、1943年にイタリアが連合国に降伏すると1944年にソ連の援助を受けてホッジャをリーダーとするアルバニア社会主義人民共和国を成立させます。

※エンヴェル・ホッジャ Enver Hoxha

しかし、このホッジャという男。なかなかのヤバいやつで元々スターリン主義を熱狂的に支持していたおかげで1956年にソ連がスターリン主義を辞めるとホッジャはソ連と国交を断交。

さらによりにもよって当時大躍進政策で大混乱に陥っていた中国に擦り寄っていくというルート一直線を突っ走っていきます。

※中国とアルバニアとの友好を示すプロパカンダ。この頃の中国は今みたいに発展などしていない。

さらに1960年後半から中国が文化大革命を始めると、アルバニアはイスラム教徒が多くいるにもかかわらずなんと無神国家を宣言。

イスラム教・キリスト教などの宗教が廃止されてしまいます。

これによって国内は大混乱。社会主義国における経済の停滞、さらには頼みの綱である中国の援助も打ち切られ鎖国状態に突入し、経済はめちゃくちゃ。アルバニアはヨーロッパの最貧国となりました。

アルバニアのねずみ講

社会主義国になって経済がめちゃくちゃとなったアルバニア。しかし1989年に転機が訪れます。

この年、なんとルーマニアやポーランドで共産党政権が倒され、東欧革命という大きなビッグウェーブがやってきます。これを見た国民たちはアルバニアの共産党政権を打倒。ホッジャは退陣し1992年に非共産主義政権が誕生しました。

これによってアルバニアは共産主義国から脱却することに成功しますが、これがとんでもない自体を招きます。

共産主義制から抜け出し資本主義制度を取り入れることになったのですが、その資本主義制度の導入があまりにも急激すぎたため、国内は再び大混乱となりました。さらに国民たちは共産主義の生活にどっぷり浸かっているため資本主義のシステムや金融に関する知識が無いに等しかったのです。

ここにねずみ講の集団が目をつけました。

当時お隣ではユーゴスラビア内戦が勃発しており、武器弾薬が不足していました。そこにねずみ講の人たちがこの武器の密輸のビジネスを始め、その資金をアルバニアの国民からねずみ講でむしり取ろうとしたのです。

その結果国民の半分がねずみ講に加入しているという異常事態が発生。肝心の政府は外貨が獲得できるため黙認するという体たらくでありました。
そして1997年に内戦が終結に向かい始めるとビジネスは破綻。ねずみ講に加入した人たちの資金も全てパーになりました。

※アルバニア暴動の様子 NATO軍が介入している

資金を失い怒り狂った国民たちは政府に対して暴動を起こし、ついには大統領を退陣にまで追い込みました。

結局NATO軍の力を借りてなんとか暴動を鎮圧しますが、これによってアルバニアの経済は今現在でもどん底をさまようようになってしまいました。

このアルバニアの暴動は、知識を持たずに行動するととんでもない末路が待っていることを、身をもって示してくれたといってもいいのではないでしょうか。

 

アバター

右大将

投稿者の記事一覧

得意なジャンルは特に明治以降の日本史とピューリタン革命以降の世界史です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 新聞が巻き起こした戦争・イエロージャーナリズムと米西戦争
  2. モスクワの戦い について調べてみた【冬将軍到来】
  3. ポンパドゥール夫人 「平民からルイ15世の公妾に成り上がった影の…
  4. エンスラポイド作戦【ナチス親衛隊No.2暗殺作戦】
  5. ヒムラーの謎の城について調べてみた【ナチス親衛隊】
  6. ムスタファ・ケマル「一代でトルコを近代化させた独裁者」
  7. ハドリアヌス について調べてみた【ローマ最盛期の皇帝】
  8. ヨーロッパで最も危険な男・オットー・スコルツェニー


新着記事

おすすめ記事

カタコンブ・ド・パリ 「パリの地下に広がる死の帝国!」

もし、行く手に「止まれ!ここは死の帝国である」と書かれていたらどうする?その言葉に恐れをなし…

小川洋子のオススメ小説「年間読書数100冊超えの筆者が選ぶ!」

この記事では、年間100冊以上の小説を読む本の虫・アオノハナが、作家別のおすすめ作品についてご紹介し…

熱中症の予防、原因、対策について調べてみた

熱中症 とは熱中症とは、暑熱環境下において身体適応の障害によって起こる状態の総称です。本質…

松山刑務所の大井造船作業場に行ってきた その3【魔のそのほか】

大井造船作業書での点呼大井造船作業場は大変忙しい施設です。人員点呼を例にあげると、普通は動作…

キアヌ・リーブスは不老不死かタイム・トラベラーか?!

昔から不老不死というのは人間にとって切実な願いでした。それは歴史だけでなく、フィクションでも…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP