宗教

出口なおと 出口王仁三郎【メディアミックスを先取した新興宗教 大本 】

オウム真理教と大本

オウム真理教は1990年代の日本で数々の事件を引き起こし、最終的には地下鉄サリン事件などのテロ行為に及んだカルト集団でした。

教祖・麻原彰晃(本名・松本智津夫)を始め、各凶悪事件の実行犯らに対する死刑が2018年に執行されました。

当時、敵対する人物の拉致・監禁、殺害や化学兵器・サリンを使用した無差別テロなどあらん限りの犯罪を犯していたものの、当初は状況証拠でオウムを犯罪者扱いするのは戦前の大本の宗教弾圧に通ずる恐れがあるとして、マスコミ各社・識者の中には擁護する姿勢が大勢を占めていました。

オウムでさえも過去のことになりつつある中で、そもそも戦前の宗教弾圧と言われた大本(おおもと)について調べてみました。

出口なおと 出口王仁三郎

出口王仁三郎

※出口なお 1916年撮影

大本 は「開祖」と称される出口なおという女性が1892年(明治25年)、56歳のときに突如として日本神話における高級神「国常立尊」(くにのとこたちのみこと)の神憑りを起こしたという事象から端を発した宗教です。

当時の日本では天理教などの他の新興宗教でも神憑りから発しており、日本古来からある巫女の系譜に繋がるものと見做されています。

なおは文字が読めなかったも関わらず、神憑りをすると自動書記で大量の文章を書くようになったと伝えられています。しかし新興宗教としての大本は、なおの住んでいた京都丹波地方の一宗教に過ぎず、大本が広く世に知られることになったのは、尚の五女である出口すみの婿となった出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)の出現によるものでした。

大正日日新聞を買収

※出口王仁三郎

出口王仁三郎大本は、なおが死去した後の1919年(大正8年)にかつての戦国武将・明智光秀の居城であった亀山城址を教団の本拠「天恩郷」として整備しました。更に翌1920年には、大正日日新聞を買収して新聞というメディアを通して大々的な普及活動に乗り出しました。

著名な英文学者であった浅野和三郎が入信したことで、知識人たちからも注目を浴びる事になった大本は当時の時代背景、世界的なスピリチュアリズムの流行にも助長されて一躍に知名度を高めて行きました。

また王仁三郎は、現世利益や病気の治癒を求めた人に対しカリスマ的な言動によってその支持を得て、多くの信者を獲得することに成功しました。

信者数30万人を獲得

王仁三郎らの大本は、やがて軍人や皇族までも信者として獲得するに至りました。

これには殊にかつて海軍機関学校の教官を務めた浅野の貢献が大きく、帝国海軍では大本思想の浸透が進みました。戦艦・香取内では公然と布教が実施され、日本海海戦の立役者であった秋山真之も大本を研究したと伝えらえれています。

大本が当時の人々の支持を得た大きな要因のひとつにその終末論が挙げられます。

折しも第一次世界大戦後の荒廃した世相にあって、以後の太平洋戦争や大都市の空襲などを予言して見せたことで、信者の数は30万人とも言われる程に達しました。

弾圧と現在

しかし幸か不幸か、大本はこの信者数の膨張から時の政府に危惧される存在になっていきます。

殊に当時の国家神道と異なり「天照大神」ではなく「国常立尊」を崇め、軍を始め皇族にまでも信者を拡大し、更に国家の滅亡にまで言及するようになった大本は、当局から秩序の破壊を目論む集団と見做されるようになりました。

※「大本教本山宮の取毀ち—十月二十日」(綾部)『寫眞通信』大正十年十月號、大正通信社

大本は1921年(大正10年)には第一次大本事件と呼ばれる不敬罪・新聞紙法違反での取り締まりを受けました。

更に1935年(昭和10年)には警官隊約500人が投入された第二次大本事件が発生、このときは不敬罪と治安維持法違反の罪状での本部施設の破壊など、徹底した取り締まりが行われました。

しかし、日本の敗戦後1945年には復活し、1980年代には内紛により「大本信徒連合会」と「宗教法人愛善苑」に分裂するも現在でも存在しています。

大本には教典となる出口王仁三郎の著、「霊界物語」がありますが、こちらのサイトにて全て無料で購読することができます。

霊界物語無料購読 → 霊界物語ネット

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

swm459

投稿者の記事一覧

学生時代まではモデルガン蒐集に勤しんでいた、元ガンマニアです。
社会人になって「信長の野望」に嵌まり、すっかり戦国時代好きに。
野球はヤクルトを応援し、判官贔屓?を自称しています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. アガスティアの葉について調べてみた【自分の運命が書かれている】
  2. 闇淤加美神(くらおかみのかみ)について調べてみた【貴船神社】
  3. 歴史の深淵から目覚めた「死海文書」
  4. 奈良の大仏は過去に何度も破壊されていた
  5. 神功皇后 〜日本神話の中でも指折りの女傑【住吉大社祭神】
  6. キリスト教と占星術の関係【ローマ帝国時代】
  7. マザー・テレサの人間的な素顔について調べてみた
  8. 明治神宮の歴史 について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

破られる沈黙【漫画~キヒロの青春】⑮

こんばんはギブ&テイク【漫画~キヒロの青春】⑯へ…

無理やり結婚させられ、巻き添えで処刑された駒姫の理不尽すぎる悲劇【戦国時代】

血で血を洗う戦国時代、とかく女性は政略の道具として扱われ、当人の望まぬ結婚を強いられた事例は多々あり…

九鬼嘉隆について調べてみた【織田・豊臣に仕えた海賊】

「海賊」という言葉で思い浮かぶのは身近なところでいうと大人気コミックの「ワンピース」であろう。そ…

保科正之 〜稀代の名君と呼ばれた家康の孫

松平を名乗らなかった 保科正之保科正之(ほしなまさゆき)は、江戸時代の初めに稀代の名君と…

「我思う故に我あり」近代哲学の父ルネ・デカルト

我思う故に我ありこの言葉は聞いたことがあるという人も多いと思う。近代哲学の父ルネ・デカルトは…

アーカイブ

PAGE TOP