PPC広告とはどういうものか(Google Adwords、Yahoo!プロモーション)

PPC広告とはどういうものか(Google Adwords、Yahoo!プロモーション)

こんばんはん。

今日はちんたら自分の漫画を描いてみたり、広告の練習をしたりしていました。

それで、GoogleやYahooの検索結果にマッチした部分に広告を出すことをPPC広告というんですが、これが当たればデカイのですが、当たらないと金だけかかって効果薄か、ライバル多いと単価高すぎて表示すらされなかったりするんですね。

わかりやすく言うと、ルイボスティーを売りたかったら、「ルイボスティー」というキーワードで広告を出すんですね。そしてプラス「ルイボスティー 効果」とか「ルイボスティー 販売店」とか、もう何十個も検索されそうなキーワードを考えて、それぞれに単価を設定するんです。

それで例えば、Googleで「ルイボスティー」で検索して、単価が一番高かったら、自分のサイトが広告として一番上に表示されるという仕組みです。そしてその広告がクリックされたらその単価分を払うということです。

つまりもし単価を100円に設定したら、10クリックされたらもう1000円かかってしまうというわけです。ちなみに検索の一番上で100円なら安い方です。

つまり設定を間違えると・・・・色々危険です(笑)

グーグルアドワーズやYahoo!プロモーション

Yahoo!プロモーションはまだやってなくて、GoogleAdWordsのみやってるんですが、前回のルイボスティーみたく実際に商品を持ってなくても、他の会社の商品を紹介するページを作って、それをPPC広告で出す技もあるんですね。んでももちろんその会社名とか商品で広告うつのは大概NGです。それとペラページとかただの誘導サイトも審査に落ちたりします。

これはリスティング広告とも言って、大体会社ごとにどこまでOKなのかルールが定められています。

簡単に言ってしまえば、アフィリエイトをPPCを使ってやるということなのですが、やっている人はたくさんいるので、どのキーワードを狙っても単価はやっぱり高めです。

Yahooの方が審査は緩めで、Googleの方が厳しいらしく、アフィリエイト目的の人は多くはYahooでやっているようです。

いくつか作ってみたけど疲れた・・・

とある会社の高速サーバーの紹介サイト作って広告出してみたり、外国ファッション通販の紹介サイトなども、ささっと練習がてら作って広告出してみましたが、サーバーに関してはキーワード単価がめちゃくちゃ高く300円以上とかもざらだったので、撤退・・・海外ファッションはまだ単価低めでしたが、収益化できるかどうかは望み薄そうで、とりあえず放置・・

キーワードに関しては、実際に商品を売っている会社からアフィリエイターまで全力で広告をかけているので、なかなか厳しい世界ですね。

仮想通貨の時はタイミングがよくて、うまく跳ねましたが、こちらの世界も奥が深そうです。

とりあえず色々やってみて、ルールとかキーワードの出し方とか最初の価格設定の仕方(とりあえず低めに出してどれくらいの単価で出されているか様子を見る)など、かなり勉強になりました。

ネットの広告は重要なマーケティングの一つ

マーケティングには様々なジャンルがあると思いますが、ネットのマーケティングはかなり重要なものの一つだと思います。facebookやtwitter、youtube、インスタグラムなどでもマーケティングはできますし、ビラ配りとかチラシ、口コミもマーケティングです。

そうした様々なシステムや媒体があって、さらにその中で見せ方や書き方など色々な手法があって本当に奥の深い世界です。

ネットのマーケティングは、費用がかなり低めで大きな効果が見込めるのが特徴なので、今後も修行を続けていこうと思います。

今日は特に面白みのない内容でした。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

タイトルとURLをコピーしました