豊臣氏

  1. 木村重成 ~顔良し・性格良し・武勇に優れた戦国一のイケメン武将

    木村重成とは木村重成(きむらしげなり)は、豊臣秀頼に仕えた戦国一の美男子と呼ばれた若武者である。初陣となる大坂冬の陣で武功を挙げて、一躍その名を世に知らしめた若武者は背が高く、色白で立ち振る舞いが良く、礼儀作法や言動も粗…

  2. 豊臣最後の名将・毛利勝永【真田とともに家康を自害寸前まで追い詰めた猛将】

    毛利勝永とは毛利勝永(もうりかつなが)は大坂の陣で「大坂五人衆」の一人として特に「大坂夏…

  3. 徳川幕府が恐れた猛将・明石全登【戦場から消えた謎多きキリシタン武将】

    明石全登とは明石全登(※あかし ぜんとう/たけのり/てるずみ~など読みは他説あり)は宇喜…

  4. 毛利輝元は本当に無能な武将だったのか?【関ヶ原では一戦も交えず撤退】

    毛利輝元とは毛利輝元(もうりてるもと)は毛利元就の孫であり、幼くして大大名家の跡取りとな…

  5. 金森長近 【信長、秀吉、家康に仕え85才まで生きた赤母衣衆】

    金森長近とは金森長近(かなもりながちか)は織田信長の親衛隊(赤母衣衆)の一人で、信長の死後は…

  6. 脇坂安治 – 日本より韓国で有名な豊臣の水軍大将

  7. 豊臣五奉行・増田長盛【豊臣家を滅ぼした元凶?】

  8. 天下無双の算術・長束正家「秀吉が強引に家臣にした天才」

  9. 「仏の茂助」と呼ばれた・堀尾吉晴【豊臣政権の名調整役】

  10. 秀吉の中国大返しはなぜ成功したのか?【230kmの距離を7日で強行】

  11. 商人の子から大名に大出世した・小西行長【加藤清正のライバル】

おすすめ記事

イザベラ・バードが記した明治時代のリアルな「日本奥地紀行」

イザベラ・バード (1833~1904)は、19世紀に活躍したイギリスの探検家・写真家である…

諫早家文書 長崎県文化財に 江戸期200年の日記や絵図 レザノフ来航、長崎警備の記録も

長崎県教委は13日、江戸時代に佐賀藩諫早領を治めた諫早家に伝わる日記類などの「諫早家文書…

懲役側から見た「仮釈放」の実態と仕組み

仮釈放を目標にしている人刑務所に入所するとすぐに手紙の発受信の申告や面会者、身元引受人などの…

旧ソ連・北朝鮮の巨大建造物について調べてみた

ソビエト連邦、北朝鮮といった一党独裁の社会主義国家では、社会主義の発展を象徴するという建前のもと…

国内コロナ、欧州起源の第2波か

国内の新型コロナウイルス感染症は、中国・武漢から持ち込まれた第1波の感染拡大はほぼ終息し…

本多忠勝の忠義について調べてみた

戦国の世は、家臣が主君を、親が子を、子が親を裏切るのが当たり前の時代だった。「義」を重んずる上杉…

杉田玄白は実はオランダ語ができなかった【解体新書の翻訳者】

玄白と解体新書杉田玄白(すぎたげんぱく)は江戸時代中期の蘭方医であり、歴史の教科書にも「…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP