調べてみた安土桃山時代

  1. 塙団右衛門について調べてみた【大名になるため、あの手この手を尽くした武将】

    猪と揶揄された 塙団右衛門新年号を迎える2019年の干支は猪である。猪というと何も考えずただ突き進む猪の行動を含めた『猪武者』という所謂、策もなしに敵陣に突っ込む無謀な武将の代名詞になっている。今回は仕えていた主君から猪と揶…

  2. 高橋統増(立花直次)~新陰治源流を起こした立花宗茂の実弟

    名将の血統高橋統増(たかはしむねます)は、鎮西一の剛勇・知勇兼備の名将として名高い立花宗茂(たち…

  3. 島津義久 〜それぞれ優秀な弟たちを束ねた島津4兄弟の長兄

    島津4兄弟の長兄島津義久(しまづよしひさ)は島津氏の代16代当主を務め、同氏の最大版図を…

  4. 最上義光「奥羽の驍将」とも称された伊達政宗の叔父

    「奥羽の驍将」の異名最上義光(もがみよしあき)は堂々たる体躯の持ち主で、怪力で武勇にも優…

  5. 蘆名義広【角館城下町を築いた浮き沈みの激しい人生を生きた武将】

    佐竹氏の出自蘆名義広(あしなよしひろ)は、常陸の戦国大名・佐竹義重の次男ですが白河氏の養…

  6. 織田有楽斉について調べてみた【織田家随一の茶人】

  7. 本庄繁長『一度は上杉に背くも越後の鬼神と称された武将』

  8. 前田利家【信長の小姓、槍の又左、浪人、数々の逸話】

  9. 豊臣秀長について調べてみた【豊臣政権を支えたナンバー2】

  10. 戸沢盛安【若すぎる死が惜しまれた北の猛将】

  11. 武家官位について調べてみた【暗黙のルールがあった】

おすすめ記事

韓国へ行ってきた【日本人観光客に対するリアルな反応は?】

2019年2月、私は仕事の関係で韓国に渡航した。時期的に冬のソウルは日本の北海道と同じ気温と考えてい…

味噌の起源と歴史

 味噌とは「味噌」とは何なのか。Wikipwdiaには、大豆や米、麦等の穀物に、塩と…

【聖徳太子は実在しなかった?】分かりやすい聖徳太子の偉業

日本人なら誰もが知る、日本史上最大の偉人が「聖徳太子」である。歴史の授業でも学び、彼の偉業は現在…

西郷隆盛と勝海舟はいかにして江戸無血開城を成し遂げたのか?

※西郷隆盛・勝海舟西郷隆盛のエピソードは多いが、その功績として外せないのが「江戸無血開城」だろ…

「田畑政治ゆかりの地」案内板設置全11ヶ所へ行ってみた

──浜松城(静岡県浜松市)、引馬城(静岡県浜松市)と続いて、次はどこのお城?いえいえ…

赤備えの井伊直政の生涯【武勇に秀でる美男子だった】

井伊直政は遠江国の井伊谷に生まれた。父は井伊直親であったが、領主だった今川氏真に謀反の疑いを…

イヤホン・ヘッドホンの構造と価格の違い

ハイレゾの普及やiPhone純正ワイヤレスイヤホンの発売により、移動中でも簡単に音楽が楽しめるよ…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP