調べてみた恐竜

  1. スピノサウルスの発見から現在に至るまでの研究の歴史

    コロナ禍の最中に飛び込んで来た大ニュース新型コロナウイルスによって「ステイホーム」という言葉が世界中で使われていた2020年4月、深夜にも関わらず、とある恐竜の名前が日本…いや、世界中のTwitterトレンドを支配した。「支配し…

  2. 消えたセイスモサウルス 「もう一つの超巨大恐竜」

    もう一つの消えた超巨大恐竜1979年といえば、コロラド州で現在では無効名となっているウルトラサウ…

  3. マーシュとコープの化石戦争 「二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争」

    恐竜界最大のライバル19世紀後半、二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争が勃発した。…

  4. もし恐竜が現代にいたら人間と一緒に働くことはできるのか?

    恐竜と一緒に働こう!現代に恐竜がいたら、というifはファンの間でよく議論されるネタだが、エウロパ…

  5. ウルトラサウロス 「消えた伝説の超巨大恐竜」

    生物の命名ルール恐竜は絶えず発掘と研究が進んでおり、毎年のように新種の恐竜や人気の恐竜に関する新…

  6. 恐竜「イグアノドン」を発見した化石マニア医師「ギデオン・マンテル」

  7. コリトサウルスの貴重な発見【ミイラ化石からスターダムへ】

  8. エウロパサウルスの飼育方法 「もし現代にいたら飼うことはできるのか?」

  9. エウロパサウルス 「島嶼化によって小さくなった飼えるブラキオサウルス」

  10. 恐竜界の革命児 ヴェロキラプトル 【ジェラシックパークで大ブレイク】

  11. 亜種?希少種? かつてブラキオサウルスだった恐竜達 「ジラファティタン」

おすすめ記事

パナソニックに生きる「幸之助イズム」

パナソニックの各事業所で開かれる「朝会」では、社歌の斉唄に続いて以下の「綱領」「信条」、そして「遵奉…

モバイル決済 おすすめ5選 【スマホで手軽に決済】

今の時代、「クレジットカードがないと生きてゆけない!」とまではいいませんが、「あると便利」から「ない…

滝川一益について調べてみた【悲運の織田家武将】

関東方面軍を率いた 滝川一益滝川一益(たきがわかずます)は織田信長が本能寺の変で討たれるまで…

polcaについて調べてみた【フレンドファンディング】

企業や個人が資金調達のために「クラウドファンディング」を利用することが一般にも普及してきました。…

ビールの歴史 「美味しいビールは産業革命の賜物」

広い会場に多くの屋台が並んで、青空の下で本場ドイツのビールを味わう。こうした「オクトーバーフ…

この地球は樹木の残骸でできていた

さて、まずは先にこちらを読んで欲しい。「古代の地球は巨木世界だった確かな証拠【この地…

人気記事

[wpp range="monthly" order_by="views" limit=30 thu…

PAGE TOP