恐竜

ヘレラサウルス ~三畳紀最強のヤバイ恐竜

上野で出会ったヤバイやつ

ヘレラサウルス

画像 : 恐竜博 著者撮影

浦和レッズが3度目のアジア制覇を果たした2023年5月6日、29年来のレッズサポである筆者は、埼玉スタジアムに向かう前に友人と上野の国立科学博物館にいた。

本当は恐竜博を二人で見て、そこで出会った恐竜を紹介したかったのだが、予約制で完全に出遅れてしまったためチケットが手に入らず、予定変更で博物館で恐竜巡りをする事にした。

7年ぶりに博物館で再会した恐竜達は相変わらずの存在感で、T-REXよりも美しいアロサウルスのフォルムに惚れ惚れしていたが、改めて恐竜を見て新たに目を引いたのはヘレラサウルスだった。

ヘレラサウルス

画像 : エオラプトル 著者撮影

同じく化石が展示されていたエオラプトルとともに最古の恐竜の一種という知識はあったが、実際にヘレラサウルスの化石と対面して初期の恐竜ならではの特徴的な姿に惹かれた。

今回は、最古の恐竜の一つであり、三畳紀最強の恐竜として知られるヘレラサウルスを紹介する。

初期の恐竜ならではの魅力

ヘレラサウルス

画像 : ヘレラサウルス 著者撮影

1959年、アルゼンチンのサン・ファン付近で恐竜の化石が発見された。

その恐竜は発見者のヴィクトリーノ・エレーラ(Victorino Herrera)にちなんで、ヘレラサウルスと命名されるが、当初は手掛かりとなる化石が少なすぎたため、長い間まともに研究が進まなかった。

発見から29年経った1988年、ポール・セレノによって頭骨を初めとしたほぼ完全な化石が発見され、実際に骨格を見て惹かれたヘレラサウルスのユニークな特徴が明らかになる。

ヘレラサウルスの特徴

ヘレラサウルス

画像 : ヘレラサウルス 著者撮影

上手く写真を撮れていないので分かりづらいが、ヘレラサウルスは手足ともに5本の指を持っている。

これは原竜脚類(現「原竜脚下目」)にも見られる初期の恐竜ならではの特徴で、アロサウルスの指が手3本、足4本と少なくなっている事に進化の過程を感じる(それと同時に肉食恐竜だからと単純にヘレラサウルスが直接アロサウルスに進化した訳ではない)が、人間と同じ5本の指に親近感を持つとともにヘレラサウルスの「個性」として更に気に入った。

外見だけ語るのもヘレラサウルスに失礼なので、身体の特徴を解説すると、ヘレラサウルスは骨が空洞になっており、素早く獲物を仕留める事が出来た。

当時の大半の生物より大きな身体を持ちながら、俊敏に動き回るヘレラサウルスが獲物である草食動物にとって脅威だった事は想像に難くないだろう。

また、ヘレラサウルスの顎は有鱗目(ゆうりんもく、ヘビやトカゲの仲間)のように柔軟な構造で、大きく口を開ける事が出来た。

これは恐竜としては珍しい特徴であり、ヘレラサウルス本当に獣脚類なのか、そもそも「恐竜なのか」という議論の的にもなっているが、それは最後に触れたいと思う。

ヘレラサウルスは当時最強だったのか?

https://youtu.be/PCA2smasdIc

資料によってバラつきがあるが、全長最大6メートル(小学生の時に見た図鑑では3メートル)とされるヘレラサウルスは恐竜黎明期に於いて最大級のサイズ(体重350キロ)を誇っており、恐竜としては文句なしに最強だった。(サイズ含め近縁種とされるフルグエンリサウルスも存在するが、研究が進んでいないためここではヘレラサウルスを最強の恐竜とする)

画像 : ヘレラサウルス 画家による生体復元 wiki c Fred Wierum

だが、三畳紀には恐竜以外にも大きな肉食生物が存在しており、ヘレラサウルスが登場して即地上の支配者になったと考えづらいのも事実である。

筆者が初期の恐竜が当時の地上で最強だったという説に疑問を持つ根拠は、ワニの存在だ。

正確にはワニの祖先である「クルロタルシ類」だが、現在のワニの特徴をいくつも持った彼らは恐竜の存在した時代を通して大型獣脚類と食物連鎖の頂点を競う関係だった。

三畳紀後期のアルゼンチンにはサウロスクス(全長7メートル、最大9メートルになった説もある)という巨大なワニの祖先がおり、ヘレラサウルスとは時代も生息地も重なっていた。

画像 : サウロスクス wiki c Nobu Tamura

どちらが強いか気になるところだが、ヘレラサウルスがワニと争った証拠はなく、理由もなく戦う事もないから上手く共存していたはずなので、どちらが強いか想像という名の考察をするしかない。

単純に両者のスペックを比較すると、サイズを考えたらやはりサウロスクス有利で、スピードというヘレラサウルスのアドバンテージでも苦戦は避けられなかったと予想する。

ヘレラサウルスの勝ち筋を考えたが、まだ進化の途中で、完全な支配者となる準備が出来ていないヘレラサウルスに最強を求めるのは困難と判断し、自分の中で三畳紀の頂点はサウロスクスという結論になった。

それでも、ヘレラサウルスが当時の生態系で最強の一角を担っていたのは紛れもない事実である。

ヘレラサウルスは恐竜なのか?

画像 : 獲物のリンコサウルス類(幼体)を咥えたヘレラサウルスの復元模型 wiki c Eva K.

サウロスクスとの最強考察の前に触れた「ヘレラサウルスは本当に恐竜なのか?」という話だが、特徴があまりにも原始的すぎる(前述した顎の構造など獣脚類にはないものが多い)ため、今でも獣脚類に分類すべきか疑問視する声がある。

現在は肉食恐竜の1グループであるヘレラサウルスのままで進化が止まり絶滅してしまった(別の恐竜が獣脚類へと進化した)という説が主流だが、獣脚類へと進化した別の恐竜は北米で繁栄したコエロフィシスになるまでどのような進化をしたのか、興味は尽きない。

初期の恐竜として最強の名を手にしながらも生き残れなかったのは残念だが、ヘレラサウルスが独自の進化を遂げながらも早期に絶滅したという説は、初期の恐竜全てが後に繁栄する恐竜の祖先ではないという、恐竜の研究に於ける重要な手掛かりの一つである。

恐竜黎明期の頂点を極めながら、更なる進化をする事も生き延びる事もなく表舞台から消えたヘレラサウルスだが、初期の恐竜ならではの独特な姿は、唯一無二の魅力として決して色褪せない輝きを放っている。

 

アバター

mattyoukilis

投稿者の記事一覧

浦和レッズ、フィラデルフィア・イーグルス&フィリーズ、オレゴン州立大学、シラキュース大学を応援しているスポーツ好きな関羽ファンです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 変わり続ける竜脚類研究の歴史 「竜脚類は泳げた?」
  2. 30秒の差が恐竜の絶滅を決めた!【小惑星地球激突死因ランキング】…
  3. 恐竜「イグアノドン」を発見した化石マニア医師「ギデオン・マンテル…
  4. ウルトラサウロス 「消えた伝説の超巨大恐竜」
  5. スピノサウルスの発見から現在に至るまでの研究の歴史
  6. マーシュとコープの化石戦争 「二人の学者による壮絶な恐竜の化石発…
  7. ジュラ紀最強の肉食恐竜 アロサウルス
  8. 【ブラキオサウルスのご先祖様 】 ボトリオスポンディルスとボイブ…

カテゴリー

新着記事

おすすめ記事

『古代中国前漢』 2200年前の女性貴族ミイラ 「生前に近い状態で発掘」

古代中国の女性ミイラミイラとは、一般的には腐敗を避けるために内臓などが取り除かれた乾燥した遺体で…

蜀の老将・黄忠の実像 【関羽との名勝負はフィクションだった】

蜀の誇る老将蜀の誇る猛将ユニット、五虎大将軍の中で、これまで関羽、張飛、趙雲、馬超と4人…

【古代中国の宇宙人遺跡?】 三星堆遺跡で唯一発見された女性人骨 「第一村人」とは

三星堆遺跡最大の謎三星堆遺跡(さんせいたいいせき)とは、中国の四川省広漢市、三星堆の鴨子…

野良猫みたいな娘【漫画~キヒロの青春】㊽

もう全くわけがわかりませんでした。。。ナンパ男からの電話【漫画~キヒロの青春】㊾へ第一話…

伝説の爆乳ベトナム女戦士~ 趙氏貞 【鎧からはみ出すほどの超巨乳 ※三国志】

ベトナム伝説の女戦士救国の女戦士といえばフランスのジャンヌダルクなどが有名ですが、ベトナ…

アーカイブ

PAGE TOP