生活自然&動物

  1. 【獣害問題】 シカやイノシシを駆除しても被害が減らない理由とは

    農作物を食い荒らしたり、時に人を死傷させてしまったりする野生動物。近年大規模化するメガソーラー事業など、山林の乱開発の結果として棲み家を追われてしまった動物たちが、人里に下りてきて少なからず被害をもたらしています。行政当局で…

  2. 【美しい花には毒がある】 身近にある意外と危険な毒植物 「野菜の毒にも要注意」

    コロナ禍以来ガーデニングや家庭菜園がブームとなり、自宅で花や野菜を育てる人が増えているが、植…

  3. 『歴史上最も大きな生物』 シロナガスクジラが来たぞ! ~屏東県国立海洋博物館

    シロナガスクジラ皆さんもご存知の通り、「シロナガスクジラ」は生物の歴史の中で最も大きな動…

  4. 「クマムシ」のタンパク質が、人間の老化を遅らせる可能性

    2024年3月19日、クマムシが持つタンパク質が、人間の細胞の働きをゆっくりにする(人間の細…

  5. 【世界最大の新種】 全長8mの超巨大アナコンダ ~ウィル・スミスの撮影隊が発見

    バスより長くピアノと同じ重さの巨大アナコンダが発見される俳優ウィル・スミスのネイチャードキュ…

  6. 2050年までに32の米国の主要都市が「海面上昇」の深刻な危機

  7. ハシビロコウ 「まるで銃撃戦のような爆音を出す 絶滅危惧種の巨大鳥」

  8. 野生動物との共生「環境治療、保存医学」とは何か? 第一人者の話を聞いてきた

  9. 日本のクマを絶滅させたらどうなるのか? 調べてみた 【指定管理鳥獣に追加】

  10. 【交尾のしすぎでオスだけ集団死】 絶滅危惧種の小型カンガルー

  11. ヘリコプターの音で、なぜかワニが大興奮 「狂ったように交配を始める」

おすすめ記事

ツェッペリン飛行船 「日本にも来ていた巨大飛行船」

※ツェッペリンの初飛行(1900年)1929年(昭和4年)8月29日、世界初の出来事があ…

【ナチズムに反旗を翻した芸術家】 ハンス・ベルメールとは

ハンス・ベルメールはドイツ出身の芸術家だ。日本では球体関節人形作家の先駆者として認知されてい…

「オーロラ」の特徴に迫る 〜日本でも観測できる「オーロラ」とは?

北極圏の夜空に浮かび上がる幻想的な「オーロラ」を、一生に一度は見てみたいと思う方も多いのではないだろ…

野口男三郎事件 ~「少年の尻の肉が切り取られた未解決殺人事件」

生い立ち野口男三郎(のぐち おさぶろう ※旧姓・武林、1880年生まれ)は、大阪府大阪市…

「連続殺人犯」の逃亡をなぜか村人たちが助けた 『鬼熊事件』とは

大正15年(1926)8月20日、千葉県の農村で連続殺傷放火事件が起きた。犯人は岩淵熊次郎(…

中国で多く実践されている2つの風水

生活に必要な最小限の物で暮らす人々を表す『ミニマリスト』という言葉が話題となり、断捨離や片付けへのノ…

毛利輝元は本当に無能な武将だったのか?【関ヶ原では一戦も交えず撤退】

毛利輝元とは毛利輝元(もうりてるもと)は毛利元就の孫であり、幼くして大大名家の跡取りとな…

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP