調べてみた中国史

  1. 実は恐ろしかった饅頭(まんじゅう)の起源

    日本全国どこのお土産屋さんでも見かける 饅頭(まんじゅう)地域ごとに「〇〇饅頭」と種類は数多くあり、昔から日本で親しまれている軽食である。お土産や贈り物として選ばれることが多く、親しみやすく優しいイメージである。…

  2. ウイグル族への迫害 「髪の毛を剃られ殴打され、謎の薬を投薬される」

    ウイグル族とは?ウイグル族とは、中国の西北に住む民族である。ウイグルとは自ら名付…

  3. 始皇帝陵で「ヨガのポーズの人形」が発見される

    新たな発見2011年6月4日、更に詳しい発掘調査が開始した。「百戲俑坑」の位置は…

  4. 百戲陶俑 「始皇帝陵での新たな発見」

    秦の始皇帝陵西安にある秦の始皇帝陵は非常に広大であり、未だに未発掘の区間が多くある。その…

  5. ラーメンマンのような髪型にしないと死刑だった清王朝 【辮髪】

    辮髪とは辮髪(べんぱつ)とは、中国清朝のシンボルと言っても過言ではない。ドラマや映画…

  6. 許慎とは ~最古の漢字辞典「六書」を作った後漢の儒学者

  7. 孔子の自由な教育スタイルと優秀な弟子たち 【学費は干し肉だった】

  8. 孔子の面白い逸話 「7才の子供に論戦で負けて弟子になった」

  9. 皇帝の生活は楽じゃなかった? 皇帝の1日について調べてみた

  10. 端午の節句にちまきを食べるのはなぜ? 「春秋時代の詩人 屈原の死から始まった」

  11. 「紙のお金を燃やす中国圏の変わった風習」 焼紙とは

おすすめ記事

マーシュとコープの化石戦争 「二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争」

恐竜界最大のライバル19世紀後半、二人の学者による壮絶な恐竜の化石発見競争が勃発した。…

懐かしの築地グルメを振り返る【オススメ名店】

築地市場の移転 からもうすぐ1年です。築地の場内市場があった時代は多くの人が美味しい…

新撰組誕生秘話【近藤と清河 二人の男たち】

幕末の京都を駆け抜けた熱き男たち。局長・近藤勇を筆頭とする新撰組である。誠の一文字を旗に染め…

五代友厚 〜明治維新後の大阪経済会を牽引した薩摩藩士

異例の薩摩藩士五代友厚(ごだいともあつ)は、幕末から明治時代を生きた薩摩藩士であり、明治新政…

「鬼島津」と言われた薩摩藩には強さの秘密があった?!

今、NHKで放映中の「西郷どん」、彼を導いた師が「島津斉彬」(渡辺謙さん役)。この島津家には底知れ…

大友宗麟について調べてみた【キリシタン大名】

謎の多い 大友宗麟大友義鎮(おおともよししげ)は、大友氏第21代当主で、一般的には宗麟(そう…

【群馬おすすめ古墳】上毛野はにわの里公園に行ってきた「かみつけの里博物館」

私の地元群馬県高崎市にある古墳スポットに行ってきました。わりと近所に上毛野はにわの里公園とい…

アーカイブ

PAGE TOP