オカルト

聖槍ロンギヌスの行方を追ってみた

聖槍ロンギヌスの行方を追ってみた

聖槍ロンギヌスの行方を追う

ロンギヌスの槍」と聞くと、アニメ「エヴァンゲリオン」に出てくる巨大な武器を思い浮かべる方も多いだろう。

ストーリーの神秘性を高める重要なアイテムとして描かれており、大変印象深かったのが、実はこの「ロンギヌスの槍」、出どころは新約聖書の外典「ニコデモによる福音書」であることをご存じだろうか。伝説を追っていこう。

聖槍伝説のはじまり

ロンギヌスの槍に纏わる伝説は、キリストの処刑に遡る。

複数の福音書が伝えるところによれば、十字架に打ち付けられたイエス・キリストは6時間もの間、苦しみに耐え、やがて絶命したとされている。
この時、キリストの死を確認するため、脇腹に槍を突き刺した者がいた。キリストに激しい敵意を抱いていたローマの百人隊長「盲目のロンギヌス」である。

キリストの脇腹から流れた血は槍を伝ってロンギヌスの手を染めたが、ロンギヌスがその手で自らの目を擦ると、盲目だったはずの彼の視力が戻ったという。この奇跡により、ロンギヌスは回心してキリスト教徒となり、やがては殉教者として最期を遂げる。これがロンギヌスの槍の伝説だ。

キリスト教によく見られる奇跡譚であり、フィクションであると考える歴史家も少なくはない。しかし、この聖槍を巡っては、その後、様々な逸話が展開されていくことになる。

ロンギヌスとモーリス、そしてコンスタンティヌス

キリストの脇腹を刺したロンギヌスの槍が辿った道については、以下の二説がある。

一つは、ローマ軍兵士のモーリスという敬虔なキリスト教徒によって保管されていたというもの。ちなみに、現在、オーストリアのウィーン美術史博物館には、「聖モーリスの槍」と刻まれた槍が収められているのだが、果たしてこれが聖槍なのかは判然としていない。

別の説として、キリストの死後、聖槍はエルサレムのキリスト教団によって守られていたが、135年、ローマ皇帝によってエルサレム神殿が破壊されて以降、行方知れずとなってしまったというものもある。実は、この説に基づいて、4世紀にエルサレムで大規模な捜索が開始された。主導したのは、ローマ帝国皇帝として初めてキリスト教を公認したコンスタンティヌスである。

この調査では、イエスが磔にされた「十字架」、イエスを打ち付けていた三本の「聖なる釘」、十字架にかけられた「罪状のプレート」と共に、ロンギヌスの槍が発見されたと伝わっている。

[画像.コンスタンティヌス帝]wikipedia

複雑さを増す聖槍伝説

コンスタンティヌス帝の捜索によって発掘された聖槍は、6世紀頃までエルサレムに保管され、巡礼者たちが祈りを捧げたとする記録が残っている。
しかし、イスラム勢力セルジュク・トルコに聖槍を奪われることを恐れた同地のキリスト教徒たちは、聖槍を柄と穂先に切り離し、柄はエルサレムに、穂先はビザンツ帝国にそれぞれ分けて保管したと言われている。

事実、ビザンツ帝国の東方正教会で行われる「グランド・アントレ」という儀式の中では「ハギア・ロンケー」という小刀が典礼道具として用いられている。研究者の中には、その小刀こそロンギヌスの槍の穂先だと説く者もいるのだが、真相はわかっていない。

おわりに

コンスタンティヌス帝のように、時の権力者たちはロンギヌスの槍を手に入れるため躍起になった。聖槍には無敵の魔力があるとされていたからだ。歴代のビザンツ皇帝も、聖槍の力によって数々の戦果をあげたと伝わる。

その後の歴史においても、権力を手に入れた者たちの傍らで囁かれてきた聖槍伝説。あのヒトラーさえも聖槍の魔力に魅せられたという興味深い逸話が残っている。が、それはまた別の機会にお話ししよう。

 

misyou

投稿者の記事一覧

misyouと申します。歴史上の人物たちを、生身の人間として捉え直した記事を書いていきたいと思っております。よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


関連記事

  1. 明治神宮の歴史 について調べてみた
  2. 祭りと神輿の歴史について調べてみた
  3. プロ野球チーム御用達の神社(寺社)
  4. 仏教の広がりと仏陀が悟りを開くまでを調べてみた
  5. お盆、ご先祖様を迎える室礼(しつらい)について調べてみた
  6. キリスト教は飛鳥時代に伝来していた説【平安京と秦氏】
  7. この世界はすでに終わっていた?!マザー・シプトンの予言
  8. 祟り神について調べてみた【平将門、菅原道真、崇徳天皇】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

おすすめ記事

春日局について調べてみた「逆賊の娘から権力の頂点へ!」

春日局は江戸時代の女性だが、その名を知るものは多い。徳川2代将軍・徳川秀忠の子である竹千代の乳母…

三島由紀夫と盾の会・昭和の世における割腹自決

大作家の割腹自決三島由紀夫(みしまゆきお)は昭和を代表する作家として誰もが知る存在ではないで…

新撰組・斎藤一について調べてみた

血の匂いと浪漫を感じる集団の中で、一際『謎』の多い人物・・・新撰組三番隊組長「斎藤一(さいと…

アーカイブ

PAGE TOP