津軽氏

  1. 津軽信枚について調べてみた

    戦国時代当時、本州最北端の地を収めていたのが津軽氏である。そして、関ヶ原の戦いという歴史のターニングポイントに立ち会い、後の津軽藩の礎を築いたのは津軽信枚(つがるのぶひら)であった。兄弟分かれての東西合戦信枚は、天正14…

おすすめ記事

徳川家重〜家治【德川9〜10代目将軍】と田沼意次の政治

8代将軍徳川吉宗は亡くなるまで9代将軍徳川家重(いえしげ)の大御所として実権を握った。家重は生ま…

当時の思想【漫画~キヒロの青春】65

お久しぶりの更新です。2019年になりましたし、また更新再開しようと思います。よろしくお…

熱中症の予防、原因、対策について調べてみた

熱中症 とは熱中症とは、暑熱環境下において身体適応の障害によって起こる状態の総称です。本質…

インドにおける仏陀と南伝仏教

教えを広めながらインダス川流域を旅した仏陀。しかし、彼も老いに抗うことは出来ず、80歳にしてクシ…

宇宙の果てについて調べてみた

宇宙の果てはどうなっているのか?それは、人間誰しもが一度は考えることだ。どうなっているのか?どこ…

日本人と桜の歴史について調べてみた

日本人と桜厳しい冬が終わり、だんだんと日中の気温も上昇し、春が近づいていますね。これ…

家康の従弟にして戦国の風来坊武将・水野勝成

齢16にしての武功水野勝成(みずのかつなり)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将で…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP