イギリス

  1. ファーウェイの5G利用は「狂気の沙汰」 米が英政府に警告

    イギリス政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の第5世代移動通信システム(5G)を導入し... (さらに…)…

  2. メアリー・テューダー【恋をつらぬいたフランス王妃】

    メアリー・テューダーとは  (1496~1533)は、イングランドを統治した国王ヘンリー8世…

  3. キャサリン・パー ~義理の娘に夫を寝取られたイングランド王妃

    キャサリン・パー (1512~1548)とは、イングランド王のヘンリー8世が娶った6人の王妃…

  4. イザベラ・バードが記した明治時代のリアルな「日本奥地紀行」

    イザベラ・バード (1833~1904)は、19世紀に活躍したイギリスの探検家・写真家である…

  5. イギリスの女性参政権運動について調べてみた「テロリストと呼ばれた女性たち」

    イギリスで女性が選挙権を手にしてから、2018年で100年を迎えた。100年と言えば、人類の歴時…

  6. バトル・オブ・ブリテン 【イギリスvsドイツの史上最大の航空戦】

  7. 軍事評論家リデル・ハートの【大戦略・間接的アプローチ】

  8. コナン・ドイル ~晩年は心霊主義に傾倒した名探偵の生みの親

  9. 「19世紀の基礎 」ナチズムに影響を及ぼした反ユダヤ主義の聖典

  10. ロンドン塔について調べてみた【イギリス屈指の観光スポット】

  11. スエズ運河建設【日本では明治維新を迎えた頃の大事業】

おすすめ記事

フランス外人部隊最大の激戦!ディエンビエンフーの戦い

※フランス外人部隊創設以来、180年に及ぶ歴史の中で、のべ60万人以上が軍務についたフランス…

天皇に仕える女官は “プロ彼女”? 「お世継ぎ」「添い寝」と女の争い【日本のアウト皇室史】

皇室が特別な存在であることを日本中が改めて再認識する機会となった、平成から令和への改元。…

ハプスブルク家について調べてみた

中世から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパで強い勢力を誇ったハプスブルク家。現在のオーストリア、…

ビタミンB1を発見し脚気治療に貢献・鈴木梅太郎

ビタミンB1の発見今日の社会においては医薬品はもとより、健康食品のサプリメントなどでも広…

平将門の乱について調べてみた【幻となった東の朝廷】

日本三大怨霊と呼ばれる三人が、「菅原道真」「崇徳天皇」「平将門」である。なかでも、平将門(たいら…

【直江状の真相】なぜ上杉景勝は徳川家康と対立したのか

軍神「上杉謙信」の後継者と目されながらも、上杉景虎との家督争いを征することでようやく越後の大名となっ…

塙団右衛門について調べてみた【大名になるため、あの手この手を尽くした武将】

猪と揶揄された 塙団右衛門新年号を迎える2019年の干支は猪である。猪というと何も考えず…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP