日露戦争

  1. 『日本騎兵の父』 秋山好古とはどのような人物だったのか

    人類史において、現在のところ記録に残る最古の「馬にまたがる」騎兵は、おおそ紀元前883年の記録だ。それ以降、人間は馬に乗って槍や剣、弓、そして銃と、武器は変わりながらも騎兵を運用し続けてきた。日本ではおおむね古墳時代の4世紀末から5…

  2. 「日露戦争の英雄」乃木希典とはどのような人物だったのか?

    港区赤坂の「乃木坂」という地名は有名だ。これは1912年に赤坂区議会がこの坂の名前を、ある人…

  3. 日本と100年以上の戦争状態にあった国・モンテネグロ

    原点は日露戦争「モンテネグロ」は2006年6月3日に独立を宣言し成立した国家で、ヨーロッパの…

  4. 明石元二郎 〜日露戦争の影の功労者【一人で日本軍20万に匹敵する戦果】

    ロシア内での攪乱工作日露戦争は、1904年(明治37年)2月8日から1905年(明治38年)9月…

  5. 黄禍論 〜日本人は世界に恐れられていた?【黄色人種脅威論】

    黄禍論 の勃興「黄禍論」(おうかろん)は1800年代の中盤から主に欧米の白人諸国において…

  6. 日露戦争について調べてみた【明治維新後40年足らずでの大国との戦い】

  7. 三国干渉【日露戦争の引き金となった事件】

  8. 「ゴールデンカムイ」の杉元も戦った203高地とは?

  9. 児玉源太郎【自ら降格人事を受けて日露戦争に望んだ軍人】

  10. 大勝利と大敗北・日本海軍と丁字戦法

  11. 京都五山の送り火、8月16日じゃないのに夜空に燃えた大文字

おすすめ記事

松浦武四郎と蝦夷地について調べてみた 【北海道の名付け親】

※松浦武四郎東北6県と新潟県を合わせた面積に匹敵するその広大な土地は、日本国に接していな…

夏目漱石の生涯をわかりやすく解説 「神経質で短気だった」

『吾輩は猫である』、『こころ』、『夢十夜』…読書好きでない方でも、一度は聞いたことのあるタイトルだと…

徳川家重〜家治【德川9〜10代目将軍】と田沼意次の政治

8代将軍徳川吉宗は亡くなるまで9代将軍徳川家重(いえしげ)の大御所として実権を握った。家重は…

フィンランドの歴史と文化を継承し続ける古都 『トゥルク』

北欧雑貨の人気を切っ掛けに日本でも『デザインの国』として知られる北欧フィンランドでは、1年を通してク…

免許証の点数と罰則 について調べてみた

車を運転していていつも気になるのが事故と取り締まり。シートベルトをして、安全運転をしているつ…

奈良時代 ~平城京から平安京へ【遣唐使の再開】

奈良時代は、710年に平城京へ都が遷ってから平安京に遷都するまでの期間を指す。長岡京の10年…

日本の山のあれこれ【数、標高、作品】

20代、30代の女性の間で山歩きが流行りました。彼女たちを”山ガール”と、称しメディアで…

アーカイブ

PAGE TOP