麒麟がくる

  1. 麒麟がくる「初回はエピソードゼロ」 第二回の見どころ制作統括語る

    長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合・毎週日曜20時~ほか)の制作統括・落合将が囲み... (さらに…)…

  2. 本木雅弘、斎藤道三に独自の解釈 マムシの異名を取る戦国武将は「有能なビジネスマン」

    戦国武将・明智光秀の謎めいた前半生を描く大河ドラマ「麒麟がくる」(1月19日スタート、N…

  3. 新春特別企画。「新春浅草歌舞伎」で光秀を演じる注目の若手花形!中村歌昇にインタビュー

    若手人気俳優が顔を揃える恒例の「新春浅草歌舞伎」が浅草公会堂で上演中です。今年は、尾上松…

  4. 本能寺の変、光秀の目的は「信長の非道」阻止? 「麒麟がくる」時代考証、小和田哲男さん講演

    明智光秀を描くNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で、時代考証を務める静岡大名誉教授…

  5. 「みんなが見たかったけど、今まで見ることができなかった明智光秀がいます」門脇麦(駒)【「麒麟がくる」インタビュー】

    ついに放送がスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」。主人公・明智光秀(長谷川博己)を中心に…

  6. 大河・長谷川博己の光秀は「絶えず相手を見ている」 脚本家・池端俊策が評価

  7. 光秀イメージ「家紋」入り自販機 近畿・中部地方で順次設置へ

  8. 大河「麒麟がくる」タイトルの意味は?未来が見えない現代への思い、制作統括明かす

  9. 秀吉か森蘭丸か…明智光秀「信長殺し」8人の“真犯人”

  10. 「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

  11. 「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

おすすめ記事

謎の阿比留文字 一体誰が何の為に作ったのか? 京都の鬼門、金毘羅山にある石碑と石柱 一見するとハングル文字に見えるのだが…

ハングルにも見えるが阿比留文字との事。が、謎だ。三千院や寂光院で知られる京都市左京区大原…

誕生日石&花【10月11日~20日】

他の日はこちらから 誕生日石&花【365日】【10月11日】知的で情熱的。人間的な魅力溢れる…

山縣有朋について調べてみた【今までの評価は間違い?!】

明治2年(1869年)、山縣有朋(やまがたありとも)は、ヨーロッパの地にいた。明治維新を成功させ、…

日本酒と日本神話について調べてみた【ヤマタノオロチを酔わせた八塩折の酒とは?】

和食ブームの影響で外国人からも人気が高まっている日本酒。その歴史は古く、縄文時代中期頃から酒造りをし…

【私怨デモ?】色々な意味で凄い自衛隊のエピソード

大規模災害の際には必ずといっていいほど自衛隊が出動する。そのため、「頼りになる」というイメージがある…

「麒麟」岐阜へ出陣 3市で大河ドラマ館開館

19日に放映開始のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の世界を伝える大河ドラマ館が1…

上杉景虎について調べてみた

上杉謙信ではなく、長尾景虎でもない上杉景虎という武将の話である。長尾景虎との混同を避けるべく…

アーカイブ

スポンサーリンク
PAGE TOP