人物

聖パトリックについて調べてみた【アイルランドの守護聖人】

聖パトリック

※聖パトリックの像。wikiより引用

聖パトリックはアイルランドの守護聖人である。

彼の命日である3月17日は「聖パトリックの日」という記念日であり、アイルランドやアメリカでは盛大な行事が行われている。

聖パトリックの生涯と、アイルランドの国花であるシャムロックの関係を調べてみた。

アイルランドに拉致される

※聖パトリックの肖像(出典)

聖パトリックはラテン語でパトリキウスと表記される。正確な誕生年は不明だが、彼は387年~390ごろにウェールズ地方で誕生したとされている。両親は熱心なキリスト教徒だったが、パトリキウスは信心深い性質ではなかった。

16歳の時に、パトリキウスは海賊に襲われ、アイルランドに売り飛ばされる。

アイルランドの北東部アントリムを領地に持つミリューク王の元で、パトリキウスは羊飼いとして6年間を過ごした。奴隷として過ごした孤独で過酷な日々が、パトリキウスを信仰に目覚めさせたと言われている。

ある夜、パトリキウスは神の声を聞く。啓示に従って彼は王の元を逃れ、数年かけて家族の元に生還した。

アイルランドへの布教を決意する

※アイルランドの地図。wikiより引用

故郷に戻ったパトリキウスだが、彼は家族との平穏な暮らしを選ばなかった。

ウィクトリウスというアイルランドの知人の幻から、手紙を受け取ったためである。「また我々と共に歩んでほしい」というアイルランド人の訴えに導かれ、パトリキウスはキリスト教の布教のためにアイルランドに戻ることを決意した。

パトリキウスの両親は、息子のアイルランド行きを反対した。彼がこの地で奴隷として酷使されたことを考えれば当然だろう。だが両親の訴えを振り切り、パトリキウスは神学を学ぶためにヨーロッパ大陸に渡った。彼が学んだのは、ランスのカンヌ沖合にあるレランス島修道院だと考えられている。

16歳でアイルランドに売られたパトリキウスは、ローマ帝国の公用語であるラテン語の教育を十分に受けることができなかった。そのため、彼は神学の勉強に人並み以上の労力を強いられたが、司祭から司教へと階位を上げ、432年にはローマ教皇ケレスティヌス1世から布教の命を受けてアイルランドに渡った。

アイルランドの大司教となる

※北アイルランドアーマー州地図。wikiより引用

パトリキウスが布教を行うよりも早く、アイルランドには既にキリスト教徒が存在していた。

ローマ法王ケレスティヌス1世は、431年にアイルランドに司教パラディウスを派遣している。パラディウスはアイルランドでの布教に失敗して追放され、スコットランドで亡くなったとされている。

当時のアイルランドでは、氏族の長が王を名乗って争いを繰り広げていた。時には命の危機にさらされながらも、パトリキウスは1人の殉教者も出すことなくキリスト教の布教に成功した。

444年にパトリキウスはアルド・マーハ(現在の北アイルランドアーマー州)の大司教となった。彼はヨーロッパの教会制度を参考にして、アイルランドの北部、中部、西部に司教を派遣した(当時のアイルランド南部では異教の神々が信仰されていた)。

パトリキウスの伝道により、アイルランドでは奴隷売買が廃止された。だが、410年にローマ帝国軍が撤退したグレートブリテン島では武力衝突が発生し、ブリトン人の王コロティクスの軍勢がアイルランド北部に侵入した。大勢のアイルランド人が奴隷として連れ去られたことにパトリキウスは怒り「コロティクスへの手紙」を書き残している。

パトリキウスは461年3月17日に亡くなったとされている。彼が自らの人生を著した「告白」を残しているが、それ以外に彼の生涯に関する記録は残されておらず、不明な事も多い。

聖パトリック 伝説

※カタバミの葉。wikiより引用

パトリキウスは17世紀に列聖された。アイルランドから蛇を追い出したことは、聖パトリックが起こした奇跡の一つして知られている。

アイルランドの王にキリスト教の三位一体の教義(父なる神と子であるイエス・キリストと聖霊はひとつである)を説明するにあたり、聖パトリックはシャムロック(クローバーやカタバミなどの葉が3枚に分かれた植物の総称)を用いたとされている。

3月17日の「聖パトリックの日」に胸にシャムロックを付けるのは(シャムロックの代わりに緑のものを身に着けるケースもある)、シャムロックが聖パトリックのシンボルであることに由来する。

【参考文献】
聖者と学僧の島・文明の灯を守ったアイルランド

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
アバター

まりもも

投稿者の記事一覧

幼い頃にシャーロック・ホームズに出会って以来、イギリス贔屓。大学では東洋史専攻

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 鈴木梅太郎 ~「ビタミンB1を発見し脚気治療に貢献」
  2. 北大路魯山人 波乱の生涯「美味しんぼ海原雄山のモデル」幼少期にた…
  3. シャネルの創設者、ココ・シャネルについて調べてみた
  4. 『指輪物語』の作者、J・R・R・トールキンの生涯
  5. エクソシストの真実 【悪魔体験談】
  6. モーゼ、キリストの墓が日本にあった? 「不思議な伝承が残る日本の…
  7. 【仏教とバラモン教※古代ヒンドゥー教】仏陀は異端の存在だった
  8. 【英雄サラディン】イスラム教について調べてみた


新着記事

おすすめ記事

インパール作戦【史上最悪の作戦と呼ばれるもインド独立のきっかけとなった戦い】

インドからの評価インパール作戦は、第二次世界大戦末期の1944年(昭和19年)3月から7月上…

ビットコインの仕組み 【分かりやすい!】

ビットコインという仮想通貨は、日本でもかなりメジャーになってきました。でも、それは「ビットコ…

小林秀雄の公演CDを聞いてみた

昔、古代人はみんな太陽を拝んだ。この信仰は人類どこにでもある信仰です。今だって太陽を…

148年の歴史に幕…岐阜・下呂市の小学校で閉校式 児童数の減少などで4校を来年度から1校に統合

児童: 「みんなとの思い出でがんばっていきたいです。ありがとう下原小学校」 岐阜県下呂市の下原小学校…

幕末に近代化しまくっていた佐賀藩と鍋島直正

失態からの教訓佐賀藩の鍋島氏は肥前36万石を治める大身国持(一国持ちではないが、大領を有した国主…

アーカイブ

草の実堂マンガ

人気記事ベスト7

PAGE TOP